年収300万円(手取り月給20万)一人暮らしで毎月10万円貯金する節約術

このページは実際に30代一人暮らし独身男の私自身が実践している年収300万円(手取り月収20万円)でも毎月10万円貯金することが可能な「超オナニー節約術」とその具体的な方法をまとめています。

また、お得な節約法については、以下の記事で「家賃を0円に出来る裏技」もご紹介しています。こちらも興味あればご覧ください。

現在の日本では長引く不況のために賃金は全く上がらず、また増税などで実質賃金が大幅に下がる中で、貯蓄0円世帯が3割を超えています。

参照:貯蓄0円世帯が約31%も!世代別の貯金なし率 [定年・退職のお金] – All About

そのため

  • 給与が低いので働いても働いても全くお金が溜まらない…
  • 日々の生活費を稼ぐので精一杯で貯金なんて出来ない…
  • 貯金が全くないので将来が不安…
  • 一人暮らしで生活がカツカツ…
  • 親に経済的に寄生できる実家暮らしが羨ましい…

という方がもはや完全に当たり前になってきているのではないでしょうか。

年収300万円(手取り月収20万円)の方でも私が実践する「超オナニー節約術」を真似るだけで、毎月10万円づつ貯金することが絶対に可能です。

毎月10万円のペースで貯金し続ければ、1年で100万円、10年で1,000万円以上の貯金を貯めることが出来ます。

将来の不安の解消のため、老後資金として、私の「超オナニー節約術」を実践してガッツリと貯金を貯めてしまいましょう。

手取り月収30万円で月20万円を貯金する私の家計簿

手取り月収30万円で月20万円づつ貯金、手取り月収20万円で毎月10万円づつ貯金。

いずれにせよ節約術によって毎月の出費を10万円に抑える必要があるということです。

節約術を実践する私の出費も月10万円ですので、実際に月の支出や生活費を計算した家計簿を公開します。

実際に1ヶ月10万円で生活する私の1ヶ月の支出

以下が実際に1ヶ月10万円で生活する私の月間の出費の全てです。(所得税・住民税・社会保険・厚生年金は勤務先の会社に支払ってもらっています。)

住居費(ワンルームマンション):50,000円
食費:25,000円
電気代:4,000円
水道代:3,000円
ガス代:3,000円
日用品費・雑費:15,000円
=========
合計:100,000円

手取り30万円ですので毎月20万円づつ貯金出来ています。

年収300万円(手取り20万円)の方でも私と同様の生活をすれば、毎月10万円は貯金が出来てしまいます。

では、一体どうやって「1ヶ月10万円生活」をしているのか、私が実践している10個の節約術をご紹介していきます。

年収300万円でも毎月10万円貯金出来る節約術の目次

  1. 趣味に金は1円も使わない!全部ネットで楽しむ!
  2. 酒もタバコもパチンコもギャンブルも絶対やらない!
  3. 通信料の高いスマホは持たない!パソコンで十分!
  4. 車は買わない!20キロ圏内の移動は自転車で!
  5. 食事は自炊かスーパーの半額惣菜!絶対に外食はしない!
  6. 1日2食で満足する!間食も絶対にしない!
  7. 昼食は弁当持参!飲み物は水筒のお茶!
  8. コンビニは値段が高いから絶対に入らない!
  9. 服は古着で十分!新品を買うのは下着だけ!
  10. オナニーでストレス解消してシコ貯金!

1. 趣味に金は1円も使わない!全部ネットで楽しむ!

第一の節約術は、「趣味に金は1円も使わない!全部ネットで楽しむ!」ということです。

今の時代はネットがあれば何でも無料でコンテンツを楽しめるようになりました。

何でも無料で楽しめる時代に、趣味にお金を使う必要なんて全くありません。

ネットでブログやニュースサイトを読み漁ったり、好きなユーチューバーの動画を見たり、ウィキペディアで過去の凶悪犯罪者の情報を片っ端から読んだり、Yahoo!知恵袋で性欲を持て余した淫乱四十路人妻のフリをして釣りをしたり、Googleアースで世界の各地を旅した気分になったりしているだけであっという間に時間が過ぎてしまいます。

さらには無料で遊べるネトゲやTwitterなどのSNS、5chなどの匿名掲示板など、全くお金を掛けずに出来るエキサイティングな時間つぶしの方法がネットには無数にあります。

ネットがあれば工夫次第でいくらでも無料で楽しめる時代になりましたので、本当に節約してお金を貯めたいのであれば、趣味や遊びにお金をかけることは一切辞めて全部ネットで楽しむようにしましょう。

2. 酒もタバコもパチンコもギャンブルも絶対やらない!

当たり前ですが、酒もタバコもパチンコもギャンブルも節約の最大の敵です。

飲酒習慣、喫煙習慣などがあると毎月1~2万円程度の出費が余計に掛かってしまいますし、健康に重大な害を及ぼし、長期的に見ても高額の治療費などを支払う経済的な損失リスクが高まります。

アルコールもタバコもやらずに健康維持し定年後も元気に働き続けられれば、それほどの貯金がなくとも生活に困ることはありませんし、将来の不安やリスクを低減させる意味でも禁酒・禁煙は非常に有効です。

究極の無駄遣いであるパチンコなどのギャンブルについては言うまでもありません。

期待値計算の出来ない素人の場合、一時的に運良く勝てることがあったとしても、やればやるほど最終的には絶対に損をするパチンコやギャンブルなどに金をつぎ込んでいるようでは、絶対に貯金なんて出来ません。

3. 通信料の高いスマホは持たない!パソコンで十分!

キャリア携帯の場合月額8,000円もするスマホ利用料。

スマホ本体の代金も合わせれば毎月1万円もの支払いになってしまいます。

手取りの収入がたった20万円程度しかないのに、毎月1万円もの高額の使用料金を支払い続けるなんて冷静に考えて正気ではありません!

私自身は極度の電話嫌いで電話を全くしないので、スマホは完全にお金の無駄だと思い、1万円の解約料を支払って解約してしまいました。

お陰でそれ以降は毎月の通信費の支払いは0円です。

※スマホの契約は2年契約ですので、ちょうど契約更新から2年目に解約すれば解約料は掛かりません。契約解除料の条件については詳しくはこちらをご覧ください(AU公式サイト)。

貯金をしたいのであればスマホなんて持たずにパソコンでネットを楽しむようにしましょう。

電車などでの移動中にスマホでネットを見ても、本当にリラックスして集中することが出来ませんし、他人の目が気になってエロ動画を安心して見ることも出来ません。

電車の様な公共の場でスマホを弄ってても結局は中途半端にストレスが溜まるだけですし、手のひら程度のサイズのスマホの小さい画面ではエロ動画もYouTubeも迫力不足です。

その他にも、沢山の動画を見過ぎたりなどして容量オーバーすると回線が遅くなるなど、実用性から言えばスマホでのネット利用は不自由さがてんこ盛り。

いっそのこと「ネットは家でパソコンでやるもの」と割り切ってしまった方がいいです。

最近では、非常に安価でネットをするには十分なスペックのパソコンが購入できるようになりましたし、ネット回線付の賃貸物件も当たり前になってきましたので、スマホなど持たずにパソコンでネットをしましょう。

ネットをするだけなら5万円のデスクトップパソコンを買えば5年は使える

超ハイスペックで処理能力の非常高いゲーミングパソコンなどではなく、普通にネットをするなら5万円でデスクトップパソコンとディスプレイを買えば5年間は使うことが出来ます。

私自身も5年前に7万円程度で購入したデスクトップパソコン&モニターを今も全く何の不自由なく使用しています。

現在は私がパソコンを購入した当時よりさらにパソコンのスペックが上がり価格が下がっていますので、5万円台の予算があれば十分です。

ただし、購入するのはあくまでも格安のデスクトップパソコンがオススメです。ノートパソコンはオススメしません。

経験上、格安のノートパソコンは構造的に脆いのか、使用開始から3年程度で動作が重くなるなど使用に不便さを感じる様になるからです。

以下のパソコン本体が4万円程度。格安価格でコンパクトなサイズから、Amazonディスクトップパソコンの一番人気商品です。


mouse デスクトップパソコン LM-FC041ZD/Celeron G4900/4GB/1TB/Win10

以下のディスプレイの価格が1万円程度。こちらも人気商品で上記の本体とセットで買われています。


I-O DATA モニター ディスプレイ 23.8型 EX-LD2381DB (広視野角/ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証/土日もサポート)

合計して5万円台です。

本体のサイズも薄くコンパクトでディスプレイ画面もあまり大き過ぎずに、それほど場所も取りません。

このパソコンを買ってしまえば5年間は快適にネットし放題です。

もしもスマホを買えばスマホの本体価格も含めて月1万円×5年間(60ヶ月)で支払う料金は60万円。

パソコンでネットをするよりも55万円もの余計なお金が掛かってしまいます。

そんな無駄使いをしていて貯金など出来る訳もありません!

貯金をしたいならスマホを解約してパソコンでネットをしてください。

どうしてもスマホを持ちたいなら格安携帯を

私はスマホを完全に解約してしまいましたが、「スマホなしの生活なんて日本人としてありえない!」「スマホを手放すなんて嫌だ!」という方も多いと思います。

その場合は、格安スマホに乗り換えてしまってください。

初期費用0円で月額の支払いも2,000円~3,000円台と、AUやドコモなどの通常のキャリアよりも月額5,000円以上も安い料金でスマホが使えます。

月3,000円×5年間(60ヶ月)で支払う料金の合計金額は18万円。

5万円代の出費で5年間ネットを楽しみ放題のデスクトップパソコンよりは高いですが、月額1万円・5年間で60万円の通常のスマホ料金よりは遙かにマシです。

詳しくは以下のサイトからご確認下さい。現在は最大13,000円のキャッシュバックキャンペーン中ですので、乗り換えるなら今がお得です。

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】



もしも家にネットに接続できる回線がない場合

もしも家やアパートにネット回線がないなら、無料でネット回線が使える賃貸物件に引っ越ししてしまいましょう。

山奥のド田舎のボロアパートとかでなければ、無料でネット回線が使える賃貸物件は当たり前になってきています。

「キャッシュバック賃貸」から賃貸物件を契約すると最低1万円から最大10万円の祝い金が必ず貰えるのでお得です。

祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」



4. 車は買わない!20キロ圏内の移動は自転車で!

これはもはや改めて言う必要もないかと思いますが、自動車は壮大な金食い虫です。

車体本体の価格が軽自動車でも100万円前後、燃料費に車検費用などの維持費、さらに保険料、その他都市部であれば駐車場代も馬鹿になりません。

5年間も車に乗れば最低でも200万円以上のお金は軽く飛んでいきます。

収入が多くもないのに車なんて買っていたら貯金なんて夢のまた夢です。

都市部であればマイカーがなくとも電車やバスを利用すればいい話ですし、地方にお住まいの方の場合も、健康の為にも自転車を買って20キロ圏内の移動は自転車で済ますようにしてしまいましょう。

私も地方在住ですが、数年前まで毎日片道20キロ(往復40キロ)を自転車で片道40分かけて通勤していました。地方の郊外は首都圏と違って人が少なく歩道も空いていますので、自転車で爽やかにストレスなく通勤出来ます。

自転車通勤はダイエットにも運動不足解消にもなりますし一石二鳥です。

自転車は以下の様なタイプのオーソドックスな普通のママチャリが一番使い勝手がよく無難です。Amazonから8,000円程度で購入できます。


秋のサイクルキャンペーン AIJYUCYCLE 折りたたみ自転車 20インチ P-008 カゴ・フロントLEDライト・ワイヤーロック錠付き シマノ6段変速ギア 折り畳み自転車 小径車 ミニベロ PL保険加入 (ブラック)

車がないと生活できない地域の場合は月額1万円のカーリースがオススメ

私自身は「車なんて要らない!買う必要なんてない!」と思っています。

しかし、それでも延々と田園が続くような田舎に住んでいるなど、やはりどうしても絶対に車が必要という方もいるかと思います。

その場合は車検・税金など維持費が全てコミコミで定額料金で車に乗れる格安カーリースがおすすめです。

マイカーリースサービス「マイカー賃貸カルモ」では、軽自動車が大人気です。頭金や初期費用なども一切なく月額1万円台から新車に乗ることが出来ます。

月額1万円台で新車に乗れる「マイカー賃貸カルモ」



普通に車を買って5年間も乗れば自動車保険料や車検代なども含めて最低でも200万円以上のお金は掛かりますので、月額15,000円×60ヶ月として90万円程度で車に乗れる格安カーリースを活用することで、100万円以上の支出を減らすことが出来ます。

人口10万人以上のほどよい地方都市の郊外がコスパ面では最強

ド田舎や山奥の物件は家賃が安いですが、しかし、金食い虫である自動車が生活に必須になりますのでコスパ的には居住地としてはオススメ出来ません。(そもそもド田舎には年収300万円の給与を貰える仕事がほとんど存在しないと思いますが…)

  • 10万人以上のほどほどの人口の地方都市
  • 市の都心部や繁華街からは少し離れた郊外
  • 自転車で30分以内で職場にもイオンモールなどの大型商業施設にも行ける立地

という物件に住むのが、一人暮らしのワンルーム賃貸・1K賃貸なら家賃は月3万円~5万円とそれほど高くなく、車が不要で交通費も掛からない生活が可能であり、最もコスパに優れます。

例えば、サラリーマン・OLとして北関東の茨城県水戸市(人口27万人)のオフィスで働くなら、赤塚駅周辺の物件を借りるのがオススメです。

赤塚駅から西に6キロ行くとイオンモール水戸内原があり、東に6キロ行くと水戸市の市街地中心部があり、ママチャリに乗って片道30分程度で通勤・買い物が可能です。

自動車も電車も使わないので交通費も掛かりませんし、毎日の自転車通勤で運動不足解消になります。

貯金を少しでも貯めたいなら、この様な地方都市のやや郊外の物件に住み、自転車の機動力をフル活用するコスパ抜群のママチャリ節約生活を送ってください。

「キャッシュバック賃貸」から賃貸物件を契約すると最低1万円から最大10万円の祝い金が必ず貰えるのでお得です。

祝い金がもらえる賃貸情報サイト「キャッシュバック賃貸」



5. 食事は自炊かスーパーの半額惣菜!絶対に外食しない!

4番目の節約術として私が実践しているのは、「食事は自炊かスーパーの半額惣菜!絶対に外食しない!」ということです。

飲み物なども買えば軽く1食500円を超えてしまうコンビニ弁当や、安いチェーン飲食店を利用してもどんなに安くとも500円前後は掛かってしまう外食はせず毎食自炊すれば、食費を大幅に削減できます。

1食500円で1日3食べてそれを30日間。

外食やコンビニ弁当ばかり食べていては食費だけで月45,000円もの出費になってしまいます。

私は外食も一切せず、弁当なども買わず1日で800円・月25,000円の食費で生活しています。

外食したりコンビニ弁当などばかりを食べてしまう方は、私と同じ食生活を実践するだけで月2万円も生活費を減らし貯金に回すことができます。

とりあえず米さえ炊いておけば、仕事帰りにスーパーで半額惣菜を買ったり冷凍食品や納豆などと組み合わせて簡単に食事を済ますことが出来ますので、以下の様な3,000円~4000円台の安くて多機能の炊飯器を買っておくと便利です。


多機能 炊飯器 5機能搭載(炊飯、お粥、雑炊、ヨーグルト、ケーキ)

毎日米を研ぐのも結構面倒ですし、近所のスーパーで米を買って家に持ち帰ってくるのも大変なので、ものぐさな私はいつも以下の安い無洗米(5キロで2,500円弱)をAmazonで買っています。


【精米】【Amazon.co.jp限定】秋田県産 無洗米 あきたこまち 5kg 平成30年産

6. 1日2食で満足する!間食も絶対にしない!

私の場合は朝食は面倒なので作らず1日2食。昼と夜だけ食べます。

平日の朝は軽くお茶とバナナ1本だけ。休日は昼近くまで寝て朝食抜き。

平日の昼食は、電子レンジでチン出来る冷凍食品やプチトマトやレタスなどを適当に入れて、前日の夜に簡単に作って冷蔵庫に入れておいたお弁当。休日の昼食は大体インスタントラーメンです。

夜も面倒なので仕事帰りに買ったスーパーの半額惣菜か、休日の場合は納豆ご飯か玉子かけごはんとみそ汁などの簡単な食事で済まします。

酒やアルコールは一切飲みませんし、おやつを買って食べたりなどの間食も一切しませんので、おやつ代なども全く掛かりません。

1日2食でこの食事は少ないように思うかもしれませんが、デスクワークをする30代以上の場合、本当はこのくらいがちょうどいいカロリーです。

逆にこれ以上食べるとカロリー過多で太ります。

私も肉体労働の力仕事をしていた20代の若い頃は今の3倍は食べていました。

しかし、30代になって今の仕事に転職してからもそのままの食生活を続けていた結果、元々かなり痩せていた体重が5キロ増え「このままでは肥満になる!」と現在の1日2食の食生活に変えました。

大して体を動かしもしないデスクワークで新陳代謝の落ちる30代の場合、この様な簡素な食事でカロリー的に十分です。

ただ、私の場合栄養のバランスが崩れると全身蕁麻疹の様な酷い肌荒れになってしまう体質なので、簡素な食生活でも果物はかなり意図的に多く食べるようにしています。

7. 昼食は弁当持参!飲み物は水筒のお茶!

上の「1日2食で満足する!間食も絶対にしない!」でも書きましたが、私の昼食は前日夜に冷凍食品やプチトマトなどを入れて簡単に作っておいた弁当です。

飲み物は水筒に入れておいたお茶を飲みます。

コンビニの弁当などは高いですし、ペットボトルの飲み物なども買えば1本150円前後します。

自分で安いほうじ茶パックなどを買ってお茶を水筒に入れておけば、飲み物代なんてほとんどタダです。

以下の100杯分のほうじ茶パックが800円弱。1杯ではたった8円で飲めますので節約になります。


伊藤園 おーいお茶 さらさらほうじ茶 80g (チャック付き袋タイプ)

ペットボトル飲料代150円程度の出費など些細な金額ですが、それを1日2本ほぼ毎日繰り返していれば、月間で9,000円と1万円近い支出になってしまいます。

本気で貯金をしたいならお茶は自分で作って水筒に入れておきましょう。

以下の水筒(500ml・約2,000円)は軽量で持ち運びやすくAmazonで一番人気です。


タイガー 水筒 500ml 直飲み ステンレス ミニ ボトル なめらか 飲み口 サハラ マグ 軽量 夢重力 アイス ホワイト MMZ-A501-WS Tiger

8. コンビニは値段が高いから絶対に入らない!

上でも繰り返し書いてきたことですが、コンビニは商品の値段が高いので私は絶対にコンビニで買いものをしません。

ガチな話、前回コンビニで買い物をしたのが2年前の夏ですので、2年間コンビニ入ってすらいません。

一度コンビニにフラっと入ってしまうと、思わず誘惑に負けて余計な物や美味しそうなおかしなどをついでに買ってしまいますので、私は最初から「どうしても必要なものがある」という時以外はコンビニに足を踏み入れないことをマイルールにしています。

コンビニでのちょくちょくとした買い物も積もり積もれば結構な金額になってしまいますので、節約して貯金をしたいのであればコンビニには足を踏み入れないようにしましょう。

9. 服は古着で十分!新品を買うのは下着だけ!

私は基本的に服は一切買いません。会社の同僚や大学時代にサークルの先輩達から大量に貰ったお下がりの服を着ているからです。

今の服は丈夫でデザインも良く何年も余裕で着ることが出来ますので、オシャレなどに無頓着な私は、先輩たちに貰った服を着ていれば特に問題ないのです。

下着や靴下は履いているうちに破れたりヨレヨレになったりしますので、たまにパンツとか靴下とかシャツとかの下着を安くまとめて買うくらいです。

私の様に服を貰う当てがない場合や、オシャレや流行に敏感な女性の場合も、新品の服じゃなく古着を買えば十分です。

服なんて一度着れば古着になるのに、わざわざ割高の金を払って新品の服を買う必要などありません。

新品の洋服を買うのは、本当に馬鹿らしい自己満足の浪費です。

特にフリマアプリの「メルカリ」を利用すれば非常に簡単に、そして市販の半額以下など遙かにリーズナブルな価格で古着が買えますので、積極的に利用して被服費を節約してしまいしょう。

10. オナニーでストレス解消してシコ貯金!

最後の節約術は精神論です。

オナニーでストレス解消してシコ貯金(オナニー貯金)!

切り詰めた節約生活でストレスがたまったら、オナニーでスッキリとストレスを解消してしまいましょう。

ネット無料動画などを探してオナニーでストレスを発散していれば、酒・タバコ・風俗・パチンコ・競馬などに高いお金をつぎ込む必要などありません。

飲酒・喫煙・風俗・ギャンブルなどは究極のお金の無駄遣いですので、貯金をしたいなら絶対にこれらの習慣から自分を遠ざけてください。

風俗に行って抜けば1回2万円、オナニーをすれば完全にタダで1円も掛かりません。

1回オナニーをする度に「今自分はオナニーをすることで2万円を貯金しているんだ!」という気持ちを持てば、オナニーの虚しさが消え前向きのメンタリティを保てます。

AV女優でのオナニーよりもアイドルでのオナニー(特にヲタからズリネタにされるとオマンコ濡らして喜ぶ真性変態ドM揃いのハロープロジェクトのメンバーでのオナニー)は、精神的な満足度も非常に高くオススメです。

年収300万円でも毎月10万円貯金出来る節約術のまとめ

改めて私が実践している年収300万円でも毎月10万円貯金出来る節約術10選を箇条書きでまとめます。

  1. 趣味に金は1円も使わない!全部ネットで楽しむ!
  2. 酒もタバコもパチンコもギャンブルも絶対やらない!
  3. 通信料の高いスマホは持たない!パソコンで十分!
  4. 車は買わない!20キロ圏内の移動は自転車で!
  5. 食事は自炊かスーパーの半額惣菜!絶対に外食しない!
  6. 1日2食で満足する!間食も絶対にしない!
  7. 昼食は弁当持参!飲み物は水筒のお茶!
  8. コンビニは値段が高いから絶対に入らない!
  9. 服は古着で十分!新品を買うのは下着だけ!
  10. オナニーでストレス解消してシコ貯金!

これらの節約術を身をもって実践している私が言いたいことは、本当に無駄をなくして本気で節約をすれば、年収300万円であっても毎月10万円貯金することが十分に可能だということです。

「本気で貯金をしたい!」という方は私の節約術で頑張ってみてください。

また、お得な節約法については、以下の記事で「家賃を0円に出来る裏技」もご紹介しています。こちらも興味あればご覧ください。

20代の若者の場合、貯金するには転職して年収を上げてしま方が楽

以上の様に節約術について説明して来ました。

しかし、もしもあなたが年収300万円の20代の若者の場合、生活の無駄を徹底的に切り詰めて必死に節約するよりも、転職して年収を上げてしまった方が楽に手っ取り早く貯金を増やすことが出来る可能性が高いです。

以下の記事で書いている様に、現在の日本は戦後最大の人手不足の売り手市場ですので、20代の若者であればいくらでも挽回のチャンスがあるはずです。

20代であれば現在よりも100万円近く年収の高い職場に転職できる可能性は十分にありますので、転職活動にチャレンジしてみましょう!

もしも転職活動に挑戦して上手く行かなったから…

私の様にドケチになって生活費を切り詰めまくって貯金してください(笑)

転職活動は働きながらでもできるので、もしかしたらの可能性にかけて転職活動に挑戦してみてもリスクは全くありません。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1「リクルートエージェント」

リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 転職市場でのあなたの強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 質の高い非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートの提供も行ってくれます。
  3. 企業への抜群のアピール力
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「年収300万円(手取り月給20万)一人暮らしで毎月10万円貯金する節約術」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする