農業は2030年の日本で最も将来性のある産業。将来安泰の未来を目指す若者は農家になるべき

農業は2030年の日本で最も将来性のある産業です。勝ち組になりたい若者、将来安泰の明るい未来を目指す若者は、有名企業や大企業などに就職せずに絶対に農家になるべきです。

「いまさら農業なんて頭がおかしいんじゃないか」「農業なんて一番オワコンだろ」「農業とかダサい」「農家なんて儲からない」「農家なんて負け組」と思われる若者も多くいると思いますが、それは完全な間違いです。

むしろこれからの日本では農家こそが一番イケてる職業や仕事になります。

私自身はすでに30代のサラリーマンで今から農家になるのは年齢的にも立場的にも難しいですが、もしも私が正社員として就職していない10代や20代の若者であれば絶対に農家を目指していました。

それだけ農業はこれからの日本においてダントツの将来性と明るい未来のある産業です。

繰り返しになりますが、農業は2030年の日本で最も将来性のある産業です。勝ち組になりたい若者や将来安泰の明るい未来を本気で目指す若者は、絶対に農家になるべきです。

農業ほど伸びしろと将来性のある産業は存在しない

これからの日本で農業ほど伸びしろと将来性のある産業は存在しません。

「農業は儲からない」「農業はお金にならない」「農家は稼げない」「農家の生活は貧しい」というマイナスイメージがすっかりこびりついてしまっている農業や農家ですが、確かに旧来の様な古臭い方法で農業を続けている限りは農家という職業や事業の将来性は0であり、その未来は暗いでしょう。

昭和の時代に定着した旧来の農業のやり方では、非常に不合理的かつ非効率的で生産性も最悪な物流システムが当然の様にまかり通っており、その様な今までの古臭いやり方を続ける限りは農業には絶望しかありません。

農協に依存した絶望的に非効率的な物流システムの日本の農業

現在では当たり前の常識と思われている旧来の日本の農業のやり方は、農協(農業協同組合)に依存した絶望的に非効率的で非生産的な物流システムの上に成り立っています。

以下は日本の農業における一般的な物流のフローチャート図です。

農業の流通問題(その1)第2回 大きく変わる業種・産業界 – 物流不動産ニュース
http://www.butsuryu-fudosan.com/feature/industry-problem-1/

■農協を取り巻く流通環境

私たちの食卓や外食店舗に日々届く生鮮野菜や牛乳は、複雑な流通構造を持っています。日本人の鮮度や食味にこだわる習慣が、産地と消費の現場を複雑な経路で結んでいるのです。

同じコメ、野菜であっても、産地や生産者、生産方法や形状によって価格は様々です。高級食材と呼ばれるような商品も徐々に増えて、食の多様化と生産・流通の複雑さは世界に類を見ません。

農家と呼ばれる農業従事者は、産業転換のせいもあり年々減少傾向にあります。労働人口約6500万人のうちで、農業従事者は250万人まで下がっています。しかも、兼業農家という一家の事業収入が農業以外に依存している戸数が80万戸、およそそれだけで160万人もいることになります。

みずほの邦、と呼ばれたように日本の農業は特殊な扱いを受けて来ました。国際競争力も低く、価格硬直性も高いので、生産と消費を結ぶ中で市場(イチバ)と呼ぶ中間流通の構造が重要な役割を持っていました。イチバは国営、地方自治体運営、民間運営の3事業者によって、集荷、値決め、分配、備蓄の役割を担っていましたが、大手流通業者は都度の値決めでは経営効率が悪いので、直接取引を指値で行うようになり、いわゆる『市場外流通』が35%を占めるようになり、更に増加傾向にあります。

生産~集荷~市場~分配~精算の仕組みを支えてきた農協の役割もまた大きく変わろうとしています。

日本にとっての農業が重要なのは、食料の自給率確保と同時に明治以降の保守政権が農家を重要な支援者としてみていたからです。農協もまた、農林水産省の実質的な下部組織として機能しており、農家を顧客とした販売、代金回収、金融機能をもつ巨大組織になっています。

今、TPPを契機とした農産品目の自由化がどこまで進化するかによって、日本の農業は様変わりを余儀なくされています。自給率を維持するためには、小規模零細事業者対策として農業の法人化を進めるでしょうし、市場外流通の低迷による事業収入の低下を防ぐには、6次産業化(産地直売)という直販機能の強化が必要になります。

また、イチバという価格形成機能が市場外取引と相反する事態も、天候次第で頻発するようになると大手小売業や業務筋飲食店などからの安定供給要請や価格維持条件が厳しくなることが想定出来ます。

自然と天候次第で生産量が様変わりする農産品に、安定・価格・品質の機能を要求する消費者からの対応には、「野菜工場」「国産・輸入食品」の一元的な品揃えを行える農業商社の登場が期待されるのです。

この様に農協(農業協同組合)や市場(イチバ)という古臭い世界では類を見ない異常に非効率で複雑なシステムが当然のものとして続けられているのが旧来の日本の農業なのです。

日本の農家の方はこんな異常に複雑な物流システムで、間に入る農協や物流業者やイチバに利益を中間搾取されまくっているのですから、農作物という商品を売っても中間搾取をされまくった後の搾りかす程度の収入しか得られず、儲からないし貧乏なのも当たり前です。

「農業は儲からない」「農業はお金にならない」「農家は稼げない」「農家の生活は貧しい」というのもごもっともでしょう。

そしてこの様に中間搾取をされまくった搾りかすの農業収入だけでは食べて行くことが出来ないため、日本の農家は農業以外の仕事に就いて収入を得て生活している兼業農家の割合が約8割に達します。

以下は、1960年から2009年までの専兼業別農家数の推移のグラフですが、高度成長期以降は大多数の農家にとっては豊かな生活を維持する為には農業収入だけでは経済的に不十分な状態となり、兼業農家の割合が8割弱を占め続けています。

農業経営の動向と農業生産を支える経営体・農地等をめぐる状況 – 農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h21_h/trend/part1/chap3/c3_04.html

我が国においては、農家数が減少するなかで、高度経済成長期以降、兼業農家はその8割弱を占め続けており、平成21年(2009年)では130万戸となっています(図3-53)。

現実として、旧来の農協とイチバを中心とした古臭い物流システムに依存し続ける限りは、8割を占める大部分の農家が農業で十分な収入を得て生活していくことが不可能であるというのは事実です。

既存のシステムに依存する限り農業に絶望する他ない農家

以下は実際に脱サラして実際に農家兼投資家となった方のブログ記事ですが、独自の物流ルートや販売ルートを持たず市場や農協に依存する限り、膨大な中間搾取をされまくり農業には絶望しかないわけです。

農業に絶望 – 塩漬けマンの株奮闘記
http://shiodukeman.blog.fc2.com/blog-entry-569.html

今日は農業に絶望した話です。

農業・・・特に個人農家は以下の問題があります。

1.労働力不足で、3K(給料安い・きつい・汚い)では雇用しようにも、働き手がいない
2.市場出荷はJAや市場に中間搾取(選果料・輸送料・手数料・ダンボール代・袋代等)されまくりだが、そこに卸すしかない
3.B級品、規格外品は市場に出すだけ赤字なので廃棄
4.機械代、修理代が莫大
5.ビニールハウス等設備投資が莫大
6.育苗しないと苗代莫大
7.肥料代莫大
8.専門特化した野菜しか作れない(一つの野菜を極める)ので環境の変化で作れる野菜の価格が崩れた時破滅する
9.設備投資したくてもお金がない
10.脱サラ農家や二代目はサラリーマン気分や甘ちゃん根性が抜けず経営者であるという自覚がない

これらを解決したスーパー農家に会いました。
※番号は上記の番号に対応

1.家族(嫁・弟・息子)と研修生(無料の労働力)二人でお金の掛からない労働力確保
2.スーパーや加工業者直契約(中間搾取0でなので高単価)で無選果(手間が掛からない)で出荷可能
3.契約先直出荷なのでB級品や規格外品もOK
4.機械はオークションや農業やめる人から安くゲットし、整備や溶接技術を持ち、自分で修理(業者は呼ぶだけでお金取る)する。
5.農業やめた知り合いから無料でビニールハウス貰ってきて、まるで犬小屋でも建てる感覚で自分でハウスを建てる
6.接ぎ木含めて、苗は自分で作っているばかりか、売っている
7.畜産農家から牛糞とかもらって自分で堆肥を作っている
8.長年の経験でどんな作物でも作る事が可能
9.役員等めんどくさい事をする事で、JA、行政含めて幅広い人脈を持ち、補助金事業をあっさり取得し設備投資可能
10.経営感覚を持ち、圃場状態(どこにどの野菜を植えたらどんな病気がいつ出るとか)、栄養管理、農薬管理、作業スケジュールから労務、経費管理まで頭の中でコンピューターのように緻密に即時計算可能

これだけやっているスーパー農家ならさぞ儲けていると思うじゃないですか・・・
というか儲けるために必要な事、考えられる事を全てやっています。
これなら年収数千万行くと思うじゃないですか・・・
話を聞くと・・・「全然儲かっていない!」らしいです・・・
農業って・・・駄目だ・・・(ノω・、) ウゥ・・

「スーパー農家」とは言っても農協や行政などの旧態依然で時代錯誤のシステムに依存しまくりな方法で農業をしている訳です。

根幹的な部分で農協や既存の物流に依存して膨大な中間搾取を受けている限り、どれだけ小手先の工夫や効率化を進めようがビジネスや事業として十分な収益を挙げることが出来ないのは当然です。

農業には現状からは想像も出来ないほどの伸びしろがある

この様に非効率かつ非生産的な物流システムがまかり通り衰退産業と考えられている農業ですが、逆に言えば、農業には現状からは想像も出来ないほどの伸びしろとポテンシャルがあるということが言えます。

旧来の農協とイチバを中心とした古臭い時代錯誤の物流システムを脱することで、農業という事業はビジネスとして飛躍的に生産性と収益性を高めることが可能なのです。

これからの時代の農業は本当に計り知れない将来性とポテンシャルと伸びしろを秘めていますので、将来安泰の明るい未来を目指す10代や20代の若者には農家を目指して農業を始めることをおすすめします。

若者は将来性皆無の有名大企業や公務員などに就職するより、農家になって農業をした方が遥かに将来性がありますし経済的にも将来安泰です。

AI(人工知能)の導入が進むこれからの時代において、大企業や公務員を目指す若者が破滅する理由については、詳しくは以下の記事をお読みください。

参考:今後の日本では堅実と安泰を求めて大企業や公務員を目指す若者は破滅する理由

では旧来の時代錯誤の物流システムから脱した2030年の未来の日本における農家と物流システムとは一体どの様なものであるのか、具体的に説明していきます。

2030年の未来の日本における農家と物流システム

2030年の未来の日本における農業の物流システムは以下の様な形態になります。

農家→運送業者→食品加工業者・消費者

市場(イチバ)も農協も物流から排除され、農業の産業構造は以下の様な現在の無駄だらけの複雑な物流システムより遥かにシンプルで無駄のないものとなります。

なぜこれからの時代の農業では、この様な従来の既得権益から脱したシンプルな物流システムが可能になるのか。その理由はインターネットとツイッターやインスタグラムなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の発達です。

旧来の農家の大半はインターネットもSNSもまともに使いこなせない高齢者ばかりでしたが、本来、農業とインターネットやSNSは絶対的な相性の良さを持っているのです。

農業とインターネットとSNSの合体。

これこそが2030年における進化した農家の姿です。

そしてこの進化した農家が行う新しい農業は、事業やビジネスとして市場(イチバ)と農協に依存する旧来の農家とは比較にならないほどの爆発的な高収益性と生産性を誇ります。

インターネットとSNSをフル活用し生産物を消費者に直接売り込み商品としてブランド化する農家

インターネットとSNSをフル活用して情報を発信することで、自らが育てた生産物を消費者に直接売り込み、商品としてブランド化・高付加価値化する農家。

これが2030年の未来の日本における勝ち組である農家の姿です。

新しい農家はインターネットとSNSをフル活用して直接消費者に情報発信することで、市場や農協、卸売業者や小売業者といった従来の物流システムに依存せずに独自の物流ルートで生産物を販売することが出来ますので、余計な中間搾取が発生せずに現在の農家よりも遥かに効率的に収益を得ることが可能となります。

有機農家の産消提携(直販)にはメリットとデメリットがある – 最強の脱サラ新規就農
http://nouest.com/direct-sales/

たとえばスーパーで100円の大根が売られているとすると、小売店の利益、流通業者の利益、卸売業者の利益、農協の利益それぞれ乗せられているので、農家の手元に入ってくるのはじつは20円ほどだと言われています。
しかもこの20円は売り上げに過ぎません。

ここからさらに経費が引かれて最終的には大根一本から10円の収入が生まれる、という悲惨な数字になっていきます。

ところが。

流通の過程で中間業者をできるかぎり入れない直販型農業だとどうなるか。お客様から1000円頂けば、1000円が丸々フトコロに入ります。100円の大根を売ったのであれば、100円が農家の手元に残るんです。

もちろんここから経費を引いていきますが、さきほどの10円というような悲惨な数字にはなりません。

農協に出荷して、それが卸売市場に運ばれて、さらに小売店で陳列されて、ようやく消費者の手に渡る。これでは多くの中間業者に利益を上乗せされてしまい、農家の手元には目減りした金額しか回ってきません。

ここで農家が、直接お客様と契約をしてそこへ直接売っていくことで中間マージンを限りなくゼロに近づけて、身入りを多くすることができます。

そして、これを実現するために有機栽培という付加価値が現状では大きなプラスになっています。無農薬だからこそ農家から直接買いたい、という消費者は多いですから。

1本100円の大根を売って農家の収入となる純利益はたった10円程度。そんな異常に収益性の低い商売をしている農家が農業に絶望するのも当然です。

しかし、インターネットやSNSをフル活用して生産者である農家が直接消費者と繋がることが出来れば、その作物の生育の過程などの情報をSNSやブログで発信することで商品をブランド化することが可能となる。

特に安心と安全というメリットを与える有機栽培や無農薬栽培であれば、「毎日の様に口に入れる食べ物だから、少々値段は高くとも健康で安全なものを買いたい」という消費者の需要が非常に強いですので、スーパーマーケットなどで売られている様な通常の相場では1本100円の大根を1本300円とかの価格で販売することも十分に可能な訳です。

しかも、旧来の農家とは違い農協・市場・卸売業者・小売業者などの中間搾取がほとんど生じませんので、1本300円の大根を売れば農家はその売上の大部分を利益として受け取ることが可能です。

非常に手間の掛かる有機野菜や無農薬野菜で通常の野菜栽培の5倍の経費が必要になったとしても、農家が1本の大根を売った場合の利益は300円-50円=250円です。

従来の農家であれば1本の大根を売ってもたった10円程度の利益しか得られない一方で、これからの時代の新しい農家はその25倍もの高収益性と高生産性を誇るわけです。

この様に新しい時代の農家は、旧来の農家の数10倍という爆発な高収益性と高生産性が実現可能であり、年収1,000万円は余裕、年収数億も当たり前となりますので、今までのイメージとは遥かにかけ離れたスーパー勝ち組の存在となります。

これから訪れるインターネット社会やSNS社会において、いかに農家や農業が夢と希望と将来性に満ち溢れた勝ち組のビジネスかということがお分かりいただけるかと思います。

YouTuberよりも農家を目指す若者の方がイケてる

YouTuberは最近の子供や若者の憧れの職業ですが、日本全国で年収5,000万円以上がたった10人前後、年収1,000万円以上が日本全国でたった100人弱しかいない稼げないYouTuber(ユーチューバー)などよりも、これからの時代は農家の方が遥かに稼げるイケてる職業です。

YOUTUBER(ユーチューバー)の年収を詳しく解説! – 平均年収.jp
http://heikinnenshu.jp/creative/youtuber.html

日本人の0.1%である10万人程度が流行に乗せられてYouTuber(ユーチューバー)を目指しているとして、その中で年収1,000万円を稼げているのはたった100人弱。

成功者は1,000人に1人。成功率はたった0.1%という過酷な茨の道がYouTuberです。しかもYouTuberは広告単価の変動やバッシング・スキャンダルなどのリスクも大きい非常に不安定な職業で、現在は成功しているからと言って10年後も同様に稼げている保証はありません。

主体性もなく流行に流されて成功の見込みが低く将来不安定なYouTuber(ユーチューバー)などを目指す若者よりも、敢えて農業に可能性を見出して農家を目指す若者の方がイケてるしカッコイイのです。

今の世間ではダサいと見下されている存在が、10年後や15年後の未来では羨望と憧れの対象となり得る。ということについては、以下の記事をお読みください。

参考:今の世間で見下されている存在が10年後の未来では羨望と憧れの対象となり得る

ただしインターネットやSNSの商用利用は簡単ではない

この様に「農家や農業こそがこれからの日本で最も将来性の見込める産業である」と書いてきましたが、ホームページやブログなどインターネットコンテンツやTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)などのSNSで多くの人を集めて商用利用をすることは決して簡単なことではありません。

以下の記事で書いていますように、ブログやサイトで人を集めるということは膨大な労力と作業量と時間を必要とする行為です。

参考:ブログ飯で脱サラ達成は成功率1%の無理ゲー。ブログ収入で食べて行くことは99%不可能

SNSで多くのフォロワーや閲覧者を集めることも同様であり、知名度などもない一般人が誰でもすぐ簡単に出来ることではありません。

そのため私は、まずはすでに強大な集客力を誇るサイトやブログなどのメディアを所有しているアフィリエイターやブロガーが農業に進出して地方や農村の安い土地を買い占め、大地主の農家になるという未来を予想しています。

参考:乏しい食料自給率と経済破綻の先に待つ未来。2030年の日本は新・農奴制の国となっている

ブログ運営やサイト運営は農業と非常によく似ている

では、今はまだ集客力のあるサイトやブログやSNSアカウントを持っていない若者は、勝ち組の農家になることが不可能なのかと言えば決してそうではありません。

地道に更新を行い情報発信をしてメディアとして育てて行けばいいのです。

そして地道にコンテンツを更新し続けることが重要であるブログ運営やサイト運営は農業と非常によく似ているということです。農家の仕事をしっかりと行える忍耐力と持続力のある人間は、実はブログ運営やサイト運営と非常に相性がいいのです。

農業では田んぼや畑を耕して種を撒き、順調に成長する様に手入れや世話を続け、米や野菜などの農作物が収穫されるまでには半年間などの時間が必要です。

お米が収穫されるまで – 東北農政局
http://www.maff.go.jp/tohoku/monosiritai/syokutaku/making_rice.html

  1. なえを育てる:3月~4月
    なえはなえ箱で育てます。土を入れたなえ箱に種もみをまき、ビニールハウスの中に置きます。なえが育つまで約1ヶ月かかります。
  2. 代かき:4月~5月
    代かきとは、田んぼの土をくだいて土の性質をよくすることです。田植えの前にトラクターや耕運機を使って行います。
  3. 田植え:4月~5月
    ほとんどが田植え機によって行われています。機械をつかうことで、10アール当たり約20分で田植えができるようになります。
  4. 水の管理:6月~7月
    田んぼに水を入れ、寒さから稲を守るために水の量を増やしたりします。
  5. 追肥(ようすを見て、肥料をあたえる):6月~7月
    稲の成長のようすを見ながら機械を使って肥料などを少しずつあたえます。
  6. 稲刈り:9 月~10月
    コンバインという機械で稲を刈ります。コンバインを使えば、稲からもみをはずす、だっこくという作業も同時にできます。
  7. 乾燥・もみすり:9 月~10月
    刈りとったばかりのもみは水分が多いので、かわかす必要があります。乾燥機にもみを 入れて熱風をかけます。もみからもみがらを取ります。

この様に収穫まで6ヶ月間前後の時間が必要で成果を得るまで手間をかけ続けなければいけない農業ですが、ブログやサイト運営、SNSなどのメディア運営もまた、極一部の特別な方以外は十分に集客をして成果を出せる様になるまでに最低でも6ヶ月間程度の時間が必要です。

サイトやブログを開設して3ヶ月後程度から徐々にGoogleなどの検索エンジンに評価されはじめ、継続的な安定的な集客が可能になっていく。

そしてある程度の十分な収益に結びつくようになるには、最低でも半年から1年の期間が必要になるというのが一般的なケースでのブログ運営やサイト運営の実態です。

もちろん、十分な収益や成果の出ない半年から1年という期間の間もサイトやブログを放置をしていては駄目で、田や畑の農作物を育てる様に、サイトやブログの手入れをして記事の更新や情報の発信を続けて行かなければなりません。

インターネットでのメディア運営は非常に農耕的な作業なのです。

農作物を育てながらその様子を毎日ブログやSNSなどにこまめにアップして情報を発信していき、そして半年後に農作物が育ち収穫出来た頃に、ブログやSNSアカウントもメディアとして育ち、農作物を商品として買ってくれるファンがいくらか付いている。

今はまだ集客力のあるサイトやブログやSNSアカウントを持っていない若者が農家を目指す場合、順調に行けば上記の様なイメージになるでしょう。

ちょうど農作物が収穫できる頃にブログなどもメディアとして育ってきますので、タイミングとしてはちょうどいいです。

いかがでしょうか。新時代のイケてる農家になって成功する道筋がおぼろげながら見えて来たはずです。

10年後から20年後のこれからの日本では農業は最高にアツい産業ですので、これからの時代を生きる若者には断然のイチ押しで農業に従事して農家になることをおすすめします。

とは言ってもいきなり自分で農業を始めるのは難しい

この様にこれからの日本で将来性の高い産業は農業だとは言っても、親や実家が農家ではない方がいきなり自分で最初から農業を始めることは非常に難しいことです。

農業を知らない都会育ちの方は、まずは農業や農家の仕事か何となくのイメージを掴むために、こちらのシェア畑サービスで農業を始めてみてはいかがでしょうか。

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】



以上、「農業は2030年の日本で最も将来性のある産業。将来安泰の未来を目指す若者は農家になるべき」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする