INTJは一般的職業では無能で常に生きづらさを感じる孤独な社会不適合者

カール・グスタフ・ユングの心理学的類型論を元に研究開発されたMBTI(Myers-Briggs Type Indicator)診断のINTJ型は、一般的な普通の職業では無能で常に生きづらさを感じる孤独な社会不適合者です。

「職場で無能扱いされて辛い…」「いつも周りの人間から嫌われる…」「孤独で生きづらい…」と本気で悩んで検索して、世界の最果てのこの弱小ブログにたどり着いてしまった社会不適合者のINTJの方へ。

INTJ型と診断された独身異常男性である私が、特別に他のありきたりな自己啓発サイト等では明かされていないINTJの本当の意味、そしてINTJに向いたおすすめの職業をこっそりあなただけにお教えします。

MBTI診断は以下のサイトがオンラインでは最も詳しく精度の高い診断を行っています。本当に自分がINTJ型か正確に確かめたい方は、こちらで自分のタイプを診断してください。

INTJとは「陰キャ」「脳内妄想家」「厨臭い屁理屈」「自分ルールに拘る」という意味

他のサイトでは決して語られないINTJの本当の意味…それは

I 陰キャ
N 脳内妄想家
T 厨臭い屁理屈
J 自分ルールに拘る

の頭文字です。

他のまとめサイトなどでは学術的な小難しい定義を使いつつオブラードに包んだ言葉で表現していますが、INTJの本質は上の様な意味です。

人の輪に溶け込めない孤独な陰キャで、常識の通用しない脳内妄想家で、厨臭い屁理屈好きで、面倒くさい自分ルールに拘る奴。

それがINTJの正体です。

これではINTJがチームワーク重視の普通の会社の仕事では人並みにすら働けず無能のレッテルを貼られるのも、まともに生きられない社会不適合者になるのも、そしてコミュ障で異性にもモテず高齢童貞になるのも仕方ないですね。

すみません、嘘をつきました。

INTJの正しい意味は、

  • 外向(Extraverted)と内向(Introverted)
  • 感覚(Sensation)と直観(Intuition)
  • 思考(Thinking)と感情(Feeling)
  • 規範(Judging)と柔軟(Perceiving)

というMBTI診断の4つの判断軸からそれぞれの頭文字(直観Nについては内向Iと区別するために2番目の文字を使用)を繋げた診断タイプです。

内向的な性格で、現実よりも空想的な直観を重視し、論理的に思考し、ルールに従った規範的な行動を望む。

というタイプがINTJです。

MBTI診断の4つの心理傾向軸については、以下のサイトで詳しく説明されていますのでご参照ください。

説明をご確認頂くと私が上で勝手にこじつけたINTJ型の解釈

I 陰キャで、N 脳内妄想家で、T 厨臭い屁理屈好きで、J 自分ルールに拘る奴

も結構遠からずの意味ではないでしょうか。

現代日本ではINTJの人生はハードモードで生きづらい

これは他のサイトや掲示板などでも散々語り尽くされていることですが、協調性やコミュ力が非常に重視される現代日本において、INTJの人生はハードモードで生きづらいものです。

人の輪に溶け込めない孤独な(I)陰キャで、組織のしきたりや社会常識を軽視する(N)脳内妄想家で、無能なくせにプライドだけが高い(T)厨臭い屁理屈好きで、面倒くさい(J)自分ルールに拘る奴。

こういう奴なんて組織やコミュニティの中で真っ先に目の敵にされてつまはじきにされるのが現代日本社会です。

その結果、INTJ型の大半は人並みに仕事や恋愛すらも出来ない社会不適合者となり、死ぬまで負け組の人生を送る。

INTJ型の比率が全人口の2%と非常少なく、さらに以下のブログにある様に日本では僅か1%台と最も少ない割合しか存在しない理由。

それはおそらく、協調性重視の日本ではINTJ型の人間の大半が社会不適合者の悲惨な負け組の人生を送り、しかもコミュ障で陰キャの非モテなので生涯童貞のまま性の喜び知ることもなく死んでいく。

そのためにINTJ型の遺伝子が淘汰されてしまっていることが原因ではないかと、INTJ型と診断された独身異常男性である私はひそかに推論しています。

確かにMBTI診断の解説サイトなどでは、INTJ型の歴史上の偉人や有名人たちの名前を引き合いに、まるで社会の革新者みたいな成功者的なイメージを宣伝しています。

実際に以下のグラフの通り、アメリカでの調査ではINTJは平均収入では全16タイプ中4位と比較的上位です。

参照:自己理解メソッド「MBTI」を使って「稼ぎ」「教育レベル」など人を社会経済的に分類するとこうなる – GIGAZINE

しかし、この統計結果は

  • マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック創業者)
  • イーロン・マスク(テスラ・モーターズ創業者)

などの革新的なテクノロジー関連ビジネスで成功した世界的な大富豪が平均を大きく引き上げているためです。

特に日本社会という不自由で息苦しい協調性至上主義の社会に生きるINTJの大多数は、周囲の無理解のためにその潜在能力の高さを発揮することが出来ずに無能のレッテルを貼られ、学校にも会社組織にも馴染めず生きづらさを感じながらくすぶっているのです。

INTJは優良ベンチャーIT企業で働くと生きやすくなる

では、非合理的な規則やしきたりだらけの普通の会社組織に馴染めない為にまともに仕事が出来ず、無能の烙印を押されて生きづらさを感じる社会不適合者のINTJが、この過酷な現代社会で生き残るにはどうすればいいのか?

それはずばり、自由で裁量権の大きい優良ベンチャーIT企業で働くことです。

人の輪に溶け込めない孤独な(I)陰キャで、組織のしきたりや社会常識を軽視する(N)脳内妄想家で、無能なくせにプライドだけが高い(T)厨臭い屁理屈好きで、面倒くさい(J)自分ルールに拘る奴。

こういう癖の強さがあり人並みの協調性を持って働くことが難しいINTJは、規則や組織でがんじがらめの一般的な大企業の歯車となり、普通のサラリーマンや会社員として働くキャリアには非常に不向きです。

実際にINTJと診断された社会不適合者タイプの私もプロフィールにある通り、業界内で5本の指に入るブラック大企業に新卒で勤めて無能のレッテルを貼られた挙句、激務で体を壊して離職して人生詰みかけました。

しかし、その後私は転職を経て、裁量権が非常に大きく働き方も自由なWEB系のホワイト零細企業に勤めて、大企業勤務時代よりも遙かに働きやすい労働環境を得られています。

この様に社会不適合者タイプのINTJが生きずらさを解消するには、自由でホワイトな職場環境が得られる優良な零細IT企業やITベンチャー企業への転職が有効です。

私自身も完全な未経験者から現在のWEB制作会社に就職し、1日4時間労働で年収500万円という一般企業に勤める普通のサラリーマンと比べて遙かに恵まれた待遇を得られています。

私の仕事や生活については以下の記事で詳しく書いていますのでお読みください。

実は中小企業やベンチャー企業の中にも収益性や生産性の高い隠れたホワイト企業があり、私の様に当たりを引けば、普通に働くサラリーマンよりも給与と労働時間の面で恵まれた待遇を得られる可能性も存在するのです。

ホワイト零細IT企業の実態については以下の記事で書いていますのでお読みください。

自由人で革新者気質であるINTJは本当であれば会社から独立して自分で一からビジネスを起こすのが一番ですが、現実的にはそれが実現できるのは一部の天才的な成功者だけです。

一部の天才以外はいきなりリスクを負って脱サラしても事業に失敗し、莫大な借金を背負い悲惨な人生を歩むケースが大半なのです。

そこで、自由な社風の優良ベンチャー企業などに転職して自分の能力を発揮するというのは、普通のサラリーマンには不向きなINTJ型にとって最もリスクの少ない生きづらさの解決法となります。

「職場の上司に無能扱いされて辛い…」「堅苦しい会社の雰囲気に馴染めない…」とお悩みの方は、是非、自由な社風の優良ベンチャーIT企業やホワイトIT中小企業への転職を検討してみてください。

優良ベンチャーIT企業や隠れたホワイト中小企業を探して転職するなら「マイナビエージェント×IT」

マイナビエージェントは、IT・Web業界に強い転職エージェントです。そんなマイナビエージェントの中でも「マイナビエージェント×IT」はIT業界に特化した転職支援・転職サポートサービスとなっています。実務経験者の求人はもちろん未経験者OKの求人も豊富です。

IT業界の人材紹介・転職サポート「マイナビエージェント×IT」【公式サイト】



国内最大級の転職支援実績を持つマイナビは全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプとコネを持っています。

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、そんな豊富なコネクションも駆使しつつ「未経験からIT業界に転職したい」など一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案してくれます。

数多くの転職エージェントが存在しますが、IT技術者が優良ベンチャー企業や隠れたホワイト中小企業への転職を狙うのであれば、「マイナビエージェント×IT」が一番おすすめのサービスです。

以下の記事では「マイナビエージェント×IT」のメリットとデメリット、そして注意点を説明しています。転職を検討しているIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「INTJは一般的職業では無能で常に生きづらさを感じる孤独な社会不適合者」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする