自殺したいくらい会社が辛い方へ。死んでしまう位なら無職になった方がマシです!

自殺したいくらい会社が辛い方、死んでしまう位なら無職になった方がマシです!ビルから飛び降りたり線路に飛び込んだり首を吊ったりする前に、その自殺する行動力でとっとと今すぐに会社に辞表を提出して会社を辞めましょう!

日本は世界屈指の自殺大国です。年間の自殺数はピークの2003年の約3万5,000人と比べると、2016年現在は約22,000人と減少傾向にありますが、依然として自殺率は世界6位と非常に高い自殺率となっています。

日本の自殺率は世界でワースト6位、特に女性はワースト3位 – 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/170530/lif1705300035-n1.html

政府は30日、平成28年度自殺対策白書を閣議決定した。諸外国における自殺の現状を初めて詳しく分析した項目を加え、世界各国の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を比較すると、日本はワースト6位となった。特に女性はワースト3位と高水準だった。各国の自殺率を参考に、今夏に見直しされる「自殺総合対策大綱」に日本の目標値が盛り込まれる。

白書は自殺対策基本法に基づいて作成され、今年で11回目。自殺率のランキングは、世界保健機関(WHO)が2014年にまとめたリポートを参考に、人口と自殺者が把握できている約90カ国を比較した。

日本の自殺率は19・5で、ワースト1位はリトアニア30・8。韓国28・5、スリナム24・2、スロベニア20・5、ハンガリー19・5と続く。男女別で、日本の男性はワースト12位(27・7)、女性はワースト3位(11・7)となっている。

一方、白書に盛り込んだ警察庁の統計では、平成28年の自殺者数は2万1897人で、男性は1万5121人、女性は6776人。15年の3万4427人をピークに減少傾向にある。

なぜ日本の自殺率が高いのかと考えると、その理由として日本の社会は非常に同調圧力の強い国であることが言えます。日本人は「〇〇〇でなければらない」という世間体を余りにも気にし過ぎる国民なのです。

統計局ホームページで公開されている「労働力調査」によると、2017年7月の日本の完全失業率は2.8%です。完全失業者数は191万人。前年同月に比べ12万人の減少。86か月連続の減少となっています。

労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)7月分 (2017年8月29日公表)- 統計局
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.htm

一方でヨーロッパの2016年11月の9.8%です。

ユーロ圏失業率、16年11月は横ばいの9.8% – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09H26_Z00C17A1000000/

 【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)統計局が9日発表した2016年11月のユーロ圏(19カ国ベース)の失業率は9.8%となった。7年3カ月ぶりの低水準を記録した10月から横ばい。内需中心の緩やかな景気回復を背景に、雇用情勢は底堅さを保っている。13年には一時12%台に達していたが、最悪期を脱しつつある。

 11月の失業率を国別にみると、ユーロ圏19カ国で最も低いのはドイツの4.1%。一方、16年9月分が最新のデータであるギリシャの失業率は23.1%と高止まりしており、域内格差が目立つ。スペインやギリシャでは25歳未満の失業率がなお40%を超すなど、若年層の失業問題も深刻な状態が続いている。

ヨーロッパの失業率は2.8%の日本の3倍以上、ほぼ10人に1人が失業者です。

「会社を辞めて失業して無職になった、恥ずかしいことだ、もう生きている価値もない」と思ってしまうのが日本人ですが、ヨーロッパでは失業者は10人に1人程度の割合ですので全く気にすることはありません。

彼らヨーロッパ人は日本人の様に会社が辛くて自殺することなどほとんどなく、会社を辞めても、もしくは辞めさせられて失業しても、別に普通に生きています。

日本人が余りにも周りの目は世間体を気にし過ぎるのです。ヨーロッパ人の様に堂々と無職として生きても別に問題ないのです。

無職になっても死ぬことはないし人生の終わりではない

たとえ会社を辞めて無職になっても、すぐに死ぬことはありませんし、人生の終わりでもありません。自殺して死んでしまわずに生きていれば何とでもなります。

自殺を考えるほど余りにも会社が辛いのであれば、その会社を辞めて他の会社や業界へ転職してしまえばいい話ですし、たとえ転職に失敗したとしてもアルバイターやフリーターなどになって食い扶持を稼げば生きて行けます。

最悪無職となってしまっても奥さんに働いて養って貰う、親に養って貰う、それが出来なければ生活保護で国に養ってもらうなど、いくらでも会社を辞めて生きていける方法はあります。

そして会社を辞めて転職に失敗して、無職やニート、派遣労働者、非正規労働者、フリーターとなっても、また正社員として働ける道はいくらでもありますし、元に居た会社よりも良い会社と巡り合う可能性もあります。

私自身も、業界〇位のサービス関連の大手ブラック企業の正社員を3年で身体を壊して辞め、食品関連のライン工場での派遣労働者を経て、現在はIT系のホワイト零細企業で正社員として働いています。

ホワイト零細企業に勤めた今は、大手ブラック企業時代と比べて労働時間は半分以下になり、そして収入はほぼ倍増しました。最初の会社を辞める前よりも今の方がずっといい生活を送れています。

会社の正社員を辞めてしまったら人生は終わりという訳では決してないのです。

自殺を考えるほど仕事が苦痛なら転職してしまうのも手

今勤めている会社で働き続けることが自殺すら考えるとほど苦痛なら、たとえ会社の規模は大手であっても、とっとと別の会社に転職してしまうのも手です。

私の様に無理をしてブラック会社に勤務し続けた挙句、身体を壊してしまっては元も子もありません。ましてや自殺によって命を絶ってしまった女子電通社員の様に、ブラック労働環境で精神を消耗して死んでしまっては永遠に取返しがつきません。

「今の職場を辞めるのは、まるで安易に辛いことから逃げる様で嫌だ」という気持ちは分かります。私も依然の会社ではその気持ちで必死に身体に鞭打って3年間働き続けましたが、結局無理がたたって体を壊して会社を辞めざるを得なくなってしまいました。

「嫌なことから逃げること」「辛い事を避けること」「苦しいことを減らすこと」これは恥ずかしいことでも何でもなく、生物として当たり前の正しい行動なのです。

嫌なことがあってもそれを避けようとせず、敢えて辛い事から逃ずに向かって行くというのは、目の前に燃え盛る炎があって、それに向かって虫が自分から突っ込んで焼け死んで行くようなものです。それは立派でも勇敢でも偉くもなく、ただの愚かな行為です。

むしろ、本当に苦しいことや嫌なことからは、あらゆる努力をして手を尽くして逃げるべきなのです。それが人間としての正しい判断なのです。

将来の自分の為に積み上げていく努力と、目先の日銭を得る為に自分の時間と健康と精神を消耗していくだけのブラック企業の忍耐や理不尽。これは似て非なるものですので混同してはいけません。ただ我慢して会社に勤め続けるだけで報われた終身雇用や年功序列という昭和の価値観が崩壊した現在、ブラック企業での忍耐の先には全く何も残りません。

特に贅沢をする気もなく、仕事は生活出来る程度の最低限の収入を得る為のものと割り切って、何よりも日々平穏な気持ちで居られる暮らしと自分だけの私生活の時間を大切にしたいという私と同じ様なタイプの人間の場合、そういう目的に適った比較的のんびりと働けるホワイトな仕事や会社は、探せば意外と多くあります。

「情報発信者のプロフィール」のページに書いている通り、私も業界大手のブラック企業からそんなホワイトな会社に転職して、今は大学生時代以上にのんびりと在宅ワークで働いて生活している一人です。

私が現在勤めている会社は従業員10人未満の超零細IT企業ですが、「大手だからホワイト」「零細企業だからブラック」「IT企業だからブラック」ということなどはなく、給与面では年収380万円とそれほど多くの年収ではないものの(それでも贅沢をせず質素に生活するのであれば十分以上の金額で、副業で70万円ほどの収入を得て毎月10万円以上貯金出来ています)、以前勤めていた大手企業よりも遥かにホワイトな環境で働くことが出来ています。

今の会社の仕事が大変で死ぬほど辛いという方、もっとのんびりと自分のペースで働きたいという方は、「中途採用だとホワイトな企業では絶対に正社員になれない」「転職をしてもブラック中小企業でこき使われてさらに地獄を見るだけ」という先入観での思い込みや決めつけを一度捨てて、転職という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1「リクルートエージェント」

リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 転職市場でのあなたの強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 質の高い非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートの提供も行ってくれます。
  3. 企業への抜群のアピール力
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「自殺したいくらい会社が辛い方へ。死んでしまう位なら無職になった方がマシです!」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする