中小IT企業がブラックな理由は馬鹿で非合理的なワンマン経営者のせい。頭が良く合理的な経営者の中小IT企業は天国

多くの中小IT企業がどうしようもなくブラック化する理由は、非合理的な根性主義に侵された馬鹿なワンマン経営者のせいです。

逆に頭が良く合理的な経営者が取り仕切る中小IT企業の労働環境は、そこら辺の大企業以上にホワイトな天国です。

実際にその様な頭が良く合理的な考え方の社長が経営する零細IT企業に会社員として勤める私は、1日平均3時間程度の労働で月収30万円以上という、一般的なサラリーマンよりも遥かに労働時間の短いホワイトな待遇で働いています。

従業員10人未満の零細企業でありながら本当に素晴らしい待遇を得ることが出来て恵まれていると思いますし、またこのような恵まれた天国の様なホワイト待遇を与えてくれている素晴らしい社長には本当に感謝してもしきれない思いです。

逆に言えば、どうしよもなく無能で馬鹿なワンマン糞経営者の方針に振り回され、大量の非効率で無駄だらけの業務を押し付けられ、ブラック労働を強いられている中小IT企業社員の方は本当に不幸だと思います。

どうしようもないワンマン糞経営者は、あなたの代わりに私が思い切りメリケンサックでぶん殴ってやりたいくらいです。

あなたのせっかくの人生をそんな無能で馬鹿なゴミ人間のために無駄にすることは本当に勿体ないですから、非合理的な根性論の糞ワンマン経営者の会社なんて、鬱病を装って詐病を使ってでもとっとと辞めて、他のまともな会社に転職してしまうべきです。

中小IT企業の経営者の程度は様々。絶望的に馬鹿な経営者もいれば神様の様な経営者もいる

中小IT企業の経営者の程度は本当に様々です。

絶望的に馬鹿で無能な糞経営者もいれば神様の様な素晴らしい経営者もいます。

そして運悪くどうしょうもないワンマン糞経営者の支配する中小IT企業に入社してしまったら、とんでもないパワハラや罵声や時には怒号、そして理解不能なほどの非効率と無駄を強いられる地獄のブラック労働の日々が始まります。

IT業界では大企業でありながら長時間の過酷な労働を強いられるブラックな企業も多く存在していますが、ブラックであっても一応大企業であればその過酷な労働に見合うだけのそれなりの金額の給与は得ることが可能です。

一方で馬鹿で無能な糞ワンマン社長や糞ワンマン経営者が取り仕切る糞の塊みたいな中小IT企業は、往々にして「とにかく死ぬ気で沢山働け!」という生産性などを無視した根性主義的な企業風土となっており、非効率で非合理的で非生産的な大量の業務で日々消耗されるだけですので、社員を死ぬほど働かせている割に会社としても大した利益を得ることが出来ません。

その結果、馬鹿経営者の中小IT企業では、社員に対して給与として還元される金額も少なく、大量の業務をこなす長時間労働でありながら月10万円代の手取りしか得られない様な薄給激務のブラック労働がまかり通っています。

「IT業界はブラックだからやめておけ」「中小IT企業は地獄だから就職してはいけない」と忠告するIT業界経験者の方は、おそらくこの様な糞みたいな無能ワンマン糞経営者の取り仕切る中小IT企業の犠牲者が多くを占めているものと思われます。

しかし、上で書きました様に、中小IT企業であっても素晴らしい経営者のいる天国の様なホワイト企業である場合もありますし、もしもあなたの勤め先の会社がブラック企業だとしても、IT企業やIT業界の全てがブラックだという訳では決してありません。

まともな経営者のいる会社に転職することによって給与や労働環境なども劇的に向上する可能性がありますので、会社を辞めて転職をするのであれば、まずは実務経験とスキルを活かして同業のIT業界内での転職を検討して下さい。

無料の転職エージェントを活用することでスムーズに転職が出来る

実際に転職をするとなると「何をすればいいのか分からない」という方が大半だと思います。

そこで役に立つのが無料の転職エージェントです。

プロの転職エージェントに相談してそのサービスやサポートを活用することで、転職未経験者であってもスムーズに転職をすることが可能です。

転職エージェントは全て無料で利用できますので、利用する求職者の側には負担やデメリットは全くありません。

雇用契約が決まった時に求人募集をしている企業から転職エージェントに報酬を支払い、それがエージェントの収益となりますので、求職者の側がエージェントに利用料を支払う必要はないのです。

また、エージェントのサポートや支援によって転職活動に伴う負担を大きく減らすことで、会社に勤めながら転職活動を行うことも十分に可能ですし、もしも良い転職先が見つからなければ「転職をしない」という判断が出来ます。

この様に転職エージェントの利用には全くリスクもデメリットも料金も支払いもありませんので、転職希望の方は、積極的にこれらのエージェントを活用しなければ逆に損です。

転職エージェントはIT技術者専門のエージェントを活用するべき

転職支援エージェントには日本国内でも多種多様な企業やサービスが参入していますが、WEB関連のクリエイターやデザイナーの方の場合、その中でもIT技術者専門のエージェントを活用することを強くおすすめします。

なぜなら、IT技術者という専門的な分野に特化したエージェントを活用することで、「WEBに関する専門技術の市場価値を熟知しているエージェントから高い技術に見合った給与の会社を紹介してもらえる」「専門知識の無い一般的なエージェントには難しい専門分野の仕事仲介をスムーズに行ってくれる」という絶対的なメリットがあるからです。

もちろん、一般的な転職支援エージェントや仕事仲介エージェントでもIT関連の案件を取り扱っていますが、その様な専門性の低いエージェントを利用した場合、スキルや専門技術に見合わない給与水準のIT企業や相場以下の報酬の業務案件を掴まされてしまう可能性も高いため、まずは必ずIT技術者専門のエージェントに登録して転職先や仕事の案件を探すべきです。

以下の記事では、IT業界専門の転職サイトや営業支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。他のIT企業への転職を検討するIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「中小IT企業がブラックな理由は馬鹿で非合理的なワンマン経営者のせい。頭が良く合理的な経営者の中小IT企業は天国」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする