年収400万円が結婚の最低ライン!低年収の男は婚活しても結婚できない

ずばり、年収400万円が男が結婚可能な年収の最低ラインです。

年収400万円以下の低年収の男性の場合、いくら必死に婚活しても結婚できない可能性が非常に高いです。

年収300万円や年収200万円の低年収・低収入の男性はいくら婚活をしても無意味ですので結婚を諦めましょう。

どうしても結婚を諦めきれない低年収の男性の方は、以下の成功率業界No.1の凄腕婚活支援サービス「パートナーエージェント」を利用してみてください。

成婚率業界No.1の婚活支援サービス「パートナーエージェント」



まともで冷静な判断力があって結婚をしたい男性は、婚活の前にまずは収入を400万円以上に上げることを考えてください。

年収400万円が結婚の最低ライン!年収200万円~300万円代の男は結婚出来ない

この様に婚活支援サービスをご紹介しましたが、以下のニュース記事にある様に、やはり年収400万円の最低ラインに達してない男性の結婚は非常に困難であることが客観的な事実です。

朝日新聞が1月24日、25~34歳の未婚男女を対象に実施した調査結果を発表した。調査によると、親と別居している男性の「交際相手がいる」と答えた割合は32%だったが、同居の人は16%に留まったという。女性も、親と別居している人のうち交際相手がいる人は38%だが、同居の人は25%と減る。

この結果を受け、1月30日の『モーニングCROSS』(MX系)では、ジャーナリストの三木哲男氏が結婚と親との同居の関係性について語った。三木氏は、現在の若者は親との同居率が非常に高く、そのことが結婚率に大きく影響していると解説した。(文:石川祐介)

三木氏曰く、恋愛や結婚に至る2つのハードルは収入と住宅だという。

「正規社員の平均給与は422万円で、非正規社員は172万円です。収入面から結婚の状況を見てみると、年収300万~400万円の既婚率は25%あるけど、300万円以下になると9%まで激減する」

さらに、「いろんな調査で出てるんですけど、首都圏で一人暮らしが出来るようになるには年収400万円ないと無理なんです」とも指摘。「住宅面で独立できないと、自立して恋愛して結婚に至るという基盤ができない」と説明していた。

親も老後の介護を期待し家から子供を出さない「両者が持たれ合う形が生まれている」

かつて親と同居する独身社会人は「パラサイト」と呼ばれた。しかし、当時の「パラサイト」は7割が正社員で、やがて独立することが見込めた人たちだ。翻って現在親と同居する人たちは年収300万円以下が大半で、生涯同居する可能性が出てきた。

この記事によると25~34歳の男のうち年収300万円~400万円の既婚率はたった25%程度であり、300万円以下の男の既婚率はさらに低く僅か9%。

愛だの何だのと言ったところで、年収が400万円に達していない男は4分の3の大多数が結婚できない。

さらに年収300万円未満の低収入の男の場合は10人に9人が結婚できない。

年収200万円台の男なんて完全に結婚対象として論外。

これが結婚の「現実」です。

以下がソース元の朝日新聞のデータですが、年収200万円未満では親との同居者であっても別居者であっても過去にも交際相手すらいない割合が過半数であり、収入の格差が恋愛や結婚の格差に直結している状況が如実に表れています。

朝日新聞社が25~34歳の未婚男女を対象にしたインターネット調査で交際歴を聞くと、親と同居しているかどうかで、結果に大きな差が出た。特に男性の場合、「交際相手がいる」割合は、親と同居の人は16%に対し、別居の人は32%だった。

「交際相手がいる」率は年収が多いほど高く、親との同居率は年収が少ないほど高い。ただ、同じ水準の年収同士で比較しても、親と別居の人の方が、同居の人より交際率が高かった。

そしてこの収入による恋愛格差・結婚格差は女性よりも男の方が遙かに強く、以下の朝日新聞による調査にあるように、女性の6割が「年収400万円以上の男でなければ結婚対象にならない」とアンケートに回答しています。

朝日新聞社が、25~34歳の未婚者を対象にインターネットで結婚観を調査したところ、こんな本音が垣間見えた。女性の7割は「収入」が結婚相手を選ぶ時の「譲れない条件」と答え、男女のギャップもくっきり表れた。

年収は交際にも影響しているようだ。男性の場合、「交際相手がいる」人は全体の22%だったが、年収が「100万円未満」に限ると5%、「100万~200万円未満」は8%と1割に満たなかった。

結婚相手を選ぶ時の「譲れない」条件(複数回答)は「人柄」が96%で最も高く、「価値観」の92%が続いた。「収入」は男性の29%に対し、女性は72%と大きく差が出た。

相手に求める年収も、男性の64%が「年収は関係ない」と答えたのに対し、女性は「400万円」が41%と最も多く、6割が400万円以上の金額を挙げた。また、女性の85%が相手選びに正規・非正規などの雇用形態を「意識する」と答えた。

現実的に生活を考えた時、ある程度の家賃が必要な首都圏に生活している場合、最低でも年収400万円以上はなければどうやってもまともに子供を育てて生活していくことが困難です。

そのため、理性も責任感皆無で性欲任せに突っ走って勢いで出来婚した挙句に子供を虐待死させる様な一部の狂ったヤンキーDQN女以外の大半のまともな女性は、年収が400万円以上の相手でなければ結婚しないのです。

年収400万円未満の男は婚活の前に転職をして収入を増やすべき!

この様に年収400万円未満の男は日本の首都圏では結婚することが出来ません。

そのため年収200万円~300万円程度の低収入の男は、いくら凄腕の婚活支援エージェントを利用して婚活しようが、まともな相手と結婚することは非常に望み薄なのです。

どうしても本気で結婚をしたいのであれば無駄な婚活にお金をかけるよりもまずは転職をして、結婚に必要な最低ラインである年収400万円以上に収入を上げる必要があるのです。

特にフリーターや派遣社員などの非正規雇用で働いていて年収200万円~年収300万円程度の低年収の男は、女からは「無気力などうしようもないダメ男」と思われ結婚対象としては論外の判定を受けてしまいますので、本気で結婚したいのであればまずは正社員就職をしてください。

年収400万円未満で婚活をするのは、ドラクエで例えればレベル1のまま「ひのきのぼう」だけを装備して魔王に戦いを挑む様な愚行です。

婚活という魔王を相手にする前に、まずは年収400万円以上は稼げる様になってしっかりと男としてのレベルを上げましょう。

20代なら非正規フリーターからの正社員就職をほぼ確実に成功させる方法も存在する

この様に年収200万円~300万円程度の非正規の男は、まともな相手と結婚することはほぼ絶対に不可能です。

しかし、「非正規の自分にはまともな職歴がないから…」と正社員就職と結婚を諦めてしまう必要はありません。

20代(正確に言えば29歳まで)なら非正規社員やフリーターから正社員への転職をほぼ確実に成功させる方法も存在します。

それは、フリーターや非正規社員から正社員への就職を支援する無料の就職支援サービスを活用することです。

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援「ジェイック」



「ジェイック」は20代であればフリーターや非正規社員から年収400万円程度の優良企業に正社員就職が可能な無料の就職支援サービスです。求人は営業職が中心で飛び込み営業等の厳しい特訓がありますが、80%以上の就職成功率を誇ります。

「どうしても結婚したい!」という20代の非正規社員やフリーターの方は、フリーターと非正規専用の就職支援サービスであるジェイックを利用することで、ほぼ確実に正社員になることができ、男としての結婚の足切りラインを超える年収400万円以上の収入を得ることが出来るようになります。

ただし、ジェイックの欠点はコミュ障や根暗にはややハードルの高い営業職の求人が大部分を占めることです。

その様な営業職に不向きな根暗やコミュ障の方の場合、ITエンジニアやプログラマー職になることで年収500万円以上を稼げるようになります。

根暗のコミュ障が未経験からプログラマー職になり年収500万円以上を得る方法については、詳しくは以下の記事をお読みください。

転職の難しい30代~40代の男は工場労働者になることで年収400万円が可能

しかし、残念ながらフリーターと非正規専用の就職支援サービスであるジェイックには年齢制限があり、29歳以上の年齢だと利用することが出来ません。

では、年収200万円~年収300万円台などの低収入の30代から40代の男は、一体どうやって結婚の足切りラインである年収400万円を超えることができるのか?

それはずばり、待遇抜群の大手企業の工場労働者になることです。

トヨタやホンダや大手自動車会社の自動車工場のライン工などは、30代や40代といった年齢であっても職歴を問わずに働くことが出来、しかも賃金が高く高待遇なので年収400万円以上を稼ぐことが可能です。

派遣労働者や非正規労働者であっても勤め先が大手企業の工場などであれば、残業代も10分単位でキッチリと支払われるなどサービス残業が横行するブラック企業より待遇や労働環境も遥かに整備されており、時給換算で見た場合の給与水準も薄給激務のブラック企業に比べればかなり高くなっています。

また、大手ホワイト企業の非正規社員の待遇は、ブラック企業の正社員とは違い、夜間の労働には夜勤手当が付く、残業には残業時間分の時給の他に残業手当が付く、既定の契約期間を欠勤なく働けば数10万円の満了慰労金が給付されるなど、給与の保障も非常に充実しており、それが積み重なれば非正規社員で年収400万円も十分に可能なのです。

大企業の自動車工場のライン工などは企業風土もクリーンかつホワイトでブラック企業の様な理不尽は絶対にありませんし、労働時間や休憩時間なども労働規約によってしっかり適正に管理されています。

工場勤務の仕事がおすすめな理由は以下の記事に私自身の体験談も交えて書いています。工場勤務の仕事に興味があれば、こちらも是非お読み下さい。

30代~40代で年収400万円未満の低年収でも「どうしても結婚を諦め切れない」という方は、工場労働者に転職して結婚対象としての最低ラインである年収400万円以上になり、婚活を成功させましょう。

40代未経験者も歓迎!工場勤務の求人サイト「工場求人ナビ」

工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。

工場系の求人が非常に豊富で寮完備・月収30万円以上などの好待遇で労働環境のホワイトな求人も数多く紹介しています。

「工場求人ナビ」では、トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人が豊富なことに加え、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録されており、年収400万円以上の高報酬も実現できます。

働かれている方の年齢が幅広く50代の方も現場で活躍しており、どんな方でも勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。男性向けの肉体的にハードな求人だけではなく、女性や体力に自信のない方も稼げる軽作業・手作業の仕事も豊富にありますのでご安心ください。

「工場労働者が働く無料の寮」と聞いて、不潔で薄汚れた部屋に複数人で雑魚寝させられる昭和のタコ部屋労働みたいな地獄絵図を想像してしまう方もいるかと思いますが、大手の工場ではその様な心配は全くありません。

一人一人に以下の様にちゃんとした清潔でまともな部屋が無料で提供されます。


アイシン精機・岡崎土井寮(住所:愛知県岡崎市土井町荒井甲5)

簡易的な壁や仕切りで分けただけのインチキな個室ではなく、ちゃんとしたワンルームの個室アパートです。格安で栄養バランスの良い社食も出ますので不自由な実家暮らしを卒業して一人暮らしを始めたい方にも好適です。

また、「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業です。遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

昭和の古臭いイメージから「工場勤務は底辺っぽくて恥ずかしい」という間違った風潮もありますが、実際にはサラリーマン神話の崩壊した現在の日本では、むしろ大半のホワイトカラーの社畜サラリーマンより勝ち組の働き方です。今の日本では工場勤務が勝ち組な理由については以下の記事をお読みください。

フォームから応募するだけで3,000円GET!
「工場求人ナビ」への応募方法

お仕事検索の画面で、給与・寮の有無・勤務地・業種・職種・勤務形態・メーカー・雇用期間・出勤シフトなど自分の希望する条件を入力し求人を検索します。

表示された求人の一覧から自分に合った仕事を探し詳細画面に進みます。(気になった求人は「とりあえずキープする」ボタンでチェックしておくことが出来ます。)

求人の詳細画面からオレンジ色の「90秒でカンタン!WEB応募」のボタンを押してフォームの「お客様情報」の各項目を入力し応募を行います。

「お客様情報」を入力すると以下の「登録相談会」「Web履歴書入力」の説明画面に進みます。

オンラインで履歴書を入力するだけで1,000円分のQUOカードが貰えるので、「Web履歴書を入力する」のボタンを押してフォームから経歴・希望条件等の情報を入力することをオススメします。

※経歴・希望条件等の入力フォームの「職歴」の項目で入力できる情報がない時は、以下の様に「職歴なし」にチェックを入れてください。

最後に登録相談会の「来場予約」に進みます。

以下の会場検索画面から希望の登録相談会場を選びます(会場は日本全国から選べます)。

表示された会場から都合の良い面談日時にチェックを入れて「予約へ進む」を押します。

確認画面で「この内容で予約する」を押すと応募完了です。

SMS・メール、または電話で予約確認の連絡が来ます。

登録相談会の服装は私服でOKです。運転免許証・健康保険証など本人と確認できる証明書を持参して下さい。

※「Web履歴書入力」を行わなかった場合は、書面の履歴書(写真貼付)も持参必須です。

登録相談会に行くだけでQUOカード2,000円分(Web履歴書入力を行った場合は3,000円分)が貰えます。

未経験者も大歓迎ですので、ホワイトで好待遇の工場勤務の仕事をご検討の方は以下の公式サイトから応募下さい。※リンク先のサイトが重い場合は表示されるまで少しお待ち下さい

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」

以上、「年収400万円が結婚の最低ライン!低年収の男は婚活しても結婚できない」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする