転職で失敗して後悔しないために。給与だけではなく休日数などの待遇や労働環境を重視すること

転職で失敗して後悔しないためには、求人の給与だけではなく、休日数・労働時間などの待遇や労働環境を軽視せずにしっかりとチェックすることが重要です。

いくら給与が高くとも辛い仕事は結局長くは続けられない

年収1,000万円、月収が手取りで40万円など良い給与を得られる仕事の求人も多くありますが、いくら給与が高くとも、辛い仕事は結局長くは続けられません。

転職活動で高給の求人の採用を勝ち取り、「やった転職成功!年収が100万円アップしたぞ!」などと喜んだのもつかの間、結局仕事が辛くて数年で辞めることになり後悔する。

この様な転職の失敗事例が決して少なくないのです。

たとえいくら年収が800万円だとか1,000万円の給与の高い仕事だとしても、仕事内容が辛くハードで身体を壊したりなどして、数年しかその会社や職場に勤め続けられないのであれば、結局長い目で見ると多くの給与は得られません。

そして、そうやって転職先の会社を辞めた頃には、年齢も30代半ばなどの就職市場での旬の年齢を完全に過ぎてしまっており、結局最初の会社よりも低賃金の職場に再就職して働き続ける結果となってしまう。

給与や収入を上げる為に会社を辞めて転職をしたつもりが、結果的に自分の生涯賃金を下げる結末になってしまうのです。

ですので、ある程度の水準の給与を得られる仕事を選ぶということだけでなく、無理なく長く勤め続けられる仕事内容や労働環境の転職先を選ぶこと。これが転職で失敗して後悔しないために重要なことです。

中途採用をされる高給の仕事は基本的に非常にハード

ホワイト大企業への新卒採用での入社であれば、それほど仕事内容が大変ではなくとも勤め続ければそれなりの給与が得られる職場に勤めることも可能ですが、中途採用での高給な求人の仕事は基本的に肉体的にも精神的にも非常にハードです。

特に中途採用で年収1000万円超の給与となると、その職場や仕事内容の過酷さは想像を絶するレベルになります。

中途採用で年収1000万円超の職場の過酷さは半端じゃない

中途採用で年収1000万円超の職場の過酷さは半端じゃありません。その様な職場や仕事内容の過酷さは想像を絶するレベルになります。

下のリンクのブログ記事は

参考:東京インスパイア「不動産の営業マンに転職したがキツくて三日で退職した話しをしようと思う」

  • 業種未経験大歓迎!!
  • 高卒以上!!
  • 職種職歴一切関係ナシ!!
  • 20代前半の方を積極採用!!
  • 週休2日制!!
  • 勤務時間9:00~17:00(※就業後プライベートを優先できます)!!
  • 入社3年目で年収2000万円を目指せます!!

という求人に応募した首都圏在住の方(当時20代)が、不動産営業マンに採用された後3日で辞表を提出して退職するまでの実体験を綴ったリアルな体験談の記事です。

年収1000万円超の世界がどれほど過酷で厳しいものであるのか、その実態をリアルに生々しく窺い知ることが出来ると思いますので、年収1000万円などの高年収の待遇に漠然とした憧れを持って転職を検討されている方は、まずは上の記事を読んで過酷な現実を知って下さい。

あなたがこの記事を読んでも「自分はこの様な世界でも自分は戦い抜ける」という絶対的な自信と覚悟をお持ちでしたら、私はその転職を止めません。

しかし、ただ漠然と年収1000万円などの高年収に淡い憧れを抱いている様な状態で、給与に不満があるからと気安く現在の会社を辞めて、この様な中途採用で高給を得られる求人に飛びついてしまうことは、後悔して終わる場合が多いので決しておすすめ出来ません。

上のブログ記事の方の様に20代前半など年齢が非常に若ければ、その様な転職失敗の経験も「人生経験の一つ」と割り切ることも出来ます。しかし、30代前後の年齢での転職失敗はキャリア形成の面で致命的ですので、取り返しの付かない結果となってしまうリスクがあります。

ですので、転職で失敗して後悔しないために、転職先を選ぶ際は、求人の給与の額面だけではなく、休日数・労働時間などの待遇や労働環境を軽視せずにしっかりとチェックして頂きたいのです。

それなりの給与で無理なく勤め続けられる職場が一番無難

結局の所、余りに高収入を高望みせずに、それなりの給与で無理なく長く勤め続けられる職場を選ぶことが、転職先の選択としては一番無難です。

中には過酷な競争を勝ち抜き上のレベルに上がって行けるタフな方もいますが、世の中の大半を占める普通の方にとっては、中途採用で年収800万円や年収1,000万円などの高給を得られる様な仕事を続けることは、非常にハードルが高く難しいことです。

給与アップを狙って転職したものの余りにハードな仕事内容に耐えられず会社を辞めることになり、最終的には最初に勤めていた会社よりも給与が低く待遇の悪い会社に転職する結果となってしまう。

この様な転職の失敗事例は非常に多いですので、たとえ求人に書かれた給与が良くともすぐに安易に飛びついてしまわずに、それほど負担が大き過ぎず無理なく続けられる仕事であるかどうかというポイントは、軽視せずにしっかりとチェックすることを強くお勧めします。

もちろん、チャレンジ精神と男気と挑戦心に溢れる方で「火の中に飛び込んでも自分の力を試してみたい」という思いを強く持っているのであれば、その決断を止めることはしません。

しかし、会社を辞めて転職をする前に、本当に荒波に立ち向かっていくだけの覚悟を持っているかどうかは、自分に繰り返し問いかけるべきです。

高年収の職場に中途採用されるということは、野球で例えると巨人にFAで入団するのと同じ

高年収の職場に中途採用されるということは、分かりやすく野球で例えると、巨人にFA(フリーエージェント)で入団するのと同じです。

野球選手がFA(フリーエージェント)で人気球団である巨人に入団すれば、他球団を遥かに上回る注目を浴びることが出来、そして年俸も大幅に上がります。

しかし、その様な特別な人気球団であるからこそ、選手として生き残るためのポジション争いも過酷を極め、強烈なプレッシャーに晒され続けることになります。

まさにそこは荒波の世界なのです。

元広島カープ所属で読売ジャイアンツに移籍したプロ野球選手の江藤智選手を口説き落とした「荒波に立ち向かって行きなさい」という長嶋監督の男気溢れる熱い言葉は、プロ野球ファンの間では有名です。

しかし、江藤智という一人の選手のキャリアを考える上で、その長嶋監督の言葉に従って巨人に入団した判断は果たして正しかったのかどうか。それは意見の分かれる所です。

自業自得だった江藤智の選択 – 直(すなお)の直球スポーツコラム
http://sports-column.cocolog-nifty.com/straight/2005/07/post_08eb.html

長嶋茂雄が監督だったために不幸をみた選手は他にもたくさんいます。
しかし、この男の不幸だけは長嶋のせいではない、自業自得である、とハッキリ言える選手がいます。

それが江藤智。

2000年にFA権を行使して巨人に入団。
直前まで横浜入団が濃厚と思われていたが、「横浜にはサードに進藤がいるので入団できない」という意味不明な発言をして巨人入団。
巨人のサードのレギュラー元木を控えに追いやってレギュラー定着。

ここまでは計算どおりでしたが、フルに活躍できたのは32本塁打の00年と30本塁打の01年のみ。
02年以降は、18本塁打→17本塁打→4本塁打、そして今年はこれまで0本塁打と、年々下降線を辿り、ついには引退の危機まで訪れています。

彼にはまだ一線で活躍する力はあるんです。
おそらくフルに出場すれば20~30本は打てるでしょうし、打率も2割7分以上は残せるんじゃないかと思います。
ぶっちゃけ清原よりチームの勝利に貢献できるのではないか、とすら思っています。
しかし、悲しいかな彼はあまりにも地味すぎるためにレギュラーの機会をもらないのです。
そして代打生活ではリズムがつくれずに、結果を残すことができずにいるのです。

一見すると江藤は、長嶋以来の「補強戦略」の被害者のひとりといえるかもしれません。
しかし僕は、彼の場合は「被害者」ではなく、「自業自得」であるとしか思えません。

彼の誤算は自己分析ができていなかったこと。
彼は、自分があまりにも地味すぎることを分かっていなかったのです。
これだけ大砲が揃っている巨人の中では、よほどの実力があるか、もしくはセールスポイントとなるパーソナリティを持っていなければ通用しません。
分かりやすくいえば、ファンから支持されるだけの個性がなければならないのです。
清原、由伸、小久保、ローズにはそれがあります。
しかし残念ながら彼は、巨人の中では平凡な実力であり、突出した個性もないためにレギュラーをいただけなかったのです。
ちなみに04年のペタジーニもまったく同じです。

現在江藤の通算本塁打は349本。
350本目前のところで足踏みをしております。
江藤が広島でプレーした10年での通算本塁打は248本。
江藤が巨人でプレーした6年での本塁打は101本。
もし広島に残って、あるいは横浜に移籍してレギュラーに定着していたら…。
そしてこの6年、実力を発揮して毎年30本塁打を打ち続けていたら…。
通算428本塁打を放っていたのです。
まだ35歳なだけに、その後も40歳まで25本塁打ペースで打ち続ければ通算550号で、歴代4位に浮上することも可能だったのです。

人生の岐路で選択を間違えた。
そしてそれは自業自得の過ちだった。
実力はあっただけに残念な選手です。

広島カープから巨人に入団したこの江藤選手の様に、中途採用で給与の非常に高い上のランクの職場に入社して生き残るためには、激烈で過酷な競争を勝ち抜かなければなりません。

確かに一瞬だけを見れば、江藤選手は広島カープから巨人にFA入団して二年連続30本塁打を達成し優勝にも貢献したことで、年俸も大幅に上がりました。

以下は江藤選手の年俸と成績の推移です。 ※()内は年齢。

■広島カープ入団
1988年(18) 契約金3000万円
1989年(19) 360万円
1990年(20) 360万円 38試合 率.239 5本 10点 OPS.874
1991年(21) 600万円 91試合 率.215 11本 31点 OPS.730
1992年(22) 1020万円 89試合 率.289 16本 45点 OPS.879
1993年(23) 2400万円 131試合 率.282 34本 82点 OPS.916
1994年(24) 6300万円 105試合 率.321 28本 81点 OPS1.008
1995年(25) 1億円 127試合 率.286 39本 106点 OPS1.004
1996年(26) 1億6000万円 106試合 率.314 32本 79点 OPS1.047
1997年(27) 1億8700万円 110試合 率.252 28本 76点 OPS.896
1998年(28) 1億8700万円 132試合 率.253 28本 81点 OPS.845
1999年(29) 1億8000万円 121試合 率.291 27本 79点 OPS.953

■読売ジャイアンツ入団
2000年(30) 1億8000万円 127試合 率.256 32本 91点 OPS.847
2001年(31) 2億4000万円 134試合 率.285 30本 87点 OPS.898
2002年(32) 2億8000万円 125試合 率.242 18本 56点 OPS.728
2003年(33) 2億6000万円 105試合 率.268 17本 43点 OPS.798
2004年(34) 2億1500万円 55試合 率.227 4本 15点 OPS.716
2005年(35) 1億5500万円 81試合 率.172 0本 4点 OPS.503

■西武ライオンズ入団
2006年(36) 1億1000万円 52試合 率.242 5本 19点 OPS.769
2007年(37) 1億円 43試合 率.229 3本 17点 OPS.664
2008年(38) 5000万円 42試合 率.206 7本 17点 OPS.730
2009年(39) 5000万円 20試合 率.128 0本 1点 OPS.389

江藤選手が巨人に移籍した当時の広島カープは、2017年現在とは違って決して強豪球団ではなく資金的にも恵まれておらず、広島カープでプレイし続け居る限り、2億8000万円という3億円近い高年俸を得ることは絶対に不可能だったでしょう。

しかし一方で、ポジション争いの激しい人気球団の巨人に入団したことで過酷な競争に晒され、33歳から35歳という打者として最も円熟味を増し充実する年齢を、余り多くの打席に立つことなく終えてしまうことになりました。

結局、江藤選手は巨人から西武ライオンズに移籍し、当時の西武もまた、カブレラ・和田一浩・中島裕之という強打者が揃っていたこともあり多くの出場機会を得られず、通算364本塁打・1559安打で選手としてのキャリアを終えることになりました。

もしも江藤選手が巨人に移籍することなく広島カープでずっとプレイしていたのなら、400本塁打・2000本安打を達成して殿堂入りを果たし、山本浩二に継ぐ広島カープのレジェンドとなっていた可能性が高かったはずです。

しかし現実には、江藤選手は巨人という球団にFAで移籍したことにより、2000本安打も400本塁打も殿堂入りも達成することなく、そのキャリアを終える結果となりました。

問題は、果たして江藤智という一人の野球選手の生涯キャリアを考えた時、巨人への移籍は正解であったのかどうかです。

そしてこの江藤選手のFAでの巨人入団と同様なことは、私たちサラリーマンの転職活動にも言えます。

たとえ給与が良くても、休日も少なく労働時間の長い心身にプレッシャーの掛かる激務の仕事の消耗は、想像以上に強烈です。

その結果、目先の高給などに憧れて競争の激しい職場に転職したのものの、その過酷さのために数年で消耗し尽して会社を辞めてしまう。

社会人としての生涯キャリアを考えた時、この様な選択が得策だとは言えません。

もちろん、「ステップアップして上のレベルで勝負したい」というチャレンジ精神と向上心に溢れる方の決断と挑戦を敢えて私が止めることはしません。

しかし、会社を辞めて転職をする前に、本当に荒波に立ち向かい続けるだけの覚悟を持っているかどうか、果たしてその労働環境にずっと耐え続けることが出来るかどうか、それはしっかりと自分で自分に問いかける必要があるのです。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「転職で失敗して後悔しないためには、求人の給与だけではなく、休日数などの待遇や労働環境を軽視せずにしっかりとチェックすることが重要です。」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする