20代で月収40万円は凄い!でも激務で大変過ぎる職種は続かないので注意

20代で月収40万円は同年代の約2倍の飛びぬけた給与の貰える高給の仕事であり、中途採用での就職活動や転職活動などでその様な求人を見つけて「すごい!」と飛びついてしまうお気持ちも分かります。

しかし!ちょっと待ってください!

たとえ20代で月収40万円の凄い高給が得られる仕事であっても、あまりにも激務で大変過ぎる職種は結局は長く続けることは出来ません。

そして糞みたいなブラック企業やブラック職場の溢れる日本では、お金に目がくらんでその様な仕事の求人に飛びついた結果、結局短期間で仕事を辞めることになりキャリアを踏み外して年収300万円以下の低賃金の負け組になってしまう不幸な事例が非常に多いのです。

「急がば回れ」は人生の真理です。

20代の既卒の若者の転職活動や就職活動の場合、過剰に目先の給与を求めるよりもキャリアの先を見据え、年収400万円程度のほどほどの給与が貰えて無理なく長く続けられる職種や仕事を選ぶことを強くオススメします。

特にフリーターや非正規などから正社員就職を目指す20代の若者の方は、是非以下の記事をお読みください。

現在の日本では20代の給与所得者の平均月給は20万円台

現在の日本では20代の給与所得者の平均月給は額面で20万円台です。

国税庁が行っている「民間給与実体統計調査」によると、平成29年分の調査で20代の平均年収は額面でおよそ300万円前後。

  • 20~24歳の20代前半の平均年収は約262万円
  • 25~29歳の20代後半の平均年収は約361万円

となっています。

■年齢階層別の平均給与の分布グラフ

そしてこれは年数回のボーナスも含んだ金額であり、それを差し引くと20代の毎月の月収の平均は額面で20万円台となっています。

20代で月収40万円は凄い!同年代の2倍の給与水準

この20代で20万円程度という月収の平均値と比べると、20代で月収40万円は同年代の普通のサラリーマンの約2倍の給与水準であり、給与面で考えれば十分に「すごい!」と言える仕事です。

年収では最低でも500万円前後になり、ボーナスも支給される会社であれば年収は600万円程度に達します。

20代の平均年収は額面でおよそ300万円前後であることを考えると、給与面だけを比べれば同窓生などにも羨まれるレベルの高給取りの勝ち組と言えるでしょう。

中途採用で20代で月収40万円の求人を選ぶのは危険!

この様に同年代と比較して完全な勝ち組の20代で月収40万円の仕事。

しかし、既卒者採用や中途採用でこの様な20代で月収40万円が支給される異常な高賃金の求人を選ぶことは非常に危険ですのでオススメできません!

その理由は、キャリアもスキルもほとんどない既卒者の20代の若者が月給40万円を貰える様な仕事は、想像を絶する過酷な激務である可能性が非常に高いからです。

そして、うっかりとそんな高給ブラック求人に飛びついてしまうと、大半の人間は精神的にも肉体的にも酷使されることに耐えられずに短期間で離職せざるを得ず、社会人生活の基礎となる貴重な20代のキャリアを棒に振ってしまうことになります。

そして、実際に高給のブラック求人に飛びついてしまったばかりにキャリアが狂い、悲惨な底辺人生になってしまった犠牲者の方が非常に多いのです。

20代で月収40万円の会社で働き人生をぶっ潰された事例

ここまで「中途採用で20代で月収40万円の求人は危険だ!」とアドバイスや助言を書いてきましたが、ブラック企業の激務の本当の恐ろしさを知らない方は、おそらく「ふーん」としか思わないでしょう。

新卒無内定から既卒採用で焦って糞みたいなブラック企業で働いてしまったために精神と人生をぶち壊され、現在は月収11万円という低賃金で働かざるを得ない悲惨な人生を強いられている「幸せになりたかっ太@realherusu」さん(37歳・独身・非正規)のツイートをお読みください。

幸せになりたかっ太@realherusu」さんが20代に既卒採用で勤めたIT派遣会社は、月の残業が120時間を超えるなど想像を絶する殺人的な激務ブラック企業であり、そこで完全に精神をぶっ壊されてしまい現在に至ります。

派遣されて一年ほどは「36協定」に従って月45時間以内の残業に抑えられていたのだが、プロジェクトに火がついてからは職場は無法地帯に変化した。残業時間は軽く80時間を超え、毎月のように産業医と面談していた。いくら辛さを訴えても環境が改善されることはない。ただ、形だけ面談をしている無意味な時間だった。

月の残業が120時間を超えた月は残業代も乗りまくって、月収は40万円を超えた。26歳でこれだけ貰える仕事はそうそう無いだろう。残業代が出ていたのはさすが大手企業だと感じる。しかし、休日も普通に出勤させられ、プライベートが無い。家に帰って寝るだけで、趣味を楽しむ余裕も時間もない。給与明細を見ても何の感情も湧かず、一日も早くこの状況が終わってほしい気持ちしかなかった。大学時代で地獄を見ていなかったら、おそらく失踪していただろう。

このブラックIT派遣会社を辞めて現在に至るまでの経緯については、「幸せになりたかっ太@realherusu」さんが自らの半生を振り返って書いた以下の渾身の自伝ブログ記事をお読みください。

月間の残業時間が120時間を超えるなど殺人的な労働環境で、声を荒げたり机を蹴ったり暴力で部下を統率するパワハラ上司の下で働くという地獄の様な職場。

そんな職場で人間としての最低の尊厳を否定され精神をぶっ壊された「幸せになりたかっ太@realherusu」さんは、健常者的なまともな人生からドロップアプトすることになります。

20代で月給40万円という高給を一時的に得ることと引き換えに、人生を犠牲にすることとなってしまったのです。

20代の若者は無理せず長く続けられる仕事を選ぶべし!

たとえ20代で月収40万円の凄い高給が得られる仕事であっても、あまりにも激務で大変過ぎる職種は結局は長く続けることは出来ません。

そして糞みたいなブラック企業やブラック職場の溢れる日本では、お金に目がくらんでその様な仕事の求人に飛びついた結果、結局短期間で仕事を辞めることになりキャリアを踏み外して年収300万円以下の低賃金の負け組になってしまう不幸な事例が非常に多いのです。

「急がば回れ」は人生の真理です。

既卒で中途採用の20代の若者がいきなり月給40万円を貰える様な仕事には、その様な高い給与になるだけの黒い理由があるのです。

幸せになりたかっ太@realherusu」さん(37歳・独身・非正規)の様に糞以下のブラック企業に精神と人生をぶっ壊されてしまわないように…

20代の既卒の若者の転職活動や就職活動の場合、過剰に目先の給与を求めるよりもキャリアの先を見据え、年収400万円程度のほどほどの給与が貰えて無理なく長く続けられる職種や仕事を選ぶことを強くオススメします。

特にフリーターや非正規などから正社員就職を目指す20代の若者の方は、以下の記事をお読みください。

以上、「20代で月収40万円は凄い!でも激務で大変過ぎる職種は続かないので注意」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする