在宅勤務で平日昼間からオナニーする自分に罪悪感を感じる方へ

この記事は在宅勤務やテレワークで平日昼間からオナニーしてしまう自分に罪悪感や危機感を感じる方へのアドバイスです。

以下のブログ記事で書いている様に、私は今年で在宅勤務歴6年目の引きこもりのプロですが、在宅勤務の最大のメリットは平日昼間からオナニーが出来ることです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響でサラリーマンの在宅勤務やテレワークへの移行が進む昨今の日本ですが、平日昼間から堂々とオナニーできる在宅勤務の素晴らしさを実感されている方は非常に多いのではないでしょうか。


益坂美亜「らぶぱら」

平日昼間からオナニーする背徳感が気分を盛り上げる

在宅勤務6年目の私は平日昼間からのオナニーの習慣を5年以上続けて、真昼のオナニーなしには生きられない体質になってしまいました。

なぜ自宅勤務でのオナニーが辞められないかと言うと、普通のサラリーマンや会社員はオフィスで働いてる勤務時間中の平日昼間からオナニーする背徳感が気分を盛り上げるからです。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークに切り替えた在宅勤務歴の浅い方は、勤務時間中にオナニーをすることに対して、まだ「平日昼間からオナニーなんてしていると、オナニー中毒の社会不適合者の廃人になってしまうのではないか?」などの健全な罪悪感や不安があるかもしれません。

しかし、じきに昼間から自慰する生活に慣れてその様な罪悪感や抵抗感はなくなります。

そしてそれが逆に背徳感を伴った自慰行為の興奮と陶酔感へと昇華されていくのです。

オナニー中毒の廃人になっても仕事が出来れば問題ない

在宅勤務で勤務時間中にオナニーをしていると「オナニー中毒の社会不適合者の廃人になってしまうのではないか?」という心配はごもっともで、実際に私はこんな変態ブログ記事を世間に公開する様な体たらくになってしまいました。

しかし末期的なオナニー中毒の廃人の変態異常者で毎日の様に平日昼間からオナニーをしながらも、仕事自体は迅速に対応し納期を守って進めているので、クライアントに迷惑をかけることもありませんし、そのことを上司から咎められることなども全くありません。

在宅勤務では与えられた仕事やタスクさえ滞りなく進めていれば私が勤務時間中にオナニーをしていることなど誰も知りようがありませんし、勤務態度を注意されることもありません。

そんな感じで私はもう5年以上も平日昼間からオナニーする生活を続けてきました。

オナニー中毒の廃人になっても人並みに仕事が出来れば問題ないのです。

在宅勤務中の余った時間でオナニーより副業すると有意義

この様に在宅ワークでは平日昼間からオナニーしていても仕事さえ人並みにちゃんと出来ていれば全く何の心配も問題もありません。

しかし、中には勤務時間中にオナニーしてしまう自堕落な自分自身に「本当にこんな無為で怠惰な生活を続けていて大丈夫なのか?」と危機感を感じてしまう意識の高いビジネスマンの方もいるかもしれません。

その様な方は意識の高い方は、在宅勤務中の余った時間で副業するとオナニーよりも遙かに有意義です。

実際に私自身も以下のブログ記事に書いている様に、在宅勤務中の余った時間にブログ運営で広告収入を得る副業をしており、本業の31万円の月収以外にも副収入を得ています。

一部の大企業以外では年功序列制度の実質崩壊した現在の日本では、昇給や出世によって月給を5万円上げることは簡単ではありませんし、たった1年で月給5万円アップを達成するのはどれほど努力して会社の仕事を頑張っても非常に難しいことです。

しかし、ブログ運営などのネットビジネスで月5万円ほどの副業収入を得ることはそれほど難しいことではないので、在宅勤務中の暇な時間はオナニーなどではなく有意義に使いたいという方は、副業に挑戦してみる価値は十分にあると思います。

ブログ運営への挑戦は、たった年1万円程度の経費を払いサーバー代とドメイン代を払うだけで可能ですし、ブログから毎月5万円の副業収入があれば年収が60万円も増えるので家計にも遙かに余裕ができます。

自分の能力やスキルのアップに空いた時間を使う手も

そしてさらに意識の高い方は、在宅勤務中の自分の能力やスキルのアップに空いた時間を使うという手もあります。

英語などの語学力を身に付けるとか、プログラミングなどの技術を習得して手に職を付けて自分を高めることでキャリアのステップアップの可能性を高め、万が一勤め先の会社が経営危機に陥った際への備えにもなります。

この機会に本気で自分の語学力を高めたい方には、以下の様に本格的な英語学習スクールがあります。完全オンラインで通学と同じ全てのレッスンを受けることが出来るコースもありますので、無料カウンセリングを受けてみるといいかもしれません。

【楽ではないから成果が出る】1年英語マスタープログラム「トライズ」



トライズは、1年で英語を身につけることができる英会話スクールです。
学習時間は週3回のレッスンを含め、1年間で1000時間。一般的な英会話スクールと異なり、楽ではないからこそ確かな成果が出ています。

成果の確認には、Versantという米国大使館でも採用されている英会話テストを使用しておりますが、例えば、当初たどたどしく英語で話せるレベルの37点だった受講生が、1年で自由に英語で話せる50点まで到達しています。

専属コンサルタントとネイティブ講師が1年間日々しっかりサポートしますので、継続率も91.0%と非常に高くなっています。

また、この機会にAI(人工知能)やプログラミングなど最先端分野の基礎知識を習得したいというビジネスマンの方には、以下の様なオンライン完結のプログラミング学習がありますので、こちらも検討してみるといいかもしれません。

TechAcademyのオンラインプログラミング学習「はじめてのAIコース」



TechAcademyは最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。
どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

■TechAcademyのオススメポイント
・自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
・受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

これらのスキルアップによってビジネスマンとしてのキャリアをステップアップ出来れば年収数100万円以上のリターンがありますので、意識の高い方は将来への自己投資として自宅勤務で有り余った時間をオンライン学習に費やしてみてはいかがでしょうか。

在宅勤務中のオナニーがやめられなくとも問題ない

在宅勤務中のオナニーがやめられなくとも、人並みに仕事をしてアウトプットが出来ていれば問題ありません。

ちゃんと仕事で成果さえ出せていれば、勤務時間中にどんな変態的なオナニーをしようがそれは個人の自由です。

実際のオナニー中毒の私は、ほぼ毎日のように平日昼間からオナニーをしていますが、特に問題もなく今年で在宅勤務6年目を迎えました。

「このままでオナニー中毒の廃人になってしまうんでないか…」と心配になってしまう方の場合、ブログ運営などの副業に挑戦すれば、副業収入で年収を60万円ほど上げることはそれほど難しいことではありません。

また、意識の高いビジネスマンの方の場合、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務をしている今は、語学学習やプログラミング学習などで自分の能力を引き上げるスキルアップの絶好のチャンスです。

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が導入されてから平日昼間からオナニーをしてしまう自堕落な生活に危機感を持ったビジネスマンの方は、余った暇な時間にブログ運営などのオンラインの副業に挑戦したり、英語学習やプログラミング学習などのスキルアップに挑戦してみてはいかがでしょうか。

以上、「在宅勤務で平日昼間からオナニーする自分に罪悪感を感じる方へ」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする