年収500万も可能!施設警備員を辞めたい30代後半の男性へオススメの転職先は工場勤務

職場によっては夜勤もあるなど拘束時間が非常に長い割に、30代の正社員でも額面で年収300万円程度の賃金が当たり前の施設警備員という仕事。

その様なまともに貯金も結婚も出来ない様な厳しい経済状況で、「給料が安い施設警備員の仕事を今すぐ辞めたい!」という30代後半の男性へオススメの転職先は工場勤務です。

警備員の平均年収は管理職でも400万円程度。転職してすぐに年収400万円以上を得られる様な施設警備員の求人など存在しません。

しかし、無料の寮に住むことが可能で全く住居費の掛らない工場勤務の仕事なら、転職してすぐに実質的に年収500万円を稼ぐことが可能です。

拘束時間の割に給料が余りにも安い施設警備員

施設警備員は拘束時間の割に給料が余りにも安い仕事です。

警備員の年収は平均301万円(賃金構造基本統計調査)。

国税庁・厚労省の統計などを元にした年代別年収のデータでは、30代の平均で300万円に年収300万円に届かず、管理職の役職を得られる50代になって何とか400万円程度の年収という賃金水準。

■警備員の年代別年収

30代の年収が約284.7万円
40代で331.1万円
50代で397.3万円

ボーナスが出ないのは当たり前。資格手当や職長手当を貰っている一部の隊員を除けば昇給もなく、学生バイトも勤続10年のベテランもほとんど同じ日当で働かされ、どんなに頑張っても年収は税引前で300万円止まり。

30代の働き盛りで200万円から250万円程度の年収も当たり前。

会社によっては交通費すら出ないのも当たり前。有給休暇がないのも当たり前。退職金がないのも当たり前。家族手当や住宅等の手当の様な手厚い福利厚生なんてあるはずもない。

真面目に頑張って休むことなく働いてもこの程度の待遇しか得られないという奴隷労働。

特に夜勤などのある施設警備の場合は拘束時間が非常に長く、拘束時間を時給換算すると時給600円代など、実質最低賃金以下の賃金水準も当たり前。

「こんな底辺職をいつまでも続けてられるか!転職して辞めてやる!」というあなたのお気持ちは本当にごもっともです。

しかし、転職すると言っても30代後半ではなかなか年齢的に難しいのが、現在の日本における労働市場の現実です。

30代後半になると正社員としてはまともな会社に採用されない現実

現在の日本は人手不足の売り手市場とは言われています。

しかし、それはあくまでも将来性のある20代の若者や30前半までの若手サラリーマンに限った話です。

残念ながら警備員しか職歴がなく30代後半になってしまうと、異業種に転職しようとしても正社員としては年収400万円や年収500万円といったまともな給与が貰える様な企業に採用されません。

30代後半でも異業種への中途採用で働くことの出来る職業としては、タクシードライバーなどの仕事もありますが、警備員と同様に拘束時間の割に非常に賃金が低く、

タクシードライバーの年収は2014~2015のデータで275万円、月収20万円程度。

これではどんなに節約しても貯金をすることは困難ですし、何かとお金の必要になる結婚などは夢のまた夢です。

今のまま施設警備員の仕事を続けてもまともに稼げない…かといって今さら転職しても30代後半という年齢の問題でまともな職に就くことが出来ない…

そこであなたが活路を見出せる第三の選択肢が、給与や待遇の良いホワイトな非正規労働をしてお金を稼ぐことです。

大手ホワイト企業の非正規社員では年収400万円も可能

非正規社員でもあってもトヨタやホンダや大手自動車会社の自動車工場のライン工など、大手ホワイト企業での勤務であれば年収400万円も可能です。

派遣労働者や非正規労働者であっても勤め先が大手企業の工場などであれば、残業代も10分単位でキッチリと支払われるなどサービス残業が横行するブラック企業より待遇や労働環境も遥かに整備されており、時給換算で見た場合の給与水準も薄給激務のブラック企業に比べればかなり高くなっています。

ブラック企業の正社員の場合、月300時間労働で手取り20万円などの待遇や給与水準が当たり前ですが、労働法規やコンプライアンスの遵守された大手の派遣労働者や非正規労働者として働いていれば、月300時間の労働をすれば確実に30万円程度の月収は得ることが出来ます。

また、大手ホワイト企業の非正規社員の待遇は、ブラック企業の正社員とは違い、夜間の労働には夜勤手当が付く、残業には残業時間分の時給の他に残業手当が付く、既定の契約期間を欠勤なく働けば数10万円の満了慰労金が給付されるなど、給与の保障も非常に充実しており、それが積み重なれば非正規社員で年収400万円も十分に可能なのです。

自動車工場のライン工などは体力的に厳しい仕事ですが、企業風土もクリーンでブラック企業の様な理不尽は絶対にありませんし、労働時間や休憩時間なども労働規約によってしっかり適正に管理されていますので、非常に拘束時間が長く実質的に最低賃金並の給与で働く正社員の施設警備員よりも遥かにホワイトな労働環境と言えます。

非正規労働者であれば工場勤務の仕事がおすすめな理由は以下の記事に私自身の体験談も交えて書いています。工場勤務の仕事に興味があれば、こちらも是非お読み下さい。

寮付の工場なら住居費がタダ!実質500万円の年収と同じ

この様に非常にホワイトなら工場勤務の仕事ですが、無料の寮付の工場なら毎月の住居費の支払いがタダになります。

一人暮らしのアパート代やマンション代が月5万円から6万円として、年間の住居費は60万円から70万円以上。

無料の寮を完備した工場に勤務すれば、この多額の支払が完全にタダです。

年収400万円以上プラス、浮くお金が年間で60万円から70万円。実質的にほとんど500万円近い年収となります。

例えば年収300万円の施設警備員の方の場合、寮付きの工場に勤めることで実質的な年収は約200万円も跳ね上がりますので、「給料が少なくてほとんど貯金も出来ない…将来が不安だ…」とお悩みの方も余裕で毎年200万円、5年も働けば1,000万円も貯金が可能です。

また、「貯金よりも少しは贅沢をしたい」という方も確実にワンランク上の生活が可能です。

賃金の安い施設警備員を辞めたいなら、コスパ良く稼げる工場勤務に転職して人並み以上の貯金なり贅沢なり自分の目標を実現してしまいましょう。

40代も大歓迎!工場勤務の仕事に特化した求人サイト「工場求人ナビ」

「工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。

工場系の求人が非常に豊富で寮完備・月収30万円以上などの求人も数多く紹介しています。

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」



トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人が豊富なことに加え、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録されており、年収400万円以上の高報酬も可能です。

働かれている方の年齢が幅広く50代の方なども現場で活躍されており、勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。

「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業ですので、遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

また、特に工場勤務初心者の方には注意点がありますので、登録の前に以下の記事を必ずお読み下さい。

工場勤務の仕事をご検討の方は以下の公式サイトから応募下さい。

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」

以上、「年収500万も可能!施設警備員を辞めたい30代後半の男性へオススメの転職先は工場勤務」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする