職場不倫でドロドロのホテル勤務の恋愛事情。元フロントマンの経験談

特に若い女性の方などであれば、職場の恋愛事情というのも、非常に興味や関心を持たれる気になるポイントではないでしょうか。

情報発信者のプロフィール」にある通り、元ホテルのフロントマンである私自身の経験から、ホテル勤務の恋愛事情を暴露していきたいと思います。

ホテルという職場では男女の職場恋愛が当たり前

ホテルという職場では同僚の男女が職場恋愛に発展する可能性が非常に高いです。特にフロントなどは男女の職場恋愛が当たり前の職場、そう思っていただいて間違いありません。

ホテル業は接客業であり密接な連携が求められる職場

なぜホテル勤務は職場恋愛に発展する可能性が非常に高いのか、一つには接客業であり、そして従業員や同僚同士がスムーズに連携することが必須の職場であるということが言えます。

特にホテルのフロント勤務やラウンジやレストランのウェイター・ウェイトレスなどは、最前線でお客様に対応する接客業ですので、男女ともに社交的な性格で話上手の方や明るい性格の方が多い傾向にあります。

もちろん中には、かつての私の様にあまり社交的な性格ではないフロント従業員もいますが、大半は話し好きの明るい社交的な性格の方が働いている職場がホテルです。

この様な明るく話上手でコミュニケーション力が高く社交的な方は恋愛などに対しても積極的ですので、職場の異性などにも積極的にアプローチして男女の仲となるケースが多い傾向にあります。

また、ホテルの接客業務ではそれぞれのお客様への対応の仕方など、情報の引き継ぎや共有、細かい密な連絡、スムーズな連携などが不可欠ですので、同僚や上司・部下がお互いにコミュニケーションを取り合わなければならない場面も非常に多く、その様な密接に連携した業務の中で、関係が仕事仲間から男女の仲へと発展しやすいということが言えます。

ホテルは20代から30代前半までの若い従業員の多い職場

もう一つの理由として、ホテルのフロント従業員やラウンジやレストランのウェイター・ウェイトレスなどは、20代から30代前半までの年齢的に若い方の比率が圧倒的に多いということが言えます。

ホテルの中でも日本料理の調理場はベテランの板前さんが多いですし、ルームクリーニングや客室清掃を行う従業員は40代~70代などのおばちゃんやお婆ちゃんが多いのですが、フロントなどの接客部門の従業員の大半は若い方です。

以下の記事でも私のホテル勤務時代の経験を元に書いていますが、大半のホテルはフロントなども含めて薄給激務のブラック職場であり、大半の従業員は30代中盤に差し掛かる頃にはホテルの仕事に見切りを付け、さっさと職場を辞めて他の仕事へと転職していきます。

参考:ホテル関連の仕事は正社員でも一部の一流高級ホテル以外は想像以上の薄給激務です
参考:ブラック企業のチェック方法「30代半ばから40代の働き盛りの年代の社員の割合」

この様な背景もあり、ホテルのフロントなどは20代から30代前半までの年齢の若い社員や従業員の方が大半を占めています。

年齢が若いということは、それだけエネルギーがありお互いに男女の恋愛などに発展する可能性も高いということでもあり、ホテルには職場恋愛の活発な環境が醸成されています。

職場であるホテルの客室を男女関係に利用できる

ホテルという職場では従業員同士が男女の仲に発展しやすい理由として、下世話な話となってしまいますが、職場であるホテルの客室や休憩室(多くのホテルは24時間営業なので従業員用の仮眠室があります)を男女関係に利用できるということが言えます。

従業員同士や職場の上司と部下が空室の客室や休憩室などを利用して肉体関係になる。この様なケースが非常に多いのがホテルという職場です。

私自身は真面目な性格でしたので、職場で同僚の女性と男女関係になるということは1回もありませんでしたが、私と同年代の同僚のフロントマンは、ホテル内のラウンジ喫茶店のウェイトレスの女の子と男女関係になっており、その為にホテル内の休憩室のベッドを頻繁に利用していました。

この様に従業員同士が当たり前の様に恋愛関係や男女の関係に至りやすいあらゆる要素が揃っているのが、ホテルという職場ではないかと言えます。

上司と部下のドロドロの不倫関係も珍しくないホテル勤務

この様に職場そのものにベッドもあり寝泊まりが可能であるなど、まるで「どうぞ不倫してください」という様な環境が整っているホテル勤務では、上司と部下のドロドロの不倫関係というケースも決して珍しくありません。

ホテルで上司の男性と部下の女の子が不倫関係にあったとしても、職場の内部だけで男女関係の全てが完結出来ますので、そんなことは上司の奥様にも知りようがありません。

一緒に外に出てラブホテルなどに行く必要もなく、職場の客室や休憩室のベッドを利用すればいいわけですから、不倫をする側からすれば、妻や夫にバレずに安心して不倫が出来る環境が整っているということが言えます。

妻や夫から疑問を持たれて怪しまれても、ずっと職場にいたことは事実ですので、「ずっと職場に居て仕事をしていた」と言いやすいという心理も働きます。まさにホテル勤務という職場は不倫の誘惑の塊なのです。

私のホテル勤務時代の上司や先輩にも、妻子持ちであり家庭がありながら、やはり職場の同僚の女の子と肉体関係を持ったという方はいました。上司本人が直接私に暴露した話ですので、噂話ではなくほぼ確かな話です。

また、これは聞いた話ですが、私の勤め先だったホテルでは、職場での部下の女の子との不倫が発覚して奥様と離婚、そして同じグループ系列の他のホテルに左遷された管理職の方もいたようです。

この様に私自身のホテルフロント時代の経験から言っても(私自身がホテルでの職場恋愛を体験することはありませんでしたが)、上司と部下の肉体関係、そして不倫。この様な恋愛事情や男女関係が非常に活発なのが、一見すると「真面目で華やかな仕事」というイメージもあるホテルという職場のドロドロの人間模様の実態と言えます。

今回の記事では特に若い女性の方が興味や関心を持たれる職場の恋愛事情などについてホテル勤務の実態を暴露してみました。

女性の方向けには以下の記事も書いていますので、ホテルのフロントの仕事に興味のある女性はこちらもお読みください。

参考:ホテルのフロントは女性におすすめ出来る仕事や職場ではない。元フロントマンの経験談

男性もそうですが、特に女性の方の場合、会社や職場に対して「異性との出会いの場」を期待する気持ちも心のどこかにあると思います。

しかし、余りにも大変でブラック過ぎる職場の場合、恋愛などする心の余裕すらなくなってしまいますので、まずは余裕を持ってまともに働くことのできるホワイトな職場に就職することを考えましょう。

そして幅広く企業の求人情報を集めてまともなホワイト企業への転職を成功させる上で必須なのが、サイトに登録して具体的に様々な求人を比較できる転職サイトです。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「職場不倫でドロドロのホテル勤務の恋愛事情。元フロントマンの経験談」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする