不動産仲介業には将来性がない!ノルマのきつい不動産営業マンの仕事を辞めたいなら異業種へ転職を!

人口減少と物件余りの深刻化により不動産仲介業には将来性がありません!

このままノルマのきつい不動産営業マンの仕事を続けていても、将来はますます業界が低迷して生活が苦しくなるだけです。

「不動産営業の仕事は自分には合っていないので辞めたい」

という方はすぐにでも異業種への転職をご検討ください!

未経験の異業種への転職を成功させる可能性を上げる方法は、自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェントを活用することです。

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


不動産営業マンはノルマが厳しく精神的にきつい仕事

不動産営業マンは結果さえ出せれば歩合によって年収1,000万円を稼ぐことも可能ですが、ノルマが厳しく精神的に非常にきつい仕事です。

私の様な根性なしの人間だと、たった3日で辞めたくなるほど想像を絶するほど過酷なのが、不動産営業マンという仕事です。

不動産営業マンの求人を見て「中途採用でも年収1,000万円も稼げるんや!」と飛びついたものの、ノルマのキツさや成果を出さなければ人間扱いすらされない成果主義の厳しさに、結局「ワイにはこんな仕事は無理や!」と心折れてしまう方は非常に多いです。

歴史上の人物だと豊臣秀吉の様な「自分の心を売ってでも天下を取りたい!」「人を騙して契約を取っても良心の呵責を感じない!」というくらいに凄まじい野心と異常なバイタリティに溢れる人間でないと、タフで過酷な不動産営業の世界では通用しません。

ですので、不動産営業マンの仕事を辞めることに対して、「自分は負け犬だ…」「自分は根性なしだ…」などと自分を責める必要は決してありません。

はっきり言って、むしろ不動産営業マンとして成功できる様な人間の方が、人間としては異常で心や人格が壊れています。

むしろ「不動産営業マンの仕事を辞めたい」「こんな仕事から逃げ出したい」と考えるあなたの方が、まともで正常な心を持った人間なのです。

人口減少と物件余りで不動産仲介業の将来は非常に暗い

この様に異常に過酷な不動産営業マンの仕事ですが、「諦めずにノルマに立ち向かい続ければ成功できるんではないか?」「頑張って困難を乗り越えれば道が開けるのではないか?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、その考えは甘いです!

なぜなら、今後の日本は急激に人口減少と物件余りが進み、不動産仲介業自体の将来が非常に暗いからです。

下は総務省が2012年にまとめた「情報通信白書」にある日本の人口推移のグラフです。

日本の人口推移 – 総務省「平成24年版 情報通信白書」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h24/html/nc112120.html

我が国の人口については、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」における出生中位(死亡中位)推計を基に見てみると、総人口は、2030年(平成42年)の1億1,662万人を経て、2048年(平成60年)には1億人を割って9,913万人となり、2060年(平成72年)には8,674万人になるものと見込まれている。

1950年代には8,000万人強だった人口はその後も急激に増加を続け、ピークの2010年で1億2,806万人に達しました。

しかし、その後は日本の人口の伸びは完全に停滞しており、2020年頃から本格的に急激な人口減少が始まり、今後の50年間で日本の人口は約2/3に減少していきます。

「不動産物件の需要は人口に比例する」というシンプルな理屈から考えれば、不動産の需要も現在の2/3に暴落していくことが確実だということです。

そして不動産仲介業という事業は、当然ながら不動産の需要に大きく依存するビジネスです。

現在は東京五輪バブルなどで一時的に活性化している不動産業ですが、バブルの完全収束する東京五輪後を見通すと不動産仲介業の将来は非常に暗いと言わざるをえないのです。

不動産仲介業は泥船。辞めたいならすぐにでも異業種へ転職するべき

この様に先を見通すと不動産仲介業は完全な泥船です。

不動産営業マンの仕事を辞めたいと思っているのなら、今すぐにでも異業種へ転職して泥船から脱出するべきです。

確かに、不動産の需要が高まり続けていた時代であれば、精神的に過酷な不動産営業マンの仕事に耐えノルマを達成し続ければ、高給を得て成功者となれる可能性もありました。

しかし、東京五輪後の不動産仲介業は非常に厳しい冬の時代を迎えることが確実です。

たとえこれから努力と根性で不動産営業マンとして成果を出すことが出来たとしても、まもなく不動産仲介業という事業形態自体が壊滅状態となり、仕事を失って路頭に迷う可能性も高いです。

これ以上不動産営業マンの仕事で消耗していても決して報われない、そんな時代が訪れようとしているのです。

もしも「不動産営業マンの仕事は自分には合わないな…」と感じているのであれば、我慢をせずに今すぐに異業種へと転職することを強くおすすめします。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」


リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートのご提供も行ってくれます。
  3. 企業へのアピール
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「不動産仲介業には将来性がない!ノルマのきつい不動産営業マンの仕事を辞めたいなら異業種へ転職を!」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする