既婚者は勝ち組でなく負け組。独身者より重い責任と負担を背負い人生の自由と可能性を奪われる

昭和の時代までは「男は結婚して一人前」という社会の風潮がありました。

しかし、現在の日本では既婚者の大半は人生の勝ち組ではなく負け組であり、「結婚したら負け」というのが現実です。

なぜ現在の日本では独身者が勝ち組で既婚者は負け組なのか?

それは、結婚の本質はそれに伴う重い責任と負担によってその後の人生の自由と可能性を奪われる「終身懲役刑」であるからです。

日本中で騒がれた天才も結婚で夢を諦め平凡な労働者に成り下がる

今から約20年前、日本初の飛び級での大学入学で巷の話題になった天才少年をご存知でしょうか?

高校二年生でアインシュタインの相対性理論を理解し、理系科目は秀才の集う進学校でもほとんど学年1位。そして飛び級で千葉大学工学部に入学。

かつての天才少年だった彼は今ではノーベル賞も狙える高名な研究者になっているのではないか?

と思いますね。

しかし、現実では現在の彼はその様な社会の成功者や勝ち組ではなく、手取り月収30万程度の平凡なトラックドライバーです。

学生結婚をしていた既婚者の彼は、妻子を養うために研究者としての成功の夢を諦め、トラック運転手という安定して稼げる職業に就かざるを得なかったからです。

■高2で相対性理論を理解

ちょうど20年前の’98年春、千葉県在住の高校2年生・佐藤和俊さんは、新聞各紙、テレビ各局で大々的に取り上げられた。それは日本初の「飛び級」で千葉大学工学部に入学を果たしたからである。

佐藤さんは、千葉大学が行った物理学の分野で優秀な人材を募集する「飛び入学」選抜に合格した天才少年だった。

いまや37歳となった佐藤さんは、現在の仕事についてこう語る。

「トラック運転手をしています。時間は不規則で、朝の3時から走り出すこともありますね。ただ、日曜と祝日は休みなので、家族と過ごせる時間がきちんとあることがありがたいです。」

どんな道のりを歩んで、神童はトラック運転手になったのだろうか。佐藤さんはこう振り返る。

「中学2年の終わりころ、数学の授業で先生から『今見ている星は消滅している可能性がある』という話を聞いたんです。それから、『光ってなんだろう?』って考え始めたんですよね。

いろいろ勉強してみたくなり、それこそ相対性理論だったり、量子力学だったり……だから、数学と理科をやらなきゃ理解できないって思ったんです。本気で勉強を始めて、中3のときは、数学と理科の試験は何度も満点を取りました」

高校受験は志望していた地元の進学校に進む。高校では化学部に所属。加えて、数学、物理、化学を重点的に勉強した。

「数学、物理、科学、英語の試験はだいたい満点で、この4科目は学年1位のことがほとんどでした。国語や社会は赤点だったりもしましたけど(笑)。高2の夏休み前から相対性理論を勉強し始めて、秋には理解できるようになっていたと思います。

飛び級制度は、高2の夏ごろにたまたま知って挑戦することを決めました。量子力学などの勉強を早くしたかったんです。高校の物理は、自分が疑問に思ったことに対してあまり答えが出てこなかったんですよ」

佐藤さんは高校3年生を経験しないまま、千葉大学工学部物質工学科に通うことになった。新聞やテレビから次々と取材を受けて、周囲がザワつくこともあったが、佐藤さんは特に気にならなかったという。吹奏楽のサークルにも入り、大学生活を満喫した。

「大学3年になって研究室に入り、半導体について勉強していました。将来は研究者になりたいと考えるようになりましたね。やはり、紙の上だけでなく、実験をやることが楽しかったんです」

佐藤さんは千葉大学大学院に進学する。修士課程を終えると、宮城県にある財団法人の研究所で研究職に就いた。だが、昨今、大学院を出ても研究者として安定した職を得るのは困難というのは、よく知られた話である。それは元「天才少年」でも同じだった。

「研究職として月給は手取りで約20万円でした。しかも、1年契約で何年更新できるかもわからなかった。大学院生時代に中学時代の同級生と結婚して、娘も生まれました。

子どもがいる状態で、1年契約の仕事をすることは不安でしたね。安定した生活にシフトしたいという気持ちになり、研究職は1年で辞めて、地元の千葉に戻りました」

佐藤さんの頭脳は、セカンドキャリアを探すときに生かされた。トラック野郎に憧れた佐藤さんは学生時代に大型免許、大型特殊免許、牽引免許を教習所に通わず、独学で試験を受けて取得していたのだ。佐藤さんはすぐに大型トラックの運転手の職を得られた。

その半年後、縁があって研究職に戻り、千葉大学特任研究員を1年半務めた。ただし、研究をしながらも、家族を養うために予備校講師のアルバイトもしていたという。

「研究員を辞めた後も、予備校講師として約3年半ほど働きました。ただ最終的には不安定な職なので、トラックの運転手に戻ったんです。免許を持っていれば、まず仕事にあぶれることはありません。

今の会社は今年で4年目です。手取りで月30万~35万円ほど。研究職のころに比べると収入は安定していますよ」

研究職に未練はまるでないと言うように、佐藤さんは笑顔でこう続ける。

「デコトラ(装飾がついたトラック)にも乗りたいんですが、入れてくれない現場もあるのでなかなか難しいんです、でも、自分のトレーラーには、怒られない範囲で電飾はつけています。

仕事のやりがいを聞かれると困るんですが、とにかくトレーラーは走っているのが楽しいんですよね」

トラック運転手は立派な仕事だとは思いますが、しかし、未来の日本を背負う天才と日本中で騒がれた天才少年が手取り30万程度の賃金で中卒のドキュンでも出来る様な肉体労働者の仕事をしている。

はっきり言ってこれは本人にとっても不幸なことですし、社会にとっても重大な損失以外の何物でもありません。

彼は身軽な独身者ではなく既婚者であったために、一家の大黒柱として家族を養うという重い責任と負担を背負わされ、リスクを冒して夢に挑戦する自由と未来への可能性を奪われたのです。

独身者と違いリスクを負って夢に挑戦することが許されない既婚者という負け組

家族を養うために、夢に挑戦し続けることを諦め、平凡なサラリーマンの仕事で稼がざるを得ないという苦渋の決断。

これは上で紹介した元天才少年トラック運転手の例に限らず良くあることです。

もちろん夢を追ってユーチューバーなどで成功を掴めば、年収何億という莫大な収入を得られ勝ち組の成功者となります。

しかし、競争を勝ち抜いて頂点に上り詰めることの出来る成功者は全体からすればほんの僅かですし、たとえ周囲から天才と認められるほどの才能の持ち主であったとしても絶対に100%成功出来るという保証はありません。

そして、結婚していて養うべき妻や子供がいれば、挑戦に失敗して経済的な面などで妻子に苦労をかけることは許されない。

つまり独身者と違いリスクを負って夢に挑戦することが許されない既婚者は、勝ち組の成功者となれるを機会を損失している。人生の負け組であると言えるのです。

生活の為にどんなに嫌な仕事でも辞められない既婚者という負け組

以上は“天才”と呼ばれるような人間が成功を目指して挑戦を続けられるかどうかという意識高い話でしたが、逆に私の様な意識の低い人間にとっても結婚問題は重大です。

「糞ムカツク上司にペコペコしていたくない…」「仕事内容が嫌過ぎて辞めたい…」「仕事のストレスで鬱になりそうだ…」

と現在の仕事を続けることを辛く思っていても、独身者とは違い妻子を養わなければならない立場の既婚者は、重い責任と負担に縛られているので、簡単に安定を捨てて仕事を辞めるという選択肢が許されないのです。

その結果、「家族のために…」と心身をすり減らしても我慢をしてブラック企業で働き続け、鬱病が悪化して離職。

最後には家族にも見放されて離婚。

そして生きる希望を失い自殺か孤独死。

という流れは、日本の自殺者や孤独死者の多くを占める絶望の黄金パターンです。

以下の東洋経済オンラインの記事に書かれている様に、離婚者の自殺率は未婚者の数値を上回ります。

一流大学を出て一流ホワイト企業で働くごく一部の勝ち組エリートでもない限り、妻子のある既婚者は自分の夢も捨て歯を食いしばって「家族のために安定した収入を稼がないと…」と辛い仕事や社畜労働にひたすら耐える人生となりがちです。

既婚者はそれだけの重い負担を背負い人生の夢も捨て、安定収入の為に大きな犠牲を払い続けて来ただけに、家族を失った時に全く何も残らなくなってしまう…

喪失感が非常に大きいのです。

それが離婚者の自殺率の高さの要因です。

「結婚したら負け」というのもあながち滅茶苦茶な放言でもないのです。

独身でいることで人生の自由と選択肢が大きく広がる

この様に重い責任と負担を強い人生の自由と可能性を奪うのが結婚です。

逆に言えば、結婚せずに独身でいることで自由と選択肢が大きく広がるということです。

  • 自分の好きなことに挑戦しいつまでも夢を追い続ける
  • 自分ひとりが暮らしていける様な収入で楽な仕事をする

ということも出来ます。

さらに養うべき家族のいない身軽な独身者であれば、セミリタイアの難易度やハードルも非常に低くなります。

結婚している既婚者であれば子供の教育にマイホームにと膨大なお金が必要となりますので、馬車馬のように必死に働いてお金を稼ぎ続けなければいけません。

しかし、独身者であれば親と同居しながらひたすらこつこつと貯金を貯め、ある程度の貯金が溜まったら会社を辞めて貯金を取り崩しながら、たまに少しだけバイトして生きるという夢の様なライフプランも可能です。

つまり辛い社畜労働から解放された勝ち組となれるということです。

親と同居の独身者であれば家賃や食費なども掛かりませんので、低賃金であっても倹約すれば1,000万円程度の貯金は5年くらいで貯めることが出来ます。

独身者なら1,000万円も貯金があれば節約して質素な生活をすれば10年は生きられます。

独身者ならパラサイト出来る親がいなくともセミリタイアが可能

「そんなセミリタイア生活が送れるのは、実家に寄生してパラサイト出来る子供部屋おじさんだけじゃないか?」と思われるかもしれません。

いいえ、そんなことはありません。

養う家族のいない独身者であれば、社畜生活から解放されるなんちゃってセミリタイア生活は可能です。

その方法はズバリ、無料の寮・食事付きの期間工(工場労働者)として働くことです。

無料の寮・食事付きの期間工は経済的に実家住みと同じ

無料の寮・食事付きの期間工になれば、経済的には実家住みの独身者と全く同じです。

妻子のいる既婚者であれば家族の住居も確保しなければいけませんが、独身者であれば提供される寮さえあれば住居費も食費も全く掛かりません。

「工場労働者が働く無料の寮」と聞いて、不潔で薄汚れた部屋に複数人で雑魚寝させられる昭和のタコ部屋労働みたいな地獄絵図を想像してしまう方もいるかと思いますが、大手の工場ではその様な心配は全くありません。

一人一人に以下の様にちゃんとした清潔でまともな部屋が無料で提供されます。


アイシン精機・岡崎土井寮(住所:愛知県岡崎市土井町荒井甲5)

簡易的な壁や仕切りで分けただけのインチキな個室ではなく、ちゃんとしたワンルームの個室アパートにタダで住むことが可能なので、一人暮らしの独身者にとっては非常にお得です。

普通に働いて生活していれば住居費と食費だけで毎月10万前後のお金は掛かります。おそらくこの住居費と食費が一人住まいの独身者にとって家計の出費の中でも最大の項目です。

そのためセミリタイア出来るほどの貯金を貯めることは決して簡単ではありません。

しかし、寮・食事付きの期間工になれば、これらの生活費を大幅に削減できますので馬鹿みたいに効率よく簡単に貯金を貯めることが出来ます。

期間工は給与も高い。職歴・学歴不問で月給30万円以上は普通に稼げる

しかも期間工は職歴・学歴不問で月30万以上は普通に稼げてしまうので、月給20万円程度の派遣社員などとは比べ物にならない給与水準ですし、中途半端な薄給の中小企業で正社員として働くよりもよっぽどお金を稼げます。

一流大学卒業のエリートで一流ホワイト企業に勤めているとかでなければ、おそらく期間工が最も効率よくお金を稼げる仕事です。

1年だけ働いて2年は何の仕事もせず労働から解放される「なんちゃってセミリタイア」が可能

そしてこの様に期間工は給与がそこそこ良い上に、寮・食事付の現場で期間工として働けば生活費もほとんど掛からないので、毎月20万円の貯金が余裕で可能です。

期間工として1年間働いて240万円を貯金する。

節約を意識して質素な生活を送れば、2年間はこの240万円の貯金でたまにバイトする程度でほとんど何の仕事もせず労働から開放されて生きて行けます。

月10万円の生活費で生きる具体的な方法については以下でご紹介していますのでお読みください。

そして貯金が底を付きそうになってくれば、また寮付きの期間工の仕事で稼いで貯金を貯めれば問題ありません。

物欲なども全くなく「お金も要らないからとにかく働きたくない」という方は、この方法で1年間だけ働いて2年は何の仕事もせず労働の苦痛から解放されフラフラと自由に生きる「なんちゃってセミリタイア」が可能です。

普通の社畜サラリーマンであれば定年まで囚人の様に延々と絶望的な奴隷労働を続けなければいけませんが、1年働いて2年休むというライフスタイルであれば、人生は格段に自由で楽になります。

40代未経験者も歓迎!工場勤務の求人サイト「工場求人ナビ」

工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。

工場系の求人が非常に豊富で寮完備・月収30万円以上などの好待遇で労働環境のホワイトな求人も数多く紹介しています。

「工場求人ナビ」では、トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人が豊富なことに加え、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録されており、年収400万円以上の高報酬も実現できます。

働かれている方の年齢が幅広く50代の方も現場で活躍しており、どんな方でも勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。男性向けの肉体的にハードな求人だけではなく、女性や体力に自信のない方も稼げる軽作業・手作業の仕事も豊富にありますのでご安心ください。

また、「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業です。遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

フォームから応募するだけで3,000円GET!
「工場求人ナビ」への応募方法

お仕事検索の画面で、給与・寮の有無・勤務地・業種・職種・勤務形態・メーカー・雇用期間・出勤シフトなど自分の希望する条件を入力し求人を検索します。

表示された求人の一覧から自分に合った仕事を探し詳細画面に進みます。(気になった求人は「とりあえずキープする」ボタンでチェックしておくことが出来ます。)

求人の詳細画面からオレンジ色の「90秒でカンタン!WEB応募」のボタンを押してフォームの「お客様情報」の各項目を入力し応募を行います。

「お客様情報」を入力すると以下の「登録相談会」「Web履歴書入力」の説明画面に進みます。

オンラインで履歴書を入力するだけで1,000円分のQUOカードが貰えるので、「Web履歴書を入力する」のボタンを押してフォームから経歴・希望条件等の情報を入力することをオススメします。

※経歴・希望条件等の入力フォームの「職歴」の項目で入力できる情報がない時は、以下の様に「職歴なし」にチェックを入れてください。

最後に登録相談会の「来場予約」に進みます。

以下の会場検索画面から希望の登録相談会場を選びます(会場は日本全国から選べます)。

表示された会場から都合の良い面談日時にチェックを入れて「予約へ進む」を押します。

確認画面で「この内容で予約する」を押すと応募完了です。

SMS・メール、または電話で予約確認の連絡が来ます。

登録相談会の服装は私服でOKです。運転免許証・健康保険証など本人と確認できる証明書を持参して下さい。

※「Web履歴書入力」を行わなかった場合は、書面の履歴書(写真貼付)も持参必須です。

登録相談会に行くだけでQUOカード2,000円分(Web履歴書入力を行った場合は3,000円分)が貰えます。

未経験者も大歓迎ですので、ホワイトで好待遇の工場勤務の仕事をご検討の方は以下の公式サイトから応募下さい。※リンク先のサイトが重い場合は表示されるまで少しお待ち下さい

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」

幅広く工場の求人を探したい方向けの「工場ワークス」

「工場求人ナビで探しても自分の希望通りの仕事が見つからなかった…」という方へ。

2万件以上の大量の求人数があり、工場求人ナビよりもさらに幅広く多くの工場系求人が掲載されている日本最大級の工場求人サイト「工場ワークス」から仕事をお探しください。



「工場ワークス」の求人は工場求人ナビに比べると給与や待遇などの玉石混合ですが、大量の求人があり非常に幅広い職種から自分に合った仕事を探すことができます。

お住まいの地域やご希望の勤務地から工場勤務の仕事を探せますので、以下から仕事をお探しください。

また、寮付きの工場勤務の求人から仕事を選びたい方は以下から探すことが出来ます。

人気の寮付求人のお仕事探しなら【工場ワークス】



以上、「既婚者は勝ち組でなく負け組。独身者より重い責任と負担を背負い人生の自由と可能性を奪われる」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする