40代だとバイトの面接も受からない?今の日本は深刻な人手不足で猫の手も借りたい状態です

「40代だとバイトの面接も受からない」そう思って社会復帰を最初から諦めてしまっている高齢ニートや中年の無職の方もいるのではないでしょうか。

しかし、現在の日本は団塊世代の現役引退や若者の減少などにより、歴史的な人手不足状態に突入しています。

リーマンショックや派遣切りなどによって失業者が激増し、フリーターや学生バイトなどの若者が労働市場に溢れていた10年前前後とは全く違い、アルバイトやパートを採用する企業の側でも選り好みをする余裕など全くなく猫の手も借りたい状態で、たとえ40代であっても働き手が欲しいという企業が非常に増加しています。

40代だとバイトの面接も受からない、40代の中年だとバイトですら勤め先が見つからないという常識は、今では完全に過去のものとなっているのです。

高騰するバイトの時給。フリーターの自活が容易な時代に

40代の方の場合、実家や親元に寄生することが出来ずに、家から独立し一人暮らしをして自活が求められる方も多くいると思います。

フリーターや非正規雇用が社会問題とされていた10年ほど前までであれば、パートはアルバイトの時給は700円程度という低賃金も当たり前であり、フリーターや非正規雇用の方が一人暮らしで自活するという選択は、かなりハードルが高い状況が続いていました。

しかし、昨今、その状況は大きく変わりつつあります。

以下は厚生労働省が発表した平成14年(2002年)から平成28年(2016年)までの全国の最低賃金の推移の票です。

厚生労働省「平成14年度から平成28年度までの地域別最低賃金の推移」(PDF)

2002年では全国の最低賃金の平均(全国加重平均額)は663円と600円台であり、パートやアルバイトは700円程度という低賃金の時給が当たり前の非正規格差の時代でした。

一方で2016年現在では、2002年当時よりも最低賃金は150円以上も上昇し、全国の最低賃金の平均は823円と800円を超え、東京では最低賃金が932円と900円を超えるなど、アルバイトやパートであっても900円以上の時給が当たり前という時代に入っています。

この様なアルバイトやパート労働者の時給高騰は特に都市圏で顕著であり、関東・関西・東海では、アルバイト・パートの平均時給が1,000円を突破しました。

アルバイト・パート時給上昇が加速 – BLOGOS(ブロゴス)
http://blogos.com/article/245042/

さまざまな業種で人手不足、またアルバイトやパートの時給高騰の悲鳴が漏れ伝わってきます。働き手としての労働力人口は少子高齢化の影響を受けて減る一方です。ただでさえ働き手が不足しているところに、わずかでも景気が回復してきた結果、アルバイトやパートの時給の高騰に拍車がかかってきています。

リクルートが、求人メディア 『TOWNWORK』 『TOWNWORK社員』 『fromA navi』に掲載された求人情報から、アルバイト・パート募集の求人情報を抽出し、募集時平均時給を時系列で調査していますが、とくに首都圏・東海・関西の三大都市圏の時給高騰が顕著です。

この7月度の集計では三大都市圏で、前年同月より23円増加の1,010円、2.4%増でした。

パート・アルバイトの時給高騰はさらに進行中で、人口動態から日本の生産年齢人口(労働力人口)がこの後も年々さらに落ち込み続けることを考えれば、AI(人工知能)の本格的な労働市場への導入が行われる今後10年から20年までの間は、フリーターや非正規労働者の給与は今後もさらに右肩上がりで急騰し続けることが考えられます。

現在の急激な非正規雇用者の賃金上昇ペースが続けば、アルバイトやパート労働者の時給が1,500円前後が当たり前の時代。その様な時代も決してそう遠くはありません。

時給が1,500円程度に達すれば、1日8時間労働、月間25日出勤で月給も30万円に達しますので、アルバイトやパート労働者であっても、ボーナスを考慮しなければ正社員とほとんど同等の賃金水準を得ることも可能です。

この様に現在の日本では人手不足によってアルバイトやパートの賃金が急騰している状況で、フリーターや非正規労働者であっても贅沢さえしなけば十分な収入を得て自活して生きている労働環境が生まれつつあるのです。

40代でも若者になる社会が到来しようとしている

また、かつてであれば40代の中年は「おっさん」や「おばさん」で年寄りに近い存在でしたが、深刻な高齢化による人口ピラミッドの変化により、日本は40代でも「若手」と呼ばれるような社会になりつつあります。

下の1950年(昭和25年)から1980年(昭和55年)、そして2014年(平成26年)までの日本の人口ピラミッドの推移のグラフをご覧ください。

人口ピラミッドの変化(「平成27年版厚生労働白書 – 人口減少社会を考える -」から)

1980年時点では、日本の人口の大半は30代以下の若い年代であり、40代以上の年齢は少数でしたが、現在ではこの社会の大半を40代以上の人口が占め、40歳であっても社会の中では十分に若い方に属する様な年齢分布となっています。

上記のグラフは2017年現在から3年前の2014年時点での年齢分布ですが、現在ではさらにピラミッドの全体が上に押し上げられていますので、さらにこの傾向は強まっています。

この様に40代であっても社会全体の年齢分布を見れば若者に属する様な時代で、求人採用を行う企業の側でも「40代はアルバイトやパートで雇わない」という選り好みなど到底出来ない状況に追い込まれています。

今の日本は深刻な人手不足によって猫の手も借りたい状態ですので、「40代だとバイトの面接も受からない」と決めつけて社会復帰を最初から諦めてしまっている高齢ニートや中年の無職の方も、もし社会復帰を希望されているのであれば、この売り手市場のチャンスにアルバイトの求人に応募してみてはいかがでしょうか。

ニートや無職は派遣社員から社会復帰するのが一番無難

私自身も身体を壊して大手ブラック企業を辞めて無職になり、その後派遣社員から契約社員を経て中小企業の正社員となった経歴の人間ですが、過去にまともな職歴も無いニートや無職の方の場合、派遣社員から社会復帰するのが一番無難です。

まともな職歴も無いニートや無職からいきなりの正社員は非常にハードルが高いです。

参考:ニートからいきなり正社員はハードルが高い。まずは派遣に登録して働くことに徐々に慣れるべき

現在の日本は非常に深刻な人手不足であり、無職やニートの方であっても選り好みしなければ意外と正社員に就職出来てしまったりもします。

しかし、社会経験の乏しい無職やニートの方の場合はむしろ就職した後が問題で、気ままな無職やニートの生活から正社員の過酷な社畜生活への切り替えが出来ず、せっかく決まった正社員の仕事を「働くのが辛い」という理由で数ヶ月ですぐに辞めてしまうという例が非常に多いのです。

ですので、ニートや無職の方には、まずは仕事の負担や責任も比較的軽く、週3日などの比較的に少ない出勤日数、1日5時間程度の少ない労働時間から働くことも可能で、残業なども基本的に発生しない派遣社員から、社会復帰することをおすすめします。

また、通常のアルバイトですと「仕事が合わなくて辞めたくなった」「人間関係が上手く行かなくなって嫌になった」などの場合、また次のバイトを先を探して求人に応募して面接をしてと、全てを最初からやり直さなければなりません。

しかし、派遣社員の場合は「仕事を変えたい」と派遣会社のスタッフの人に相談することですぐに別の仕事や職場に変えて貰うことも可能ですので、「もし上手く行かなくとも他の派遣先で頑張ればいい」と比較的気軽な気持ちで働けるのも、社会復帰をされるニートや無職の方にとってはメリットです。

40代も大歓迎!工場勤務の仕事に特化した求人サイト「工場求人ナビ」

「工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。

工場系の求人が非常に豊富で寮完備・月収30万円以上などの求人も数多く紹介しています。

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」



トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人が豊富なことに加え、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録されており、年収400万円以上の高報酬も可能です。

働かれている方の年齢が幅広く50代の方なども現場で活躍されており、勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。

「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業ですので、遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

また、特に工場勤務初心者の方には注意点がありますので、登録の前に以下の記事を必ずお読み下さい。

工場勤務の仕事をご検討の方は以下の公式サイトから応募下さい。

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」

養う家族が居ないので肉体労働よりも楽な仕事がいい方へ

1人暮らしや親との同居で養う家族が居ないので年収400万円も必要ない、それほど給与が高くなくとも工場の肉体労働よりも楽な仕事がいいという方へ。

その場合は派遣社員として働くという手もあります。

通常の派遣社員であれば年収は200万円から300万円といった程度になりますが、養う家族や子供などが居なければ十分に生活していくことの出来る収入は得られるはずです。

飲食店業界は本当にブラックで過酷な業界ですので、毎日まともに寝ることも休むことも出来ず体も心も限界に達している方も多いと思います。

完全に限界を超えてしまい重度の鬱病や精神疾患になったりすれば、まともに働くことすら困難になってしまいますので、本当に耐えられないほど仕事がキツいという場合は、収入が減ったとしても無理に我慢せずに派遣社員になった方がマシです。

人材業界の最大手・リクルートが手がける人材派遣サービス「リクルートスタッフィング」

より待遇や賃金の良い派遣の仕事をお探しの方へおすすめなのが、インターネットから幅広く様々な業種や職種の仕事を探せる人材派遣サービスです。

「リクルートスタッフィング」は人材業界の国内最大手である株式会社リクルートホールディングスが手がける日本全国展開の人材派遣サービスです。

リクルートの派遣会社「リクルートスタッフィング」【公式サイト】



人材業界の最大手のリクルートが手掛けるサービスということもあり、求人の内容も幅広く、求人数や登録企業数は業界トップクラスですので、様々な業種や職種から、そして北は北海道から南は沖縄まで日本全国の勤務地から、自分にあった仕事を探すことが可能です。

リクルートスタッフィングに派遣登録するメリットとしては以下の3つのポイントがあります。

【メリット1】幅広い働き方や希望業種・職種から選べる

求人数・登録企業数が業界トップクラスですので、「残業なし」「週4勤務」「商社」「大学」「マスコミ」「英文事務」「メーカー」など、幅広い働き方や希望業種・職種の条件から派遣先を選ぶことが出来ます。

【メリット2】未経験から派遣にチャレンジできる安心サポート

就業経験がない方、派遣がはじめての方、その他様々な事情をお持ちの方に合った仕事が見つかるよう、専任のジョブコーディネーターがサポートします。

【メリット3】派遣から正社員になれる「紹介予定派遣」制度

派遣スタッフとして一定の就業期間を経た後に「正社員」「契約社員」になれる紹介予定派遣の仕事も多数取り揃えています。

派遣登録は以下の公式サイトから。全国31ヶ所にある登録センターへの直接来社を予約するか、もしくはオンライン登録だけでも派遣登録可能です。

リクルートの派遣会社「リクルートスタッフィング」【公式サイト】



リクルートスタッフィングは交通費が支給されない

注意点として、派遣会社の大半は交通費を支給しませんが、リクルートスタッフィングも交通費に関しては支給してくれません。

「どうしても交通費の支給を受けたい!」「派遣社員だけが交通費を支給されないのはおかしい!」「交通費が給与に含まれるなんて意味不明!」と不満を感じる方は、派遣社員に対しても正社員と同様に交通費を全額支給してくれる派遣会社も存在しますので、その様な交通費全額支給の派遣会社を選んで登録してください。

以下の記事では派遣会社の交通費支給の現実と全額支給の派遣会社を紹介しています。派遣社員の交通費支給状況が気になる方は是非お読み下さい。

以上、「40代だとバイトの面接も受からない?今の日本は深刻な人手不足で猫の手も借りたい状態です」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする