IT業界の待遇は千差万別。ホワイト企業とブラック企業の格差が非常に大きい

IT業界の待遇は千差万別です。様々な業種や業界がある中でも、特にホワイト企業とブラック企業の格差が非常に大きい業界と言えます。

全く同じ技能と技術を持つ人間が、全く同じ労働時間だけ働いても、会社によっては年収1,000万であったり、または年収300万円だったりという不均衡が、当たり前の様に起こってしまうのがIT業界です。

ですので、IT業界で運悪くブラック企業に当たってしまった場合には、「IT業界はブラックだから他業種に転職する」という判断を下してしまうよりも、正当に自分の技能や能力を評価してくれる他のホワイトなIT企業へと転職するというのが、まず第一の選択肢になります。

ホワイトIT企業とブラックIT企業の違いは生産性の違い

なぜIT業界では、全く同じ技能と技術を持つ人間が、全く同じ労働時間だけ働いても、ある会社では年収1,000万であったり、また別の会社では年収300万円だったりという労働の不均衡が、当たり前の様に起こってしまうのでしょうか。

それは、IT企業はそれぞれの企業によって、その生産性に非常に著しく大きな格差のある業界であるからということが言えます。

製造業界や介護業界などでは、その企業の収益構造は同業種であればほとんど同一であり、同様の事業を行っている企業同士を比較した際に、その企業によってそれほど極端な生産性の差が生じることがありません。

一方でIT企業の場合は、例えばWEB制作など表面的には全く同様の事業であっても「いかにその事業をマネタイズするか」「いかに事業を収益化するか」という経済的な生産性の部分で、企業によって非常に大きな差が生じています。

事業のマネタイズや収益化に成功している企業は、大きな収益を得てそれを社員の給与や待遇に還元でき、逆に事業の効率的なマネタイズや収益化を達成出来ていない企業は、社員に満足な給与や待遇を与えることが出来ない。それが、ホワイトIT企業とブラックIT企業の本質的な違いです。

生産性が低く効率的なマネタイズや収益化を達成出来ていない企業は、その企業に勤める社員の技術レベルそのものは非常に高くとも、それを給与や待遇として社員に還元することが出来ません。その様な企業は事業によって満足な収益を得ることが出来ない為に、社員に高い給与を与えたくとも与えることが出来ないのです。

そして重要なポイントは、そのIT企業の生産性や収益性(収益を効率的に生み出す力)は、その企業に勤める社員の技術力とはほとんど関係ないということです。

ですので、非常に優秀なプログラマーであっても、勤め先のIT企業の生産性や収益性が低ければ薄給ですし、逆にほとんど特別な資格や技能を持たない平凡な社員であっても、勤め先のIT企業の生産性や収益性が高ければ、非常に優秀なプログラマー以上の給与や待遇を当たり前の様に得られるということです。

これがインターネットという世界の現実であり、そしてIT企業の現実なのです。

例えば下らない悪ふざけの馬鹿な動画ばかりアップしているどうしようもないYouTuber(ユーチューバー)が、子供などから絶大な人気を得て何100万再生などを達成し、年収1億などの収入を得ているわけです。

当然、そんな馬鹿な動画ばかりアップしているYouTuber(ユーチューバー)には、プログラミングなどの高度で専門的なIT技術や資格があるわけではありません。

しかし、彼らはインターネットで自分自身のイメージをプロデュースし、話題を作り出し反響を呼び、そしてコンテンツをマネタイズする術に優れていますので、プログラミングなどの高度で専門的なIT技術や資格を持っているわけではなくとも、インターネトットの世界で巨額の収益を得ることが出来るわけです。

そしてその一方では、アプリ開発などの非常に高度で専門的なIT技術を持ちながら、年収300万程度で休む間もなく働かされている底辺のプログラマーなどがIT業界には当たり前の様に存在しているわけです。

プログラマーである彼の勤める会社はアプリを開発する非常に高度な技術は持っていますが、企業としてその技術を効果的にマネタイズし収益化する術を持っていないために、優秀なプログラマーである社員の彼は薄給激務で働かなければならないのです。

資格や技能の習得より生産性の高い企業への転職が効果的

この様に、本人の技術よりも雇用されている企業の生産性が給与や待遇を大きく左右するIT業界では、専門的な技能や資格を必死に習得するよりも、生産性のより高い企業へ転職してしまうことの方が、給与や待遇を改善する為には遥かに即効性が高く効果的です。

もちろん、非常に高度で専門的な技術や資格、実務経験などがあれば、就職先の幅は広がりますが、それはあくまでもより生産性の高い企業へと転職する為の手段であり、技術や資格それ自体は決して目的ではないということは忘れないで下さい。

いくら素晴らしい技術や資格を持っていたとしても、まともな収益を生み出せない、そしてその収益を給与として社員に還元出来ない、どうしようもないブラックIT企業に勤めてしまっては全く意味がないのです。

そして、アプリ開発などを行える技術や技能が高く将来有望な若く優秀なプログラマーなどが、当たり前の様にどうしようもないブラック企業に薄給激務でこき使われているのがIT業界なのです。

ホワイトな中小IT企業へと転職してしまうのも手

今勤めている会社で働き続けることが耐えられないほど苦痛で大変なら、たとえ会社の規模は大手であっても、ホワイトな中小IT企業に転職してしまうのも手です。「新卒でなければブラックな中小企業にしか勤められない」と最初から転職を諦めてしまうのは勿体ないです。

特に贅沢をする気もなく、仕事は生活出来る程度の最低限の収入を得る為のものと割り切って、何よりも日々平穏な気持ちで居られる暮らしと自分だけの私生活の時間を大切にしたいという私と同じ様なタイプの人間の場合、そういう目的に適った比較的のんびりと働けるホワイトな仕事や会社は、IT業界やIT関連の中小企業の中にも探せば意外と多くあります。

「情報発信者のプロフィール」のページに書いている通り、私も業界大手のブラック企業からそんなホワイトな零細IT企業に転職して、今は大学生時代以上にのんびりと1日3~4時間の在宅ワークで働いて生活している一人です。

私が現在勤めている会社は従業員10人未満の超零細IT企業ですが、「零細企業だからブラック」「IT企業だからブラック」ということなどはなく、給与面では年収380万円とそれほど多くの年収ではないものの(それでも贅沢をせず質素に生活するのであれば十分以上の金額で、給与の他に副業での年100万円の収入もあり毎月10万円以上貯金出来ています)、労働時間などの面で大半の大手企業よりも遥かにホワイトな環境で働くことが出来ています。

今の会社の仕事が大変で辛いという方、もっとのんびりと自分のペースで働きたいという方は、「中途採用だとホワイトな企業では絶対に正社員になれない」「専門的な技能や職歴も転職活動では評価して貰えないんじゃないか」「IT企業で中小・零細は100%ブラック」という先入観での思い込みや決めつけを一度捨てて、転職という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の転職エージェントを活用することでスムーズに転職が出来る

実際に転職をするとなると「何をすればいいのか分からない」という方が大半だと思います。

そこで役に立つのが無料の転職エージェントです。

プロの転職エージェントに相談してそのサービスやサポートを活用することで、転職未経験者であってもスムーズに転職をすることが可能です。

転職エージェントは全て無料で利用できますので、利用する求職者の側には負担やデメリットは全くありません。

雇用契約が決まった時に求人募集をしている企業から転職エージェントに報酬を支払い、それがエージェントの収益となりますので、求職者の側がエージェントに利用料を支払う必要はないのです。

また、エージェントのサポートや支援によって転職活動に伴う負担を大きく減らすことで、会社に勤めながら転職活動を行うことも十分に可能ですし、もしも良い転職先が見つからなければ「転職をしない」という判断が出来ます。

この様に転職エージェントの利用には全くリスクもデメリットも料金も支払いもありませんので、転職希望の方は、積極的にこれらのエージェントを活用しなければ逆に損です。

転職エージェントはIT専門のエージェントを活用すべし

転職支援エージェントには日本国内でも多種多様な企業やサービスが参入していますが、WEB関連のクリエイターやデザイナーの仕事を探す場合、その中でもIT技術者専門のエージェントを活用することを強くおすすめします。

なぜなら、IT技術者という専門的な分野に特化したエージェントを活用することで、「WEBに関する専門技術の市場価値を熟知しているエージェントから技術に見合った給与の会社を紹介してもらえる」「専門知識の無い一般的なエージェントには難しい専門分野の仕事仲介をスムーズに行ってくれる」という絶対的なメリットがあるからです。

もちろん、一般的な転職支援エージェントや仕事仲介エージェントでもIT関連の案件を取り扱っていますが、その様な専門性の低いエージェントを利用した場合、スキルや専門技術に見合わない給与水準のIT企業や相場以下の報酬の業務案件やブラック企業を掴まされてしまう可能性も高いため、まずは必ずIT技術者専門のエージェントに登録して転職先や仕事の案件を探すべきです。

以下の記事では、IT業界専門の転職サイトや営業支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。他のIT企業への転職・異業種からIT業界への転職をご検討の方は是非参考にしてください。

以上、「IT業界の待遇は千差万別。ホワイト企業とブラック企業の格差が非常に大きい」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする