今は結婚は必要じゃない。昔の人が結婚したのはコスパが良いから

「本当は結婚したい、でも結婚には色々とお金が必要だしコスパが悪いし…」と結婚を諦めてしまっている方も多いのではないのではないでしょうか。

いや、そもそもの勘違いとして、結婚は独身よりもずっと経済的でコスパがいいのです。

2人が同じ家に住むことで1人あたりの住居費の負担は減りますし、2人分の食事を一緒に作ることで炊事の効率性も高まります。また、2人分の食材を買った方が、1人分の小分けの食材を買うよりも1人あたりの食材費が安くなります。

経済的なコスパを求める方は、以下の成功率業界No.1の婚活支援サービス「パートナーエージェント」を利用して、高望みせず結婚してください。

成婚率業界No.1の婚活支援サービス「パートナーエージェント」



本来、結婚は経済的に非常にコスパが良い行為ですし、だからこそ昔の日本人はほとんど全員が結婚していたのです。

しかし、現代では独身でも十分に便利で豊かに生活出来るため、無理に結婚する必要がなくなり、未婚者の割合が増えているのです。

昔は独身だとコスパが悪過ぎてまともに生活できなかった

なぜ昔の人はみんなが当たり前に結婚していたのか?

日本が今より経済的に豊かだったから?

いえ、昔の社会は現在に比べると非常に貧しく、独身だと不便でコスパが悪過ぎて、まともに生活することすら出来なかったからです。

不便で貧しい暮らしをしていた昔の人は、経済的なコスパや生活の必要に迫られて無理に結婚していたのです。

昔の人の暮らしが現代に比べてどれほど不便で貧しかったか。

それは小学生程度の歴史の知識があれば分かります。

ご存知の通り、昔の人はご飯を炊くのですら、薪を割り、火を焚き、井戸から水を汲み、そして何時間もの時間かけて釜で炊き上げる必要がありました。

洗濯などの他の家事も同様で、洗濯は川で洗濯板を使って手洗い。

昔は水道も電気も炊飯器も洗濯機もなかったのですから当たり前です。

その様に何もなく非常に貧しく不便で家事も大変だったので、自分一人で働きながら家事をこなしまともに生活をすることなどほとんど不可能だったのです。

だから昔の人は結婚して外に働きに出る夫と家事をする妻で仕事を分担し、さらには生まれてきた子供達も労働力としてフル活用し、百姓仕事を手伝わせたり、家事や育児を手伝わせたりしていたのです。

昔は生活が不便で貧しいからこそ結婚しなければまともに暮らすことも出来なかったですし、昔の人はほとんどみんな結婚していたのです。

アフリカなどの非常に貧しい発展途上国で出生率が先進国よりも遙かに高いのも同じ理由で、便利な家電などもなく貧しく生活が不便なために、結婚して家事や仕事を分担したり、子供達を働かせたりしないとまともに暮らすことも出来ないからです。

今の日本の生活は豊かで便利過ぎて結婚する必要がない

なぜ今の日本では未婚率が高まっているのか?

経済が衰退してみんな貧しくなったから?

違いますね。

むしろ逆に皆が豊かになって結婚する必要がなくなったからです。

炊飯器、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジ…

今の私達の生活は便利な家電で溢れています。

また、わざわざ自炊をしなくとも簡単に出来あいの食事やお惣菜が買えるコンビニやスーパー。さらには種類も豊富なレトルト食品や冷凍食品。

冷凍食品の種類の豊富さなど考えれば分かるように、つい20年前と比べても私達の生活はますます豊かで便利になるばかりです。

家事にほとんど時間をかけずに豊かで快適な生活が出来てしまいます。

昔とは違い仕事しながら家事をすることも余裕ですし、家事をしてもらうためにわざわざ結婚する必要もありません。

また、昔の人は結婚出来ずに家族もいなければ非常に孤独だったでしょうが、今は寂しければテレビを見たりネットで動画を見たりSNSをしたりも出来ます。

結婚相手を心の支えにする必要性も非常に薄まっています。

今の日本人の生活は豊かで便利で快適過ぎて結婚する必要があまりないのです。

◆結婚したいと思わない理由
結婚したいと思わない人に、思わない理由を聞いたところ(複数回答)、「一人の方が気が楽」が50.1%、「自分の都合で生活できない(制約・妥協を強いられる)」が39.0%、「結婚の必要性を感じない」「今の生活で十分幸せ」「結婚願望がない」「自由に使える時間・お金が減る」が3割前後です。

さらに結婚をしなければ、労働に縛られないセミリタイアなど人生の自由度と選択肢が格段に広がります。

現在の日本では「結婚しない」ことの方がメリットが大きくなっているのです。

独身者が豊かに暮らせなかった古い常識に囚われ過ぎでは

世間の人々を見ていると、結婚しない独身者は豊かに暮らせなかった古い時代の常識に、余りにも囚われ過ぎではないかと思います。

確かに貧しく不便だった昔、メイドや女中を雇う余裕のない庶民は、結婚しないと豊かで快適な生活など不可能でした。

生活のコスパや経済的なコスパを高め、より豊かで快適な生活を手に入れるためにみな無理矢理にでも結婚していたのです。

しかし、それはあくまでも古い時代の常識です。

現在は独身者でも不自由なく豊かに快適に暮らせるのですから、そんな過ぎ去った古い時代の常識を気にする必要などありません。

それでも結婚をしたいなら婚活支援サービスがおすすめ

結婚は不要だと散々語って来ましたが、それでも結婚をしたいなら婚活支援サービスの活用がおすすめです。

以下の成功率業界No.1の婚活支援サービス「パートナーエージェント」を利用して、高望みせず結婚してください。

成婚率業界No.1の婚活支援サービス「パートナーエージェント」



ただし、年収400万円未満の非正規男性の場合、婚活をしても99%まともに相手にもされないです。

その様な方はまずは正社員転職して年収アップすることをご検討ください。

また、女性の場合は「自分の様なブスはまともな男に相手にされないんじゃないか?」と思ってしまっている方も多いと思います。

そんなことは決してありません。

真性のドブスでもまともな男と結婚する方法はあります。

以下の記事はブスはどうしたらまとな男と結婚出来るのかということを男目線からアドバイスしていますので、是非参考にしてください。

以上、「今は結婚は必要じゃない。昔の人が結婚したのはコスパが良いから」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする