実家暮らしで家に入れるお金が5万円は少ない!生活費10万円分は親に支払うべき

実家暮らしで家に入れるお金が月5万円は少ないです!

親に寄生して実家暮らししているなら生活費の上納金として最低でも月10万円は親に支払うべきです!

実家暮らしをしながら月2万円・3万円・4万円とかしか実家にお金を入れてない奴は、はっきり言って社会人として半人前の寄生虫のクズなので、月収1万円30歳高卒無職童貞底辺YoutuberのSyamuさん(syamu_gameとは – ニコニコ大百科)を笑えません!

「家にお金を入れる」でGoogle検索すると関連語句として

  • 家にお金を入れる 意味
  • 家にお金を入れる なぜ
  • 家に入れるお金 言い方
  • 家にお金を入れること 言葉
  • 家に入れるお金 何割
  • 家に入れるお金 2万
  • 家に入れるお金 4万
  • 家に入れるお金 5万
  • 家にお金を入れない娘
  • 家にお金を入れない息子
  • 家にお金を入れない男
  • 実家暮らし 生活費入れない
  • フリーター 家 に 入れる お金
  • 実家暮らし 生活費 10万
  • 家に入れるお金 一人暮らし
  • 家に入れるお金 夫婦

などが出てきますが、年齢的に大人になっても社会人としての当たり前のことも出来ていない未熟な子供人間が多いのだなと思います。

中には「家に入れるお金 一人暮らし」という検索語句がある様に、一人暮らしなのに親に仕送りをして援助している立派な方もいるようですが、それ以外はガキの様に幼稚な子供おじさん・子供おばさんばかりです。

実家暮らしで家に入れるお金は平均3万円~4万円台

では、実家暮らしの社会人が家に入れるお金の平均金額は一体どのくらいでしょうか?

不動産・住宅サイトのSUUMO(スーモ)が以下の様なアンケート調査を行ったところ、で家に入れるお金の平均相場は3万7417円、平均すると大体3万円~4万円台を家に入れているという結果になりました。

就職後も実家暮らしを続けていると、親から「少しは生活費を入れて」と言われるケースも多い。でも、生活費ってどのくらいなのだろうか? イマイチ分からない金額相場を、実家暮らしをしている男女400人にアンケート調査を実施し、金額相場が明らかになった。

このアンケート調査の結果から、実家暮らしの社会人の大半は月5万円すらも生活費の上納金として家に入れていないということになります。

一人暮らしでは最低でも月10万円は生活費がかかる

この様に実家暮らしの社会人の大半は月5万円すらも家に入れていないというアンケート調査結果が出ましたが、しかし、一人暮らしの場合はどれだけ徹底的に節約・倹約して出費を切り詰めても最低でも月10万円は生活費がかかります。

都市部ならワンルーム賃貸でも家賃5万円、食費は自炊でどれだけ切り詰めても2万円~3万円は掛かりますので、一人暮らしで面倒臭いからと自炊をせずコンビニ弁当や外食などばかり食べていれば、贅沢などしていなくとも生活費は簡単に15万円前後に達してしまいます。

社会人として一人暮らしをした経験があるなら分かりますが、住居と食事と家事でサポートを受けられる実家暮らしは月15万円を支払ってもコスパに見合うほど恵まれた環境なのです。

私自身が実践して成果を出している一人暮らしで月10万円の生活費で生きていく方法は以下の記事で詳しくご紹介していますので、家計がギリギリで生活費を節約したい方は是非お読みください。

実家への上納金は家賃と食費で月10万円が妥当

この様に一人暮らしでは最低でも月10万円は生活費がかかります。

実家暮らしで家が都市部にあり自分用の子供部屋に住んでいるのであればワンルーム賃貸と見なして家賃5万円、さらに食事も母親が作ってくれるのであれば食材費3万円+調理料金2万円の食費5万円を合わせて、最低でも合計月10万円程度を上納金として実家に支払うべきです。

本来ならば水道光熱費なども一部は負担するのが好ましいですが、月10万円を上納金として家に入れていれば30代になって実家暮らしを続けていても親は何も文句は言わないはずです。

ガキみたいに幼稚な子供おじさん・子供おばさんになりたくないら、とにかく月10万円を家に入れましょう。

実家暮らしで家に月10万円のお金を入れる意味

この様に説明しても親の収入や資産が多く経済的に余裕のある家庭で実家暮らしをしている方などは、「家にお金を入れる意味が分からない」「なぜ家にお金を入れなければならないのか」と疑問に思ってしまうかもしれません。

実家暮らしで家に月10万円のお金を入れる意味。

そしてなぜ家にお金を入れなければいけないのか?

それはズバリ、まともな大人・まともな社会人としての経済感覚を身に付けるためです。

実家にお金を入れないと経済感覚の欠落した幼稚な大人になる

たとえ会社勤めなどして働いてお金を稼いでいたとしても、経済的に恵まれた実家暮らし生活のままで家にお金を入れないで好き勝手に自分の趣味だけにお金を使うような生き方をしていると、経済感覚の欠落した幼稚な大人になってしまいます。

そして幼稚な経済感覚のままでいざ親が死んだり結婚などで家を出たらどうなるか?

生活費も考えず好き放題に欲しい物を買ったり趣味にお金を使った結果、家計は破綻して借金まみれとなり地獄を見ることになるでしょう。

経済感覚が幼稚なまま大人になって結婚してしまった借金生活の悲惨さについては以下のブログをお読みください。

2人の子持ち、30代前半の専業主婦。
いろいろあって只今200万の借金を任意整理中。

今、本当にキツイ……
もう節約するしかない。働けないなら節約するしかないんです。任意整理の経過記録も書いていきます。

将来自分の子供にこの様な悲惨な人生を送って欲しくないからこそ、実家暮らしの子供には生活費としてお金を入れさせようとするのです。

たとえある程度経済的に余裕のある両親でも家にお金を入れさせるのは、社会人としてのまともな経済感覚を身に付けて自立した大人になって欲しいという親心な訳ですね。

月10万は家にお金を入れない奴はSyamuと同レベル

実家暮らしをしながら月2万円・3万円・4万円とかしか実家にお金を入れてない奴は、はっきり言って社会人として半人前の寄生虫のクズなので、月収1万円30歳高卒無職童貞底辺YoutuberのSyamuさん(syamu_gameとは – ニコニコ大百科)を笑えません!

まともな大人・まともな社会人になりたかったら家に最低でも月10万円は入れましょう!

月10万円すら家に入れられないなら転職するべき!

しかしこの様に月10万円は家に入れろと言われても、中には「賃金や給与が少なくてそんな経済的な余裕なんてない!」という方もいると思います。

その様な場合は年齢的に手遅れになってしまう前にとっとと転職してください!

たった月10万円を家に入れることすら出来ない低賃金の仕事を惰性でダラダラと続けていても将来破滅するだけです!

まともな職歴も学歴もないフリーターの方などでも29歳までであれば人並みのホワイトカラー職に正社員就職できますので、自分の人生を諦めてしまわず転職活動を行ってください。

フリーターから正社員への転職方法は以下の記事で丁寧に説明しています。

また、接客業の仕事に全く馴染めずにITエンジニアに転職した私自身もそうですが、コミュ障や発達障害的な傾向のためにまともな仕事は出来ないという方にはプログラマーなどのITエンジニアの仕事が好適です。

プログラマー職ではまともな職歴も学歴もない社会不適合のコミュ障でも年収500万円以上を稼ぐことが可能ですので、収入を増やしてまともな大人になりたい方はこの様な職への転職をご検討ください。

また、実家暮らし家に少ししかお金を入れないために親との関係が悪化して居心地が最悪になったという方は、以下の寮付きの仕事をして実家から独立する方法をご検討ください。

以上、「実家暮らしで家に入れるお金が5万円は少ない!生活費10万円分は親に支払うべき」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする