「労働時間が長くて体力的にハード過ぎる。T&Gを辞めたい」と退職を考えているテイクアンドギヴ・ニーズ社員の方へ

「労働時間が長過ぎて体力的にハード過ぎる。T&Gを辞めたい」と退職を考えているテイクアンドギヴ・ニーズ社員の方へ。

転職先の職場や会社が決まる前に慌てて退職してしまわずに、あなたの転職を全て無料でサポートしてくれる「転職エージェント」を活用して、テイクアンドギヴ・ニーズに社員として勤めながらの転職活動をご検討下さい。

華やかなブライダル業界の最大手企業であるT&G

ウェディング・ブライダル業界は、結婚と言う女性の人生で最大のハイライトを彩る華やかなイベントに関わる仕事に携われる業界であり、特にその中でもウェディングプランナーなどは多くの女性から就職人気を集める女性にとっての憧れの職業の一つとなっています。

そして、T&G(テイクアンドギヴ・ニーズ)はそんな華やかなウェディング・ブライダル業界の中でもトップの売上とシェアを誇る最大手企業です。

ブライダル業界 売上高ランキング一覧(平成27-28年) – 業界動向サーチ
https://gyokai-search.com/4-bridal-uriage.html

ブライダル業界の売上高ランキング一覧を掲載。売上高の高い企業をランキング形式でまとめました。

  1. テイクアンドギヴ・ニーズ:595億円
  2. ツカダ・グローバルHD:538億円
  3. ワタベウェディング:438億円
  4. AOKIホールディングス:292億円
  5. エスクリ:262億円
  6. アイ・ケイ・ケイ:169億円
  7. ノバレーゼ:164億円
  8. 千趣会:152億円
  9. クラウディア:123億円
  10. アイエーグループ:107億円
  11. 一蔵:48億円

T&G(テイクアンドギヴ・ニーズ)は、ウェディング業界2位のツカダ・グローバルHD、業界3位のワタベウェディングと争いながら、年間18,000組以上の結婚式を手掛け、業界のトップシェアを誇るナンバーワン企業の座を維持しています。

また、T&Gが経営する結婚式場は、チャペルの他に、ガーデン、プール、カフェスペースなども備えた一軒家完全貸切のスタイルです。ハウスウェディングという新しいスタイルを築き上げたT&Gの結婚式は、多くの新郎新婦の支持を得ています。

ウェディング業界で最大手であるT&Gはまさに女性にとっての憧れの職場や会社であり、テイクアンドギヴ・ニーズで働く女性社員の方も、皆で一致団結して最高の結婚式を作り上げる仕事に対して強いやりがいと充実感を感じ、非常にモチベーションや士気が高いのではないでしょうか。

過酷なブライダル業界の実態と市場が縮小する暗い将来

この様に女性の憧れの職場であるウェディング・ブライダル業界で働くT&G社員の方のモチベーションが非常に高いことは素晴らしいことですが、一方でウェディング・ブライダル業界には過酷なブラック労働の実態と市場が縮小する暗い将来という現実が横たわっています。

働く人は地獄のブライダル業界…ナシ婚増加でジリ貧、ハウスウェディングもブーム終了 – ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2017/08/post_20146.html

矢野経済研究所が3月に公表した調査によると、ブライダル関連業の市場規模は2011年から縮小し続けており、関連各社は今回の「眞子さま効果」に大きな期待を寄せている。

ブライダル産業の経営事情に詳しい千葉商科大学の今井重男教授は、「少子化によって婚姻数が減少しているだけでなく、ゴールインしても結婚式に費用をかけない『ジミ婚』や、結婚式そのものを行わない『ナシ婚』を選択する人々も増加しているので、ブライダル業界はジリ貧状態に陥っています」と、その衰退ぶりを嘆く。

■ブラック化するブライダル業界、土日も深夜まで

「結婚式場を過剰出店した企業は、経営が悪化しています。ホテルの場合、ウェディング事業といっても数ある部門のひとつですが、ブライダル専門の企業は基本的に結婚式でしか儲けることができないので、より厳しい状況になっているでしょうね」(同)

特に景気が悪化しているのが“結婚プロデュース会社”だという。ヨーロッパの邸宅風の一軒家を貸し切ってハウスウェディングを行うスタイルで躍進した同業態だが、現在は供給過多で飽和状態。リクルートマーケティングパートナーズの「ゼクシィ結婚トレンド調査 2016」によると、披露宴・披露パーティーでハウスウェディングのシェアは16.0%。12年の同調査と比べて、7.3ポイントも減少している。

中小の業者がひしめき合って過当競争が起きている業界は、当然のようにブラック化していく。ブライダル会社に勤務していた森田亘さん(仮名)は、当時の過酷な労働環境について、以下のように語ってくれた。

「結婚式は祝日に行うことが多いので、土日は朝8時~深夜まで勤務。平日もお客さんとの打ち合わせや膨大な事務処理があり、定時に帰れるなんてことはほとんどありません。

予算が少なく、ホール側のスタッフが少ないときなど、ウェイターをしたり掃除や片付けを手伝ったり、なんてこともしょっちゅうですよ。私が勤めていた会社は上場企業でしたが、5年間勤めても給料の変動はほとんどありませんでした」(森田さん)

少子化による結婚適齢期の若者の減少、そして日本人の生涯未婚率が上昇し続ける「非婚化」による婚姻数そのものの急激な減少。

さらには結婚式に費用をかけない「ジミ婚」の流行や、中小のブライダル会社の参入を原因とする価格破壊。

これらの要因によってウェディング市場は急激な市場規模の縮小と業界全体のブラック業界化が進んでおり、現実的に見ればブライダル業界には非常に厳しい将来が待ち構えていることは明らかです。

以下のグラフで婚姻数が2000年代から右肩下がりで落ち続けていることが一目で分かる様に、今後ますます結婚に関わる業界全体が厳しくなっていくことは間違いないでしょう。

婚姻率・離婚率変移をグラフ化してみる(2016年版) – ガベージニュース
http://www.garbagenews.net/archives/1892492.html

この様なブライダル業界の非常に暗い先行き、そして年々ブラック化が進む長時間で過酷な労働状況もあり、「労働時間が長過ぎて体力的にハード過ぎる。T&Gを辞めたい」とテイクアンドギヴ・ニーズからの退職を検討されているT&G社員の方も多いのではないでしょうか。

転職者の口コミサイト「Vorkers」にも以下の様に、元T&G社員の方から過酷な労働状況の実態が退職理由として多く投稿されており、ブライダルに関わる仕事の厳しさが伺えます。

テイクアンドギヴ・ニーズの「退職検討理由」- Vorkers
https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000Fr0m&q_no=8

  • 朝早くから夜遅くまで働くことが多く体力的に限界だった
  • ワークライフバランスが取れなかった
  • 休みを削って働く生活に耐えられなかった
  • 勤務時間が長くプライベートの時間が取れなかった
  • 休憩もほとんど取れず体力的にハード過ぎた
  • 残業が多過ぎて生活に余裕が持てなくなった
  • 精神的にも身体的にもかなりしんどい
  • 激務過ぎて給与や陳羣が全く割に合わなかった

近年はブライダル業界全体にこの様な限界を超えるほどの過酷な労働状況が蔓延しており、率直な私自身の意見としても、テイクアンドギヴ・ニーズから退職するという判断は、完全に正しいごもっともな結論だと思います。

業界全体の将来性も非常に暗いですし、本当にどうしても耐えらないほど仕事がキツいという方は、転職をしてブラック化が進むブライダル業界から脱出してしまうのも手です。

現実的には会社員の転職活動は困難でリスクもある

とは言っても、毎日会社に出社して忙しく働く会社員の方が、働きながら自分だけで無数にある様々な企業の求人情報を集め多くの応募書類を提出して転職活動を行うことは、現実には非常に困難だと思います。

そして会社の仕事の片手間で時間も余裕もない中でのいい加減な転職活動の結果、とんでもないブラック企業に転職してしまったら、元も子もありません。

かと言って会社を完全に辞めてしまってから転職活動を始めて次の職場を探すというのは、完全な無職期間や無収入期間が生じてしまうのでリスクが高い…

そこでオススメなのが、現在の会社で普通に働きながら、転職のプロが転職を手取り足取りサポートしてくれる「転職エージェント」に、あなたの転職活動をお任せしてしまうことです。

会社を辞めずに働きながら転職エージェントを活用すれば、あなたの満足する良い転職先が見つからなければ、転職を取りやめて現在の会社で働き続けることも可能ですので安心です。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であってもキャリア相談や求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

おすすめの転職エージェントについては以下の記事で紹介しています。是非こちらから自分に合った転職エージェントをお探し下さい。

参考:初めての転職希望者にオススメの転職サイト・転職エージェントのランキング

以上、「「労働時間が長くて体力的にハード過ぎる。T&Gを辞めたい」と退職を考えているテイクアンドギヴ・ニーズ社員の方へ」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする