「仕事が辛い、これ以上は耐えられない」という方へ。正社員を辞めても死ぬ訳ではありません

「仕事が辛い、これ以上は耐えられない」という方へ。もしも正社員を辞めてもすぐに死ぬ訳ではありません。しかし、このまま無理に辛い仕事を続けていれば、鬱病になってしまったり最悪の場合は自殺してしまったりするリスクすら存在します。

下は1999年から2015年までの過労死と過労自殺数の推移です。過労死や過労自殺とされた死亡者は、毎年合計200人前後も発生しています。

さらに過労によって自殺などに至らずとも鬱病などの深刻な精神疾患を追ってしまったという申請は、近年のブラック企業や過労死などへの注目の高まりから右肩上がりで増え続けており、2015年には年間1,500件以上もの申請が提出されています。

過労死、過労自殺 止まらず 長時間労働の実態も浮き彫り 【生きる働く】過労死等防止対策白書から<上> – 西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/feature/ilive_iwork/article/295517/


2015年度の過労死、過労自殺(未遂含む)の労災認定はそれぞれ96件と93件。1999年度からの推移をみると、過労死は近年は微減傾向だが、過労自殺は増加傾向なことが分かる=グラフ(1)。

ただしこれは過労で死亡した人のうち、勤務実態などの証拠がそろい、労働基準監督署に労災認定された事例に限った話だ。

グラフ(2)は死亡に至らなかったケースも含めた労災申請数と労災認定件数を示している。これをみると、過重労働による脳・心臓疾患の労災申請数は高い水準が続いていることが分かる。目を引くのは、うつ病などの精神疾患にかかり労災申請した人の数が、毎年のように過去最多を更新していることだ。15年度の申請数1515件は1999年度のほぼ10倍だ。

背景には、労働者側に精神疾患が労災の対象になるとの認識が広がった事情があるとみられるが、労働問題に詳しい光永享央(たかひろ)弁護士(福岡)は「精神科医療を受診する抵抗感が和らぎ、潜在していた被害者が声を上げるようになったからだ」と指摘する。

白書では警察庁のデータとして、勤務問題が原因・動機の一つと推定される自殺者が昨年、2159人に上ったことも報告している。実態はさらに深刻と考えるべきだろ

この様に限界を超えて無理をして働き続けることで、過労などによって命を奪われてしまう、死には至らずとも鬱病などの深刻な障害を負ってしまい、その後の人生に致命的なダメージを与えてしまうなどの場合が、決して少なくはないのです。

正社員を辞めても死ぬ訳ではないし人生の終わりではない

「仕事が辛い、これ以上は耐えられない」という方には、正社員を辞めても死ぬ訳ではないし、決して人生の終わりではないということは、言っておきたいと思います。

むしろそのまま限界を超えて無理をして働き続けることで、鬱病などの深刻な障害を負ってしまう、さらには自殺などによって命まで失ってしまうなどの方が、正社員という立場を失うことよりも取返しの付かない事態です。

鬱病などの深刻な障害を負ってしまった場合、それを治療するためには長い年月が必要となりますし、自殺をして死んでしまえばその命はどうやっても取り戻すことが出来ません。

その一方で正社員を辞めたとしても、派遣社員やフリーターなどで賃金を得て十分に生きて行くことが出来ますし、人手不足によって企業の人材の囲い込みが活発化している中で、派遣社員や契約社員からの正社員登用で再び正社員に戻ることも可能です。

本当に死ぬほど仕事が辛くて耐えられない様な場合は、正社員を辞めても死ぬ訳ではありませんし人生の終わりではありませんので、視野狭窄に陥って「何があっても絶対にこの会社で正社員として働き続けなければいけない」と思い込んでしまわないようにしてください。

正社員を辞めて非正規から正社員へと登用された私の経験

この様に書いている私自身も、体を壊して新卒で入社した大手ブラック企業の正社員を3年で辞めて、しばらくは派遣社員として働き、30代目前の年齢で地方のホワイト中小企業の非正規社員から正社員へと登用されたという経歴の会社員です。

最初に就職した正社員の仕事を辞めて、その後は4年ほど非正規社員をしていましたが、現在は地方のホワイト中小企業で正社員として働き450万円ほどの人並みの年収を得ています。

決して、正規社員を辞めて一度非正規社員になってしまうと人生は終わりという訳ではありませんし、私と同様に正社員登用によって正規社員に戻ることも可能です。

近年の日本は深刻な人手不足によってアルバイト従業員や派遣社員などの非正規社員の時給が急騰し続けていますし、さらに企業の側でも労働力を囲い込むために非正規社員を正社員に登用するという動きが非常に活発化しています。

時給の高騰によって、フリーターや派遣労働者などの非正規社員であっても、十分な収入を得て自活していくことが可能ですし、一旦正社員のレールから外れてしまったとしても、正社員登用などによるキャリア復帰の道も非常に増えているのです。

会社が辛過ぎて辞めたい方は、まずは以下で紹介している転職支援サービスに登録して正社員転職をご検討ください。

しかし、もしかすると場合によっては年齢が40歳以上であるなど、様々な事情でこの様な転職支援サービスでの正社員転職も難しいケースもあるかもしれません。

本当に「死ぬほど耐えられないくらいに仕事が辛い」という方には、もしも正社員での良い転職先が見つからなかったとしても、正社員としてのキャリアを守るだけの為に無理をして現在の会社に働き続ける道の他に、一旦派遣社員などの非正規社員に避難する道もあるということは言っておきたいと思います。

人材業界の最大手・リクルートが手がける人材派遣サービス「リクルートスタッフィング」

「リクルートスタッフィング」は人材業界の国内最大手である株式会社リクルートホールディングスが手がける日本全国展開の人材派遣サービスです。

リクルートの派遣会社「リクルートスタッフィング」【公式サイト】



人材業界の最大手のリクルートが手掛けるサービスということもあり、求人の内容も幅広く、求人数や登録企業数は業界トップクラスですので、様々な業種や職種から、そして北は北海道から南は沖縄まで日本全国の勤務地から、自分にあった仕事を探すことが可能です。

リクルートスタッフィングに派遣登録するメリットとしては以下の3つのポイントがあります。

【メリット1】幅広い働き方や希望業種・職種から選べる

求人数・登録企業数が業界トップクラスですので、「残業なし」「週4勤務」「商社」「大学」「マスコミ」「英文事務」「メーカー」など、幅広い働き方や希望業種・職種の条件から派遣先を選ぶことが出来ます。

【メリット2】未経験から派遣にチャレンジできる安心サポート

就業経験がない方、派遣がはじめての方、その他様々な事情をお持ちの方に合った仕事が見つかるよう、専任のジョブコーディネーターがサポートします。

【メリット3】派遣から正社員になれる「紹介予定派遣」制度

派遣スタッフとして一定の就業期間を経た後に「正社員」「契約社員」になれる紹介予定派遣の仕事も多数取り揃えています。

「直接雇用の実績あり」「直接雇用の可能性あり」などの情報のある会社は、派遣社員からの直接雇用も積極的に行っていますので、正社員への登用を目指す方は、登録後これらの求人へエントリーすることをおすすめします。

派遣登録は以下の公式サイトから。全国31ヶ所にある登録センターへの直接来社を予約するか、もしくはオンライン登録だけでも派遣登録可能です。

リクルートの派遣会社「リクルートスタッフィング」【公式サイト】



リクルートスタッフィングは交通費が支給されない

注意点として、派遣会社の大半は交通費を支給しませんが、リクルートスタッフィングも交通費に関しては支給してくれません。

「どうしても交通費の支給を受けたい!」「派遣社員だけが交通費を支給されないのはおかしい!」「交通費が給与に含まれるなんて意味不明!」と不満を感じる方は、派遣社員に対しても正社員と同様に交通費を全額支給してくれる派遣会社も存在しますので、その様な交通費全額支給の派遣会社を選んで登録してください。

以下の記事では派遣会社の交通費支給の現実と全額支給の派遣会社を紹介しています。派遣社員の交通費支給状況が気になる方は是非お読み下さい。

以上、「「仕事が辛い、これ以上は耐えられない」という方へ。正社員を辞めても死ぬ訳ではありません」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする