IT業界は大手にもブラック企業が多いので注意!先入観なく就職先を選ぶことがIT企業への転職を成功させる秘訣

IT業界は大手にもブラック企業が多いので要注意です!

会社の規模や従業員数などにとらわれ過ぎずに先入観なく就職先を選ぶことが、未経験者がIT企業への転職を成功させる秘訣です。

IT業界には大手にもブラック企業が蔓延している

IT業界では大手であってもブラック企業が蔓延していることは事実です。

「大企業であればまともな待遇やホワイトな労働環境なので安心出来る」という常識はIT業界では通用しません。

2006年に100時間以上に及ぶ時間外労働を原因とする過労死者を出し、2012年のブラック企業大賞にノミネートされた富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)のように、名前の知られる大手IT企業やその系列企業であっても、悲惨な労働環境のブラック企業であるというケースが決して少なくないのです。

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ – Wikipedia

株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ (ふじつうソーシアルサイエンスラボラトリ、FUJITSU SOCIAL SCIENCE LABORATORY LIMITED )は、ソフトウェア開発、システム構築などを行う富士通の連結子会社(完全子会社)。

■従業員の過労死

2002年4月同社入社の男性従業員が、2006年1月26日医師より処方された薬を過量に服用し死亡した。この男性はシステム開発に従事していたが、何らかのストレスにより、遅くとも2003年9月下旬ころまでに精神障害を発症していた(あくまで予測である)。休職と復職を繰り返したが、その時点での退職を選ばず、本人が復職を選択し、精神障害から回復することなく死亡に至った。

■死亡した従業員の労働状況

  • 月当たり100時間以上に達する時間外労働とその連続。徹夜作業や休日出勤。
  • プロジェクトに増員無し。
  • 仮眠用の十分な設備がなく作業場所での疲労回復が困難。
  • 狭い1人当たりの作業スペース。従業員数が多く恒常的に二酸化炭素量が基準値を超過。
  • ミスが許されず神経を使う作業。反面比較的単純作業の繰り返し。達成感や満足感の不足。

富士通SSLの過労死の事例は、名の知られた大手企業やその子会社であってもIT業界では想像を絶する長時間労働などブラック労働が当たり前に存在するということの例と言えます。

「大手なら安心」という先入観だけでIT企業に就職してしまうと、とんでもないブラック企業にカモにされ労働搾取されてしまうリスクがあるので要注意です。

異業種からIT業界に転職する場合はIT派遣が無難

この様にIT業界への正社員就職ではどうしてもブラック企業のリスクは避けられず、大手企業だからと言って安心出来ません。

ではどうすればいいのか?

未経験からのIT業界への就職や異業種からIT業界に転職する場合は、無理に正社員就職にこだわらず「IT派遣」に登録することが最も無難です。

ブラックIT企業は「正社員として奴隷を囲い込み、見なし残業やサービス残業で労働力を搾取する」ことを狙っています。

あなたが正社員職であれば、「正社員だからこのくらいやって当然」と重い責任や膨大な業務を押し付け、際限なく労働を搾取することが可能だからです。

一方で、派遣社員であればサービス残業や見なし残業をさせられることはありません。

現在の日本では2015年の「労働者派遣法改正」など派遣労働に関する法整備と労働環境の改善が進められており、基準に違反した派遣会社は営業資格を奪われるなど、派遣労働者の待遇や労働環境は非常に監査が厳しくなっています。

この様な背景から現在の日本のIT業界では、派遣社員の方が正社員よりも不当でブラックな労働搾取を受けにくいのです。

最初は正社員ではなく派遣社員としてIT業界へ転職するメリットについては、以下の記事でも説明していますのでぜひお読み下さい。

IT企業へ正社員就職したい場合は優良中小企業が狙い目

この様に「未経験者からIT業界に転職する場合、正社員就職にこだわるとブラック企業のカモにされるリスクがある」と訴えてきましたが、それでも精神的な安心などを求めて「どうしても正社員就職したい」という方はいると思います。

実際、私自身も未経験者から地方のホワイト零細IT企業に就職して、正社員のWEBクリエイターとして普通のサラリーマンと比べて労働時間などの面で恵まれた待遇を得られています。

中小企業やベンチャー企業の中にも収益性や生産性の高い隠れたホワイト企業があり、私の様に当たりを引けば、正社員として大企業のサラリーマンよりも時間当たりの給与や労働時間などの面で恵まれた待遇を得られる可能性も存在する。

それもまた事実です。

ややギャンブル的で堅実な方法とは言えませんが、ソーシャルゲームでガチャを引く様にその様な穴場のホワイト中小企業への就職を狙ってみるというのも手かもしれません。

優良ベンチャーIT企業や隠れたホワイト中小企業を探して転職するなら「マイナビエージェント×IT」

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。そんなマイナビエージェントの中でも「マイナビエージェント×IT」はIT業界に特化した転職支援・転職サポートサービスとなっています。

IT業界の人材紹介・転職サポート「マイナビエージェント×IT」【公式サイト】



国内最大級の転職支援実績を持つマイナビは全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプとコネを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、そんな豊富なコネクションも駆使しつつ一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

数多くの転職エージェントが存在しますが、IT技術者が優良ベンチャー企業や隠れたホワイト中小企業への転職を狙うのであれば、「マイナビエージェント×IT」が一番おすすめのサービスです。

以下の記事では「マイナビエージェント×IT」のメリットとデメリット、そして注意点を説明しています。転職を検討しているIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「IT業界は大手にもブラック企業が多いので注意!先入観なく就職先を選ぶことがIT企業への転職を成功させる秘訣」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする