ボーナスなし昇給なしの名ばかり正社員で生活が苦しいなら転職すべき

ボーナスなし昇給なしの名ばかり正社員で生活が苦しいなら、このままズルズルと働き続けて手遅れになる前にすぐにでも他の会社に転職すべきです。

はっきり言ってボーナスなし昇給なしの名ばかり正社員では、正社員である意味がありませんし、フリーターや非正規社員と変わりません。

このまま非正規並の待遇に我慢して惰性でズルズルと今の会社で働き続け、40代など転職の出来ない中年の年齢になってしまうと人生の取り返しがつきませんので、手遅れになる前に転職活動を始めてまともな待遇の会社に転職することを強くオススメします。

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職をサポートしてくれます。

転職支援実績No.1「リクルートエージェント」

ボーナスなし昇給なしで年収300万円台の名ばかり正社員が増加する日本

正社員のサラリーマンは年2回のボーナスがあり、働き続ければ勤続年数に従って昇進・昇給していくもの。

というのが昭和の時代までの日本の常識でした。

しかし、現在の日本では経済の長期停滞と高齢化によって年功序列や昇給制度が一部の恵まれた大企業以外では完全に崩壊しており、「ボーナスなし昇給なしで年収300万円台の名ばかり正社員」も当たり前の存在となっています。

驚くべきことに、日本の全企業の99%という大多数を占める中小企業では、年間の昇給率の平均がパート・アルバイトといった非正規労働者の賃金上昇率を下回っており、正社員だからと同じ会社で働き続けても全く報われない時代となっているのです。

現在の日本で働く正社員の昇給率の恐ろしい実態については、以下の記事で統計データを交えつつ詳しく説明していますので、是非お読みください。

「ボーナスなし昇給なしで年収300万円台の名ばかり正社員」という待遇に絶望されているかもしれません。

しかし、それは年功序列制度と昇給制度の崩壊した現在の日本では決して珍しいことではなく、ほとんど当たり前の働き方になってしまっているのです。

ボーナスなし昇給なし年収300万円台では人並みの人生が送れない

正社員のサラリーマンとして朝から夜まで1日8時間労働、それをほぼ毎日繰り返すような社畜生活で年収300万円台。

こんな待遇では生活が苦しいのも当たり前です。

正社員で働きながらボーナスも昇給もなく月給はずっと30万円以下というのでは、どうやっても人並みのまともな人生なんて送れません。

正社員のサラリーマンは所得税・住民税・厚生年金・健康保険・雇用保険なども自動的に会社の給与から天引きされますので、月給30万円以下の場合の手取りの給与は20万円前後です。

社会人が普通に一人暮らしをすれば毎月15万円から20万円の生活費はかかりますので、ボーナスがなければ結婚資金を貯めようにもほとんど貯金など出来ませんし、家族が住むマイホームを買うことなど夢のまた夢です。

そのため、真面目に正社員として働き続けても、手狭な賃貸住宅で暮らし続ける孤独な独身男性で人生を終えるか、もしくは実家に寄生して子供部屋おじさんになるしかないのです。

これでは人並みに結婚して家庭を持つことなども不可能です。

生活が苦しい正社員は転職して給与を上げるしかない

この様に現在の日本では、月収30万円以下・ボーナスなし・年収300万円台とフリーターや非正規並の賃金水準で生活が苦しい正社員が増加しており、さらに昇給もほとんど望めないために、結婚して家庭を持つといった人並みの人生すら諦めざるを得ない状況が当たり前となっています。

また、以下の記事で解説している様に、現在の日本では中高年サラリーマンが管理職ポストを独占しているために、どれだけ努力をしても出世することが難しい状況が常態化しており、そのまま会社で働き続けても昇進などによって待遇を上げることは非常に望み薄なのが実情です。

では、ボーナスなし昇給なしの名ばかり正社員で生活が苦しいサラリーマンは一体どうすればいいのか?

その最善の解決法は、転職で会社や職場を変えることによって給与・待遇を上げることです。

サラリーマンの給与は能力ではなく会社や業種で決まる

サラリーマンの賃金や給与は能力ではなく、その大部分が勤めている会社や業種によって決まるということです。

全く同じ能力のサラリーマンだったとしても、待遇の良い稼げる会社で働いているか、待遇の悪い稼げない会社で働いているかで、その給与や賃金は大きな差が出ます。

大して能力もなく大した仕事をしていないオッサンが公務員というだけで年収1,000万円近い年収を得ているというのが日本の現実であり、逆に人並みの能力があったとしてもまともな給与の出ないブラック企業で働き続ける限り、死ぬまでまともな収入を得ることは出来ません。

この様にサラリーマンの待遇と給与を最も大きく左右するのは勤め先の会社と業種です。

サラリーマンがまともな収入や待遇を得たいのであれば、金回りの悪いブラック業種やまともな賃金の支払われないブラック企業から脱出し、まともに稼げる会社や業種に転職するのが一番なのです。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1「リクルートエージェント」

リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 転職市場でのあなたの強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 質の高い非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートの提供も行ってくれます。
  3. 企業への抜群のアピール力
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「ボーナスなし昇給なしの名ばかり正社員で生活が苦しいなら転職すべき」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする