無職やニートの就職活動はハードルが高い。しかし、史上空前の人手不足の現在は大チャンス

まともな職歴もない無職やニートの就職活動は様々な面でハードルが高いです。しかし、現在の日本は史上空前の人手不足の大チャンスですので、無職やニートであってもまともな会社に就職出来る可能性は十分にあります。

今の日本はバブル期超えの人手不足、正社員の求人も増加

以下は2017年5月30日付の日経新聞の記事ですが、現在の日本はバブル期超え、そして43年ぶりという歴史的な人手不足の状態であり、正社員の求人も有効求人倍率0.97倍という観測開始以来過去最高の指数に達するほどまでに増加しています。

働く意思のある人なら誰でも正社員として働ける「完全雇用」状態の大チャンスが到来しているというのも、決して過言ではありません。

求人倍率 バブル期超え 4月1.48倍、43年ぶり水準 – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS30H26_Q7A530C1MM0000/

企業の人手不足感が一段と強まっている。厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.03ポイント高い1.48倍だった。バブル経済期の水準を超え、1974年2月以来43年2カ月ぶりの高さとなった。4月は完全失業率も2.8%と低く、雇用情勢は「売り手市場」の様相を強めている。

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人1人あたり何件の求人があるかを示す。4月は2カ月連続で上昇し、バブル期で最も高かった90年7月の1.46倍を上回った。正社員の有効求人倍率は0.97倍で2004年に統計を取り始めて以来最高だった。企業は長期の視点で人手を確保するため、正社員の求人を増やしている。

(中略)

総務省が同日発表した4月の完全失業率(季節調整値)は2.8%と、前月と横ばいだった。求人があっても職種や年齢、勤務地などの条件で折り合わずに起きる「ミスマッチ失業率」は3%台前半とされる。3%割れは働く意思のある人なら誰でも働ける「完全雇用」状態にあると言える。

「猫の手も借りたい状態」ならぬ「ニートの手も借りたい状態」それが現在の日本の労働市場を取り巻いている状況です。

この様な状況で、新卒でなければまともな会社に正社員として就職ることは出来ないというのは、もはや現在では完全に過去のものとなっています。

無職やニートであっても若者は貴重な労働力とされる時代

さらに現在の日本は20代の若者不足が非常に深刻化していますので、たとえ職歴のない無職やニートであっても若者というだけで労働市場において優位に立つことが可能です。

以下のグラフは内閣府が「平成24年版 子ども・若者白書」で公表した30歳未満(29歳以下)の若者人口の推移です。

子ども・若者人口の現状と推移 – 内閣府
http://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h24honpenhtml/html/honpen/b1_sho1_1.html

子ども・若者人口の推移を見ると,昭和50年以降ほぼ一貫して減少している。また,総人口に占める子ども・若者人口の割合も,昭和49年に初めて半数を下回り,その後も低下を続けている。平成23年は28.5%で,前年に比べ0.3ポイント低下した。

この様に20代の若者人口が右肩下がりで減少し続けている状況で、たとえ職歴のない無職やニートであっても20代の若者というだけで現在の労働市場では非常に希少な存在となっているのです。

もし正社員への就職を望まれているのであれば、現在の日本の労働市場では30代よりも20代が、20代後半よりも20代前半が圧倒的に有利な状況ですので、出来るだけ早く、少しでも年齢が若いうちに就職に向けて動き出すことをおすすめします。

20代の無職やニートがほぼ確実に正社員就職出来る方法

「どうしても正社員になりたい!」という20代の無職やニートの方がほぼ確実に正社員就職出来る方法、それはニートや無職の為の専門の就職支援サービスを利用することです。

「ジェイック」は20代であればニートや無職から優良企業に正社員就職が可能な無料の就職支援サービスです。求人は営業職が中心で飛び込み営業等の厳しい特訓がありますが、80%以上の就職成功率を誇ります。

また、「ハタラクティブ」も関東圏で正社員就職を目指す20代のニートや無職の方の為の無料の就職支援サービスです。就職先は中小企業が中心ですが内定率は80%以上を誇り、経歴や学歴を問わずに正社員就職が可能です。

正社員という肩書に憧れがあり「どうしても正社員になりたい!」という方は上記の方法をご検討ください。

無職やニートからの正社員就職は必ずしもお勧め出来ない

この様に就職支援サービスを利用すれば20代であれば無職やニートの方であっても正社員就職することも十分に可能ですが、しかし全ての無職やニートの方に正社員就職がお勧め出来る訳ではありません。

現実問題として無職やニートの方が正社員就職することが可能な企業は中小企業やブラック企業などが大半であり、たとえ肩書きが「正社員」であったとしても

  • 月収は20万円程度で非正規と変わらない
  • 時給換算でバイト並の賃金水準
  • ほとんど昇給せず何年も働き続けても低賃金
  • 見なし残業やサービス残業での長時間労働
  • 給与は高いが離職率が非常に高く数年しか続けられない

という結果になってしまうケースが非常に多いのです。

現在の日本ではホワイト大企業などでの待遇の良いいい仕事は大学新卒の優秀なエリートに全て奪われていますので、ニートや無職の方が正社員になったとしても「労働搾取の対象にされる」という結末になってしまいがちです。

若く学習意欲があれば派遣の専門技術者として生きる道もある

若くやる気と学習意欲があれば、全く職歴も学歴もない無職やニートの方であってもITエンジニアなどで派遣の専門技術者として生きる道も存在します。

本当に「人並み以上の生活を得たい!」というやる気と意欲があるのであれば、正社員就職をするよりもこの様なIT関連の専門技術者として生きるキャリアをお勧めします。

もちろん、IT技術者は本当に技術者スキルを学ぶやる気と意欲がなければ通用しない世界ですが、未経験の初心者からでも4~5年で年収600万円以上も可能です。

本当にやる気と意欲のある無職やニートの方であれば、どれだけ真面目に頑張っても年収300万円程度しか貰えないブラック中小企業の正社員なんかになるよりも、この様な派遣の専門技術者になった方が遥かに将来性と未来があります。

30代以降の高齢ニートや無職も非正規雇用に活路がある

30代以降でまともな職歴のない高齢ニートや無職者は、確かに正社員としての就職は非常に厳しいものがありますが、しかし社会復帰を諦めてはいけません。

現在は人手不足によってアルバイトやパートの時給が急騰し続けていますので、フリーターや非正規雇用であっても贅沢をしなければ余裕を持って自活できるほどの収入を得ることが十分に可能になりつつあります。

10年ほど前であればフリーターや非正規雇用の労働者は低賃金・低収入というのが、世の中の当たり前の共通認識でしたが、アルバイトやパート労働者の急激な時給の高騰によってその認識が完全に覆されようとしているのです。

下は2017年10月4日付の記事で関西地方の外食業界のアルバイトの時給高騰を伝えています。

時給が史上最高額に 関西の外食産業アルバイト – 産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/171004/wst1710040079-n1.html

外食産業のパート・アルバイト従業員の平均時給が高騰している。訪日外国人客(インバウンド)が増加する都市部を中心に飲食店がにぎわい、賃金を引き上げて人手不足を解消したい企業が増えているためだ。関西(大阪府、京都府、兵庫県)では平均時給が900円を超え、今年6月には過去最高を記録。最低賃金の上昇もあり、人件費増で経営に影響を受ける企業も出てきそうだ。

(中略)

人材情報会社のアイデム(東京都新宿区)によると、外食産業を含めた「フード・サービス職」に従事するパート・アルバイトの募集時給(7月時点)は大阪、京都、兵庫の3府県平均で前年同月比で25円アップして908円となり、過去最高となった6月の913円を次ぐ水準となった。前年同月比としては48カ月連続で増加している。

お好み焼きチェーンを展開する千房(大阪市浪速区)では、昨年から大阪や東京の都市部で千円前後の時給をさらに300円ほど引き上げた店舗もあるという。森口産業(大阪市天王寺区)が9月15日にオープンした「酒房“ワビスケ”」(同市阿倍野区)は周辺相場より50円高い千円で募集をかけたところ、採用予定の15人に対して約200人の応募があったという。森口社長は「賃金が相場を下回ると途端に反応がない。これからは人材を確保できるかどうかが会社の存続に関わる」と話す。

一方で、以下は2016年8月8日付の1年前の記事ですが、関東地方や東京都心部のアルバイト時給の急激な高騰を伝えています。関西地方同様に関東地方でもアルバイト時給の上昇が加速している模様です。

マックで時給1500円!都心のバイトが超高額になってきた – Excite Bit コネタ
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1470385056152.html

昨年の10月から、東京都の最低時給額はそれまでより19円引き上げられ、907円となった。もちろん907円というのは全国で一番高い最低時給額なのだが、東京都心ではそれどころではない高時給のバイトが増えていると話題になっている。

■東京都心の時給事情

JR田町駅付近のマクドナルドでは2016年8月上旬、時給1,500円以上~という超高時給でのアルバイトが募集されていた。勤務時間が昼のピークタイム2時間だけ働く特別なシフトだからこその高額時給だが、これは全国で最低時給額のもっとも低い鳥取、沖縄などの時給693円のなんと2倍以上の金額となる。

東京都心では時給1,000円を超えるというのはそんなに珍しいことではない。試しにバイト情報サイトで新宿区のコンビニの時給を調べてみると、多くの店舗で時給は1,000円以上。都心に住む人たちは「時給1,000円ないのは厳しい」と一つのボーダーラインと捉えているようだが、逆に地方で暮らす人は「時給1,000円いったからやめれないわー」と、1,000円超えを一種のステータスとして捉えているようだ。

また、コンビニでも夜勤となれば1,250円以上という募集も多く、新宿区の平均時給は、2016年8月1日現在でなんと1,371円というデータもあるほど。やはり都心にはかなり高時給なバイトの数が多いようだ。

■高時給バイトは増えている!?

アルバイト情報サイト「バイトル」を運営するディップの調査によると、5年前の2011年9月の関東エリアの平均時給は958円、今年5月の関東エリアの平均時給は1,026円ということで、やはりここ数年で時給は上がりつつあるようだ。

この時給アップの一因としては人手不足があげられるようで、「時給上げないとバイト応募が全然こない……」との声もあり、都心では限られた人材を高時給で奪い合うという展開になっている。

アルバイト労働をして生計を立てるフリーターや契約社員・派遣社員などの非正規雇用者は、かつては低賃金でまともに暮らせない低収入の負け組と見られてきましたが、その常識は現在の日本では覆されようとしています。

30代以降でまともな職歴のない高齢ニートや無職者の方で、もしも社会復帰を望まれているのであれば、「非正規で働いてもどうせ低賃金でこき使われるだけ」と諦めてしまわずに、アルバイトや契約社員・派遣社員などの非正規雇用での社会復帰を検討してみて下さい。

派遣社員からの正社員登用を目指すという道もある

「非正規社員じゃなくてどうしても正社員になりたい」という希望をお持ちの無職やニートの方もいるかと思いますが、派遣社員になってしまうとそのままずっと正社員にはなれないなどということは決してなく、派遣社員からの正社員登用を目指すという道もあります。

特に中小企業では、人手不足から派遣社員や契約社員などの非正規社員から正社員への登用が非常に活発になっていますので、しっかりと真面目に仕事をして能力を認められれば、正社員となれる可能性は非常に高いです。

実際に私自身の経歴も、「情報発信者のプロフィール」に書いている通り、30歳間際の年齢で現在勤めているIT関連のホワイト中小企業に非正規社員から正規社員へと登用されたパターンでした。

「正社員になりたい」という無職やニートの方には、私と同様に中小企業の派遣社員からの正社員登用を目指す方法をおすすめします。

また、以下の記事では無職やニートの方が実務未経験から年収500万円以上のIT派遣エンジニアへとステップアップしていく方法について説明しています。ITスキルやパソコン操作などに苦手意識の無い方は是非こちらもお読み下さい。

この様にまともな普通の会社への正社員就職は難しい30代以上の無職やニートの方であっても、派遣労働をステップとすることで様々なキャリアの可能性が広がりますので、自分の人生に絶望してしまう必要はありません。

人並み以上の人生を諦めてしまわずに、まずは一歩ずつ派遣労働から人生のキャリアをステップアップして行って下さい。

40代未経験者も歓迎!工場勤務の求人サイト「工場求人ナビ」

工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。

工場系の求人が非常に豊富で、「面接来場不要」の求人や「寮完備・月収30万円以上」などの求人も数多く紹介しています。40代以上の方の応募も大歓迎でさらに正社員への登用制度もあり、高齢ひきこもりや高齢ニートの方などの人生のリスタートに好適です。

「工場求人ナビ」では、トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人が豊富なことに加え、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録されており、年収400万円以上の高報酬も実現できます。

働かれている方の年齢が幅広く50代の方も現場で活躍しており、どんな方でも勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。男性向けの肉体的にハードな求人だけではなく、女性や体力に自信のない方も稼げる軽作業・手作業の仕事も豊富にありますのでご安心ください。

「工場労働者が働く無料の寮」と聞いて、不潔で薄汚れた部屋に複数人で雑魚寝させられる昭和のタコ部屋労働みたいな地獄絵図を想像してしまう方もいるかと思いますが、大手の工場ではその様な心配は全くありません。

一人一人に以下の様にちゃんとした清潔でまともな部屋が無料で提供されます。


アイシン精機・岡崎土井寮(住所:愛知県岡崎市土井町荒井甲5)

簡易的な壁や仕切りで分けただけのインチキな個室ではなく、ちゃんとしたワンルームの個室アパートです。格安で栄養バランスの良い社食も出ますので不自由な実家暮らしを卒業して一人暮らしを始めたい方にも好適です。

また、「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業です。遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

昭和の古臭いイメージから「工場勤務は底辺っぽくて恥ずかしい」という間違った風潮もありますが、実際にはサラリーマン神話の崩壊した現在の日本では、むしろ大半のホワイトカラーの社畜サラリーマンより勝ち組の働き方です。今の日本では工場勤務が勝ち組な理由については以下の記事をお読みください。

フォームから応募するだけで3,000円GET!
「工場求人ナビ」への応募方法

お仕事検索の画面で、給与・寮の有無・勤務地・業種・職種・勤務形態・メーカー・雇用期間・出勤シフトなど自分の希望する条件を入力し求人を検索します。

表示された求人の一覧から自分に合った仕事を探し詳細画面に進みます。(気になった求人は「とりあえずキープする」ボタンでチェックしておくことが出来ます。)

求人の詳細画面からオレンジ色の「90秒でカンタン!WEB応募」のボタンを押してフォームの「お客様情報」の各項目を入力し応募を行います。

「お客様情報」を入力すると以下の「登録相談会」「Web履歴書入力」の説明画面に進みます。

オンラインで履歴書を入力するだけで1,000円分のQUOカードが貰えるので、「Web履歴書を入力する」のボタンを押してフォームから経歴・希望条件等の情報を入力することをオススメします。

※経歴・希望条件等の入力フォームの「職歴」の項目で入力できる情報がない時は、以下の様に「職歴なし」にチェックを入れてください。

最後に登録相談会の「来場予約」に進みます。

以下の会場検索画面から希望の登録相談会場を選びます(会場は日本全国から選べます)。

表示された会場から都合の良い面談日時にチェックを入れて「予約へ進む」を押します。

確認画面で「この内容で予約する」を押すと応募完了です。

SMS・メール、または電話で予約確認の連絡が来ます。

登録相談会の服装は私服でOKです。運転免許証・健康保険証など本人と確認できる証明書を持参して下さい。

※「Web履歴書入力」を行わなかった場合は、書面の履歴書(写真貼付)も持参必須です。

登録相談会に行くだけでQUOカード2,000円分(Web履歴書入力を行った場合は3,000円分)が貰えます。

未経験者も大歓迎ですので、ホワイトで好待遇の工場勤務の仕事をご検討の方は以下の公式サイトから応募下さい。※リンク先のサイトが重い場合は表示されるまで少しお待ち下さい

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」

幅広く工場の求人を探したい方向けの「工場ワークス」

「工場求人ナビで探しても自分の希望通りの仕事が見つからなかった…」という方へ。

2万件以上の大量の求人数があり、工場求人ナビよりもさらに幅広く多くの工場系求人が掲載されている日本最大級の工場求人サイト「工場ワークス」から仕事をお探しください。



「工場ワークス」の求人は工場求人ナビに比べると給与や待遇などの玉石混合ですが、大量の求人があり非常に幅広い職種から自分に合った仕事を探すことができます。

お住まいの地域やご希望の勤務地から工場勤務の仕事を探せますので、以下から仕事をお探しください。

また、未経験から正社員になれる工場勤務の仕事は以下から探すことが出来ます。

ものづくり業界で未経験から正社員【工場ワークス】



以上、「無職やニートの就職活動はハードルが高い。しかし、史上空前の人手不足の現在は大チャンス」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする