コロナウイルスで在宅勤務せず満員電車に突っ込むサラリーマンは戦時中のカミカゼ特攻隊と同じ

新型コロナウイルスの感染が拡散しても在宅勤務できない・在宅勤務させてもらえないで毎朝ウイルス感染リスク激高の満員電車に突っ込んでいく会社員やサラリーマンは、本質的に戦時中のカミカゼ特攻隊と同じです。

コロナウイルス感染の不安のためにマスクが売切れたり品薄になったりしていますが(以下の様な医療用マスクも品薄で大幅に価格が値上がりしています)

マスク着用も含め完璧に防ウイルス対策をしているはずの現場の医療関係者にもコロナウイルス犠牲者が発生していることから、そもそも外に出ない・人混みに近づかないというのが最適な防衛策であり、マスクの効力も気休めに過ぎないでしょう。

以下の記事に書かれている様に、医療用マスクであってもマスク着用によるウイルス感染予防の効果はわずか。マスクをしないよりは多少ましという程度です。

この様に医学的・科学的に見て大してウイルス予防効果のないマスクを必死に買い求める日本人に、B29爆撃機で高度約10,000メートル付近の上空から爆弾を落とされまくっているのに必死に竹やり訓練をしていた戦時中の日本人を想起してしまうのは私だけでしょうか。

B29爆撃機への対抗策として竹やり訓練などは全くの無意味で、市民が爆撃から身を守る為には都市部から農村部に疎開してひたすら逃げる他なかったように、「密室での過密状態」で感染拡大するコロナウイルスへの的確な予防対策はマスクの着用などではなくそもそも人混みを避けることです。

しかし、それにも関わらず在宅勤務もさせて貰えず出勤拒否も出来ずに「仕事だから…」「会社を休めないから…」と異常な人混みで感染リスクが非常に高い満員電車に毎朝突っ込んでいく社畜日本人。

80年前に「お国のために」と戦闘機に乗って敵艦に突っ込んで行ったカミカゼ特攻隊から、日本社会の病的な同調圧力や日本人の全体主義的な精神性は1ミリも進歩していないということではないでしょうか。

80年前の日本を覆っていたの不条理な雰囲気が帝国主義・軍国主義なら、現在の日本を覆う不条理は会社主義・経済至上主義です。

日本は80年周期で破滅的な崩壊を繰り返すという日本近代史の「80年周期説」によると、次の日本の破滅は2020年から2025年の間です。

80年前の1940年から1945年の日本は軍国主義の暴走により太平洋戦争に敗北しました。

そして終戦後80年を迎えようとしている経済至上主義によりアベノミクスを突き進む日本は、2020年から2025年の間に第二の破滅を迎えようとしています。

前回の日本の破滅は明治維新以降の軍国主義の敗北でしたが、今回の破滅は戦後の経済至上主義の崩壊となります。

日本崩壊の80年周期説について関心のある方は、詳しくは以下の記事をお読みください。

この様に語っている私自身は地方在住の在宅勤務の会社員で、正社員として零細IT企業に勤め1日平均4時間の労働時間で月給30万円以上・年収500万円を得ています。

在宅勤務のサラリーマンである私の生活については以下の記事をお読みください。

新型コロナウイルスの感染が広がるのに在宅勤務も許さない企業は、たとえ給与や待遇などが良くともはっきり言って時代錯誤のブラック企業だと思います。

「毎日の通勤電車が苦痛で仕方ない」という方や「社畜的な働き方にうんざりしている」という方、「在宅勤務の仕事がしたい」という方は転職をご検討ください。

ゆとりある働き方を求めるなら在宅ワークの仕事に転職するのも手

ゆとりある働き方を求めるなら在宅ワークの仕事に転職するのも手だと私は思います。

在宅ワークですと通常のサラリーマンと比べて月5万円程度は生活費が安くなりますので、現在より2~3万円前後給与が下がる程度であれば、給与が下がったとしても在宅ワークの仕事に変えることで、逆に実質的な収入や自由に使えるお金、貯金に回せるお金の余裕は増えることになります。

仮に同程度の給与や収入であれば、在宅ワークの方が通常のサラリーマンよりも圧倒的に豊かな生活が出来るでしょう。将来が不安で仕方ないという方も、在宅ワークであれば将来に備えて貯金する経済的余裕が生まれます。

また、在宅ワークであれば通勤などに時間を取られることなく時間的余裕が出来ますので、その時間を利用して副業などで稼ぐということも可能です。私も在宅ワークの傍らのブログなどの副業で年間100万円以上の副収入を得ています。

副業ブログの方法については以下で詳しく説明していますので興味があればお読みください。

現在は自営業ではなくサラリーマンであっても、在宅ワークという働き方が可能な時代になってきています。毎日の通勤が嫌で仕方ないという方は、在宅ワークという働き方の選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

在宅ワーカーへの転職を目指す場合は、在宅勤務の求人も豊富にあるリクナビNEXTへの登録が確実です。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



リクナビNEXTには在宅勤務の求人も豊富にある

リクナビNEXTには在宅勤務の仕事も60件~70件以上と多く登録されています。

登録画面から簡単なプロフィールなどを入力して無料でリクナビNEXTに登録後、詳細検索ボタンを押すと在宅ワークの仕事を検索することが出来ます。

リクナビNEXで在宅勤務の求人を探す手順

無料登録後、リクナビNEXのトップページから「詳細検索」ボタンを押す。

検索画面で「検索キーワード」の項目に「在宅勤務」と入力して検索。

上記の方法で在宅ワークの仕事を探すことが可能です。

ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「コロナウイルスで在宅勤務せず満員電車に突っ込むサラリーマンは戦時中のカミカゼ特攻隊と同じ」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする