ブラック企業に勤める正社員は、仮に転職失敗してもフリーターになった方がマシです

ブラック企業に勤める正社員は、仮に転職失敗してもフリーターになった方がマシです。

自分が手に入れている正社員という肩書きと身分、転職への挑戦によってその正社員の肩書きを失う可能性をリスクと考えるかもしれませんが、あなたがブラック企業で勤務している場合、実際はそこにはリスクなど何もなくメリットしかありません。

ブラック企業で働き続けるということ自体が最大のリスク

「転職は失敗のリスクが…」と考えてしまう方も多いと思いますが、そのままブラック企業で正社員として働き続けるというそのこと自体が、あなたにとって最大のリスクです。

ブラック企業の正社員は鬱になるなど精神や身体の健康を著しく害したり、心を病んで発作的にビルから飛び降りたり線路に飛び込んだり自殺して死んでしまうというリスクすらありますが、正社員を辞めて十分な収入が得られなくなっても、この食べ物に溢れた豊かな日本ですぐに死ぬことはありません。

もしも会社を辞めて転職に失敗して収入が完全に途絶えても、実家でニートとして暮らす、生活保護を受けるなど生きるための方法はいくらでもあります。

それに現在の日本の労働市場は団塊世代が退職して完全な人手不足ですので、高望みさえしなければ日々の糧を得て生きていくだけの仕事はいくらでもあります。正社員から正社員の転職に失敗してフリーターや非正規になっても、そのままブラック企業で働き続けて過労や鬱で自殺して死んでしまうよりは100万倍マシです。

「会社を辞める」と言うと親は止めるかもしれませんが、どうしても耐えられないほど死にたくなるほど会社の仕事が辛いなら、親をぶん殴ってでも会社を辞めて下さい。親からしてもあなたに自殺して死なれるよりは、ぶん殴られた程度の方が100万倍マシです。ブラック企業で働き続けて自殺するくらいなら、親をぶん殴ってニートになって下さい。

正社員として働くことのメリットはすでに崩壊している

正社員という肩書はフリーターや非正規に比べて世間体だけはいいですが、年功序列や終身雇用、年金制度という旧来の制度や企業風習が機能していたバブル崩壊までの古き良き昭和の時代と違い、これからの日本では正社員という肩書で働くことのメリットは実質的に完全に崩壊していくということです。

もちろん、給与が良く待遇もいいホワイト企業に正社員として勤めているのであれば別ですが、薄給激務で心身共に消耗する様なブラック企業に勤めて、会社の仕事が死んでしまいたくなるほど嫌で仕方ないという状態なのであれば、そんな会社の正社員はすぐに辞めてフリーターや非正規になってしまっても何ら問題はありません。

「フリーターや非正規と違い正社員であれば、社会保障費や厚生年金もあり将来の安定が得られる。」と安易に考えている方も多いと思います。

しかし、社会保障費や厚生年金を満額で支払っていても、現在30代~40代以下の世代が退職の年齢を迎える頃には、年金制度は実質的に崩壊して、大半の老人はまともに年金を受給出来ない世の中になっています。日本の年金制度の未来については以下の記事をお読み下さい。

参考:年金制度の本質は「ねずみ講」と完全に同じ。人口が減少し続ける今の日本では崩壊確実

そして、さらに現在の日本では、年功序列制度が完全に崩壊しています。「正社員としてただ真面目に長く働き続ければ、昇給によって十分な給与が貰える」という昭和的な価値観の通用する時代は、もうすでに終焉しているのです。

正社員でも仕事が本当に苦痛なら転職してしまうのも手

今勤めている会社で働き続けることが耐えられないほど苦痛なら、たとえ正社員であっても別の会社や業界へ、場合によっては一時的な避難先として非正規労働者や派遣労働に転職してしまうのも手です。

私の様に無理をして大手のブラック会社に正社員として勤務し続けた挙句、身体を壊してしまっては元も子もありません。ましてや自殺によって命を絶ってしまった女子電通社員の様に、ブラック労働環境で精神を消耗して死んでしまっては永遠に取返しがつきません。

「今の職場を辞めるのは、まるで安易に辛いことから逃げる様で嫌だ」という気持ちは分かります。私もその気持ちで国内では業界第〇位のホテルグループでホテルフロントとして必死に3年間働き続けましたが、結局無理がたたって体を壊して会社を辞めざるを得なくなってしまいました。

「嫌なことから逃げること」「辛い事を避けること」「苦しいことを減らすこと」これは恥ずかしいことでも何でもなく、生物として当たり前の正しい行動なのです。

嫌なことがあってもそれを避けようとせず、敢えて辛い事から逃ずに向かって行くというのは、目の前に燃え盛る炎があって、それに向かって虫が自分から突っ込んで焼け死んで行くようなものです。それは立派でも勇敢でも偉くもなく、ただの愚かな行為です。

むしろ、本当に苦しいことや嫌なことからは、あらゆる努力をして手を尽くして逃げるべきなのです。それが人間としての正しい判断なのです。

将来の自分の為に積み上げていく努力と、目先の日銭を得る為に自分の時間と健康と精神を消耗していくだけのブラック社畜の忍耐や理不尽。これは似て非なるものですので混同してはいけません。ただ我慢して会社に勤め続けるだけで報われた終身雇用や年功序列という昭和の価値観が崩壊した現在、ブラック社畜の忍耐の先には全く何も残りません。

特に贅沢をする気もなく、仕事は生活出来る程度の最低限の収入を得る為のものと割り切って、何よりも日々平穏な気持ちで居られる暮らしと自分だけの私生活の時間を大切にしたいという私と同じ様なタイプの人間の場合、そういう目的に適った比較的のんびりと働けるホワイトな仕事や会社は、探せば意外と多くあります。

「情報発信者のプロフィール」のページに書いている通り、私も業界大手のブラック企業から非正規労働の派遣社員への転職を経て、ホワイト零細企業に正社員として就職して、今は大学生時代以上にのんびりと在宅ワークで働いて生活している一人です。

私が現在勤めている会社は従業員10人未満の超零細IT企業ですが、「大手だからホワイト」「零細企業だからブラック」「IT企業だからブラック」ということなどはなく、給与面では年収380万円とそれほど多くの年収ではないものの(それでも贅沢をせず質素に生活するのであれば十分以上の金額で、毎月10万円以上貯金出来ています)、大半の大手企業よりも遥かにホワイトな環境で働くことが出来ています。

今の会社での正社員の仕事が大変で辛いという方、もっとのんびりと自分のペースで働きたいという方は、「中途採用だとホワイトな企業では絶対に正社員になれない」「転職をしてもブラック中小企業でこき使われてさらに地獄を見るだけ」「非正規労働者やフリーターになったら人生は終わり」という先入観での思い込みや決めつけを一度捨てて、転職という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」

派遣社員は正社員に比べて責任が軽くサービス残業なども無いというメリットがありますが、その反面ずっと賃金が安いままというマイナスイメージが付きまとうと思います。

しかし、月給20万円などが当たり前の派遣社員でも中には普通の正社員よりも稼げる仕事も存在します。

それはズバリ、エンジニア派遣の仕事です!

「ソフトウェアジョブズ」は月収55万円も可能な高額報酬のITエンジニア派遣です。

「ポテンシャル採用」という制度によって実務未経験の初心者の方も多く採用しています。

高額報酬のITエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」



ソフトウェアジョブズの仕事内容は「テストエンジニア」と呼ばれる仕事です。

テストエンジニア(テスター)とは、システム開発における様々なテストを行うことで不具合を発見するエンジニアのことで、製品の品質を守ることにおいて重要な役割を担う仕事です。

地道な反復作業を繰り返す粘り強さと集中力が求められますが、派遣社員としては給与水準も非常に高くパソコンで黙々と作業することが苦でない方にはおすすめの仕事です。

しかもテストエンジニアの業務はIT業界の中でも非常に待遇が良くホワイトな職場が多く、残業などもほとんど存在しません!

「負担の少ない派遣社員で正社員並みに稼ぎたい!」という方は、テストエンジニア派遣「ソフトウェアジョブズ」への登録をご検討ください。

ソフトウェアジョブズの詳しい説明や注意点などは以下の記事でご確認ください。

以上、「ブラック企業に勤める正社員は、仮に転職失敗してもフリーターになった方がマシです」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする