「営業ノルマが厳し過ぎて日本生命を辞めたい」というセールスレディや保険外交員の方へ

「営業ノルマが厳し過ぎて日本生命を辞めたい」というセールスレディや保険外交員の方へ。転職先を決める前に会社を辞めてしまうことは余りにもハイリスクです。

「いますぐにでも日本生命を辞めたい」「もうニッセイで働き続けることは限界」「これ以上は生保レディを続けられない」という方も、まずは会社で働き続けながら転職活動を始めておき次の就職先を決めてから会社を辞めることをオススメします。

土日や18時以降の営業も当たり前の過酷な日本生命

成果を出しノルマを達成する為には、私生活やプライベートを犠牲にして土日の営業や18時以降の営業をすることも当たり前の日本生命保険の営業マンやセールスレディは、非常に大変で過酷な仕事です。

保険の営業マンやセールスレディはシビアに結果を出しノルマを達成することが求められる仕事だけに、どれだけ努力して頑張っているつもりでもなかなか契約を取り成果を挙げることが出来ずに「自分は営業には向いていない」「自分にはこの仕事は出来ない」と仕事を辞める方も非常に多いです。

また、精神的な重圧やプレッシャーも非常に大きく、たとえ休日や業務時間外であっても「ノルマ、ノルマ、ノルマ」「成約、成約、成約」「数字」「数字」「数字」という言葉で頭の中が埋め尽くされて全く心休まらない様なキツい仕事です。

そのため保険外交員は人生の全てを仕事に捧げる様な生活になってしまいがちで精神的な消耗は想像以上に大きく、よっぽどメンタルタフネスに優れた方でなければ長く続けることの非常に辛い職業であるということが言えます。

これらの理由から、たとえ順調に数字や成果が出せている保険外交員であっても「仕事量が多く連日の長時間労働が辛過ぎてこれ以上日本生命で働くことは限界で耐えられない」「もっと子供と触れ合う時間が欲しい」「充実したプライベートと私生活を取り戻したい」という理由で日本生命保険から退社を検討されている方も多いのではないでしょうか。

とは言え保険業界で大手である日本生命の給与水準は高い

とは言え総資産でかんぽ生命保険(日本郵政グループ)に次ぐ保険業界2位の経営規模を誇る日本生命保険相互会社は大企業ですし、成果を出すことが出来ているセールスレディや保険外交員の方であれば、歩合制ボーナスなどによって一般的に民間企業に勤める会社員以上の給与水準を得ることが可能です。

日本生命の年収給料 – 平均年収.jp
http://heikinnenshu.jp/kininaru/nihonseme.html

日本生命の年収は652万円!(有価証券報告書調べ)

年度別の年収推移を出してみると
平成22年624万円
平成21年641万円
平成20年647万円
平成19年676万円

ここ10年での平均年収推移は624万円~676万円となっています。

日本生命社員の方の平均年収は民間企業の平均である422万円(2016年度)よりも遥かに高く、かなり高給の仕事であるということが言えます。

日本生命を退職して他の会社や職場へ転職する場合、給与や年収が下がってしまうことは覚悟しなければなりません。

しかし、たとえ給与や賃金が人並み程度に下がっても今よりももっと余裕とゆとりのある働き方がしたいという場合、保険業界から異業種への転職によって会社や職場を変えることは最も効果的な解決方法です。

日本生命保険よりも遥かにホワイトな職場は多くある

人並み程度のそこそこの給与やお金を貰いながら日本生命保険よりも遥かにまともでホワイトな労働環境で人間らしく働いて生きることの出来る会社や職場は、この日本という国にも無数に存在しています。

情報発信者のプロフィール」で紹介している様に、私自身もブラック企業からその様なホワイトな待遇の会社や職場に転職することが出来た人間の一人です。

しかも私がかつて勤めていた職場は薄給激務のブラック職場でしたので、職場を変えることで給与は上がり、さらに労働時間も大幅に短縮され、私にとって転職の結果は完全に良いことづくめでした。

日本生命保険で働かれている方はかつての私と違ってそれなりに高給ですので、転職で給与が上がるというのは難しいと思いますが、それなりの給与を貰いながら十分にホワイトな待遇を得られる会社や職場が日本にも多く存在するということは、疑い様のない事実です。

しかも、かんぽ生命保険(日本郵政グループ)に次ぐ業界2位の大手企業に勤めた「元日本生命保険」という肩書にはブランドがありますので、転職市場では私よりも遥かに有利ですし、転職時に求人の選択を間違えなければ、待遇の良いホワイト企業に転職出来る可能性も高いのです。

「仕事量が多く連日の長時間労働が辛過ぎてこれ以上日本生命で働くことは限界で耐えられない」「もっと子供と触れ合う時間が欲しい」「充実したプライベートと私生活を取り戻したい」という方は転職を検討してみてはいかがでしょうか。

現実的にはサラリーマンの転職活動は困難でリスクもある

とは言っても、毎日身を削る様な激務の仕事で消耗するサラリーマンの方が、会社で働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

そして会社の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、再びとんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

かと言って会社を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

そこでオススメなのが、現在の会社で普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる「転職エージェント」に、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

会社を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在の会社で働き続けることも可能ですので安心です。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

おすすめの転職エージェントについては以下の記事で紹介しています。是非こちらから自分に合った転職エージェントをお探し下さい。

参考:費用・成功報酬は完全無料!おすすめの転職エージェントランキング

以上、「「営業ノルマが厳し過ぎて日本生命を辞めたい」というセールスレディや保険外交員の方へ」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする