IT技術者が底辺のIT土方になるかどうかは技術の高さや専門知識では決まらない

IT技術者が底辺のIT土方になるかどうかは技術の高さや専門知識では決まりません。

では一体何が、薄給激務でこき使われる底辺のIT土方である悲惨なIT技術者と、専門職として高い給与や良い待遇を得ることが出来ているIT技術者とを分けるのか。

それはずばり、勤め先の会社の事業の収益性です。

収益性の高い事業を運営している企業に勤めていれば、その潤沢な収益が雇用しているIT技術者にも還元されることで、高い給与や良い待遇を得ることが可能です。

一方でその企業の事業が十分な収益を生むことを出来ていなければ、当然社員に満足な給与を支払う資金すらありませんし、IT技術者は薄給でのブラック労働を強いられます。

ですので、満足な待遇を得られないというプログラマーやWEBクリエイターのIT技術者の方は、さらに資格を取得したりより専門的な技術や知識を身に付けるよりも、転職活動によって能力や技術に見合った給与を得られる高収益のIT企業で働いた方が遥かに近道です。

IT企業の収益性は社員数や規模とは必ずしも比例しない

しかし、ここで気を付けなければならないことは、そのIT企業が高収益であるかどうかはその会社の経営規模とは必ずしも比例しないということです。

誰にも全く需要もないようなビジネスとして儲からないWEBアプリなどを作っているベンチャー企業は当然の様に低収益ですが、社員の人数が10人未満などで経営規模的には中小企業や零細企業であっても、独自のWEBメディアを運営するなどして非常に高い収益性を達成しているIT企業は多く存在しています。

逆に社員の人数は50人以上などの比較的大規模のIT企業であっても、下請けの仕事に売上を依存しているなどの理由で、構造的に収益性が低いブラックIT企業も多く存在しています。そしてこの様なブラックIT企業に勤めてしまえばIT土方まっしぐらです。

ですので、IT業界での転職の際は、「大手だからブラックじゃない」「IT関連の中小企業はブラックしかない」というように、その会社の社員数や規模だけにとらわれるのではなく、収益性の高い独自の事業を持っているかどうかなどにも留意してください。

現在は辛いIT土方だからと言って「IT業界はブラック」と決めつけるのは間違い

この様にIT企業はその会社によって収益性の面で格差が非常に大きく、その待遇もどの会社で働くかということで本当に千差万別です。

ですので、新卒などで就職したIT企業で苦しく辛いIT土方を経験した方も「IT業界はブラック」「IT企業は薄給激務」と決めつけてしまうのは間違いです。

私の勤め先の様に地方の零細IT企業であっても待遇の良いホワイトIT企業は存在していますし、特に東京や首都圏には無数のIT企業が存在していますので、その中にはまともな待遇のIT企業も数多く存在しているはずです。

「IT業界はブラック」「IT企業で働くことは地獄」と思ってしまっているIT技術者の方は、たまたま運悪く収益性の低い駄目な会社に就職して働いてしまっているだけなのです。

この様なIT技術者の方も、収益性の高い良い会社に就職することで、能力や技術に見合った待遇や給与を得ることは十分に可能ですので、「IT業界はダメだ」と決めつけてIT業界から脱出しようとしてしまわずに、まずは自分の技術や経歴を発揮できるIT業界内での転職を検討してください。

現在の日本の労働市場では、プログラマーやWEBクリエイターなどのIT技術者やエンジニアの市場価値は想像以上に高いですので、IT良い会社と巡り合うことで劇的に待遇を改善することも不可能ではありません。

IT企業と幅広いコネクションを持つ転職エージェントを利用するべき

そして、実際の転職活動の際には多くの企業と出会うことで優良企業への転職のチャンスは大きく広がります。

転職をご検討される場合は、数多くのIT企業と幅広いコネクションを持っているIT業界専門の転職エージェント(無料の転職支援サービス)を利用することお勧めします。

そしてIT業界専門の転職エージェントにもそれぞれに様々な強みがあり

  • 年収1,000万円以上のハイクラスの求人に強いエージェント
  • 客先常駐の求人案件に強い人材派遣エージェント
  • 正社員転職をメインに扱う転職エージェント
  • 優良ベンチャーIT企業に強い転職エージェント

など様々なタイプの転職エージェントが存在します。

その様なIT業界専門の転職エージェントの中でも最も幅広いコネクションを持ち、最も幅広く豊富な求人を取り揃えてるのが「マイナビエージェント×IT」です。

「マイナビエージェント×IT」はベンチャーIT企業や中小IT企業なども含めて、IT業界から幅広く優良企業を探す場合、最も好適な転職支援サービスと言えます。

優良ベンチャーIT企業や隠れたホワイト中小企業を探して転職するなら「マイナビエージェント×IT」

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。そんなマイナビエージェントの中でも「マイナビエージェント×IT」はIT業界に特化した転職支援・転職サポートサービスとなっています。実務経験者の求人はもちろん未経験者OKの求人も豊富です。

IT業界の人材紹介・転職サポート「マイナビエージェント×IT」【公式サイト】



国内最大級の転職支援実績を持つマイナビは全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプとコネを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、そんな豊富なコネクションも駆使しつつ「未経験からIT業界に転職したい」など一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

数多くの転職エージェントが存在しますが、IT技術者が優良ベンチャー企業や隠れたホワイト中小企業への転職を狙うのであれば、「マイナビエージェント×IT」が一番おすすめのサービスです。

以下の記事では「マイナビエージェント×IT」のメリットとデメリット、そして注意点を説明しています。転職を検討しているIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「IT技術者が底辺のIT土方になるかどうかは技術の高さや専門知識では決まらない」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする