200円くらい時給が高い夜勤の仕事やアルバイト。しかし身体への負担が大きく「闇の住人」以外にはお勧め出来ない

同じ職場でほとんど同じ業務内容であっても、平均すると通常の日勤より200円くらい時給が高い夜勤の仕事やアルバイト。

しかし私自身の実体験からも、夜勤の仕事やバイトは身体への負担が半端じゃなく大きく長く続けることが非常に困難ですので、たとえ時給や賃金が割高であったとしてもあまりお勧め出来ません。

ただ、この世界にはドラキュラや吸血鬼の末裔などの「闇の住人」の方もいると思います。

その様な日の光を浴びるよりも夜の暗闇に紛れた方が逆に健康的に生きて行ける夜行性の体質の方は、時給の高い夜勤の仕事を選んでも問題ありません。

しかし、この地上で大部分を占める私と同様の普通の人間には、夜勤の仕事はオススメ出来ません。

夜勤の仕事には賃金の高さという大きなメリットがある

確かに夜勤の仕事は普通の昼間の仕事よりも賃金が高く、全く同じ業務のアルバイトでも時給換算で200円から300円ほども割高な給与を得ることが出来ます。

例えば首都圏のコンビニ店員のアルバイトでは、昼間の時給は1,000円台。夜間の時給は1,200円からさらに場合によっては1,300円以上というのが相場となっています。

マックで時給1500円!都心のバイトが超高額になってきた
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1470385056152.html

東京都心では時給1,000円を超えるというのはそんなに珍しいことではない。試しにバイト情報サイトで新宿区のコンビニの時給を調べてみると、多くの店舗で時給は1,000円以上。

(中略)

また、コンビニでも夜勤となれば1,250円以上という募集も多く、新宿区の平均時給は、2016年8月1日現在でなんと1,371円というデータもあるほど。やはり都心にはかなり高時給なバイトの数が多いようだ。

夜勤をすることで時給が250円高くなると計算すれば、1日8時間労働で20日間出勤として、250円×8時間×20日で1ヶ月の給与が4万円も多くなるという計算になります。

さらに夜勤をすることでの給与アップを年収に換算すると4万円×12ヶ月=48万円で、昼間の仕事に比べて約50万円も年収が増える計算です。

年収が200万円~300万円前後の非正規雇用者の方にとって、年収で50万円の差が付くというのは非常に大きな違いです。

独り暮らしの家賃を賄えるくらいの収入があるかないかと考えれば、時給で250円・月給で4万円・年収で50万円という賃金の違いの影響の大きさが分かると思います、

この様に考えていきますと、確かに夜勤の仕事には給与や賃金の高さという面では非常に大きなメリットがあると言うことは出来るでしょう。

夜勤の仕事は人の身体にダメージを与え健康を蝕む

基本的に人間の身体は夜に働く様には出来ていません。

もちろん一部には、夜も平気で働き続けることが出来る特殊な体質の方もいますが、彼らはおそらくドラキュラの末裔とか闇の住人の方です。

この世の中の大半を占める普通の体質の方は、昼に眠って夜に出社して働くような昼夜逆転の生活をずっと続けていると、健康に支障をきたしてしまうので注意して下さい。

夜勤という就労形態は、本人の知らないうちにその人間の人体と健康に致命的なダメージを蓄積していきます。これは脅しでもなんでもなく、「情報発信者のプロフィール」にある通り、私自身が実際にホテルのフロントマンとして不規則な夜勤生活を体験して痛感したことです。

「夜勤者は通常の労働者よりも平均余命が10年も短い」とも言われていますが、私自身が夜勤生活を体験しての実感では、これは非常に信憑性がある言説だと思います。

それだけ夜勤が身体に及ぼすダメージは半端なく大きかったです。

ただ、私自身はどちらかと言えばそれほど体力がある方ではないので(極端に病弱で体力がないわけではありませんが)、非常に壮健で体力などがある人は不規則な勤務時間の夜勤生活を続けても別に平気かもしれません。

また、以前の私と同じ夜勤労働者であっても、勤務時間が規則的な夜勤労働であれば、それほど体へのダメージは大きくないかもしれません。

さらに、ごく一部のドラキュラの末裔とか闇の住人の方であれば、昼間に働いて日光を浴びてしまうよりも、陽の光を浴びない夜勤の生活の方が逆に遥かに健康的でしょう。

この様に個々の体力や種族の違い、労働環境などによって個人差がありますので、「夜勤をすると必ず健康を害する」「夜勤をすると必ず早死にする」とは一概に言えません。

しかし、私と同様に夜勤によって健康を害する人間は少なからずいる、ということは間違いなく断言出来ることです。

夜勤での身体の異変。寝ても寝ても全く疲れが取れない

私の場合、不規則な夜勤生活で起こった身体の異変は、「寝ても寝ても全く疲れが取れなくなった」「何時間寝ても眠くて頭がスッキリしない」ということでした。

当時の私の健康状態や身体の異変を医学的に説明すれば、夜勤と日勤が繰り返される不規則な睡眠時間によって体内時計のリズムが狂い、質の高い睡眠を取ることが出来なくなった。という症状でしょう。

この寝ても寝ても全く疲れが取れずスッキリしない睡眠不足(厳密に正しく言えば睡眠障害などと言うべきでしょうか)の症状は、本当に半端じゃなく辛かったです。

日に日に身体も心もぐったりと疲れ果て、ゾンビ人間の様に生気を失っていきました。

そして体調の異変が完全に限界を超えてしまい、大卒で入社したホテルを3年間で辞めることになりました。

私自身が体調に完全に異変をきたしホテルフロントの夜勤の仕事を辞めるまでの体験談は以下の記事で詳しく書いています。夜勤の仕事やアルバイトを検討している方は是非こちらの記事もお読み下さい。

私は子供の頃から頻繁に夜更かしをしていて夜型の生活をしていたため、「もしかすると自分も実はドラキュラの末裔か闇の住人なのかもしれない」というほのかな期待を抱いて始めたホテルフロントの夜勤の仕事でした。

しかし、やはり私は完全に、夜には寝て昼間起きて働くという健康的な生活リズムの合っている普通の種族の人間だったようです。

夜勤という勤務形態はデメリットが大きくお勧め出来ない

私自身がこの様な身体の異変をきたしたこともあり、夜勤という勤務形態はデメリットが大きくあまりお勧め出来ません。

確かに通常の勤務に比べると、深夜の時間帯の労働には深夜手当や夜勤手当がつくなど、職場によっては夜勤は時給や賃金面でのメリットもあると思います。しかし、夜勤にはそれを遥かに上回るデメリットがあるというのが私自身の実感です。

ただ、本当に身体が壮健で健康的な耐久力の高い方であれば、夜勤として年10年も働き続けるということも不可能ではないでしょうから、その様な特殊な体質の方は夜勤の仕事に就けばいいのではないかと思います。

少なくとも私自身はその様なドラキュラや闇の住人みたいな夜行性の体質ではありませんでしたし、健康的な問題で長く仕事を続けることが出来ませんでした。

夜勤は自分の寿命と健康を削ってお金に変える様な働き方

時給が200円から300円くらい高い。

月収が4万円くらい増える。

年収は50万円くらい多い。

確かにこれらの金銭的なメリットは夜勤の素晴らしさです。

しかし、それは健康を著しく犠牲にした結果得ることの出来るメリットです。

自分の寿命と健康を削ってお金に変えている様なものです。

短期的に見れば賃金や給与が良かったとしても、結局体を壊してしまったり、また負担が大きく長く続けることが出来なかったりと、長い目で見れば、結局夜勤のメリットはデメリットに相殺されてしまいます。

日の光を浴びない夜勤の生活は精神面にもダメージを与える

医者・看護婦・消防士なども夜勤のある激務の職業ですが、やはり人並以上の体力と壮健さ、精神的なタフネスが必須の仕事です。生半可な気持ちと覚悟では続けられません。

そしてアメリカの統計データでは、医師はあらゆる職業の中でも自殺率が1位です。医師として働く人間は、平均の1.87倍の確率で自殺に追い込まれています。

アメリカで「自殺率」が高い職業ランキング1位は医師 – ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/9425800/

1位:医師
堂々一位となった医師の自殺率は平均の1.87倍。ストレスの高い仕事による精神障害や鬱にかかっても外聞を恐れて治療を受けない人が多く、結果として自殺につながっているよう。医療従事者として人体を熟知していることから自殺の方法を容易に見つけられるため、との声も。

医師には鬱や精神障害が多いと書かれていますが、仕事自体の責任の重さや過酷さに加え、不規則な夜勤による睡眠障害も決して無視の出来ない要素だと夜勤経験者の私は確信しています。

ほとんど昼間に外出して日の光を浴びない夜勤生活を長く続けていると、非常に気持ちが滅入り心のバランスが崩れて鬱気味の精神状態になります。

実際に私自身も数年間の夜勤生活を続けて、その様な憂鬱な精神状態が慢性化した体験をしています。

夜勤で精神的に滅入ると、何を見ても世界全体がまるで灰色に見えるのです。

実際に目で見る景色などが灰色になる訳ではないですが、心が何を見ても灰色の景色の様にしか感じられなくなるのです。

この夜勤の精神的な辛さは実際に夜勤を長く経験した人間でなければ分かりません。

医師の自殺率が通常の2倍というデータについて話を戻すと、非正規や薄給の夜勤の仕事であれば本当に辛くなれば辞めればいい話です。

しかし、逆に医師という高級で社会的身分も高い職業であるゆえに、そのまま医師を辞めずに働き続けた結果、心身を消耗して死へと追い込まれてしまう。

それが平均の約2倍という医師の自殺率の高さというデータに現れている。

医師は半端に賃金や給与がいいばかりに夜勤の地獄から抜け出せずに、自らの命を絶つまで心身を消耗してしまうのです。

逃れなければ命を失うほど精神的に非常に不衛生。

それが夜勤という働き方の現実です。

非正規社員でも夜勤以上に稼げる仕事も存在する

経済的な問題で時給や賃金の高い夜勤の仕事を検討しているフリーターや非正規社員の方へ。

非正規社員でも夜勤以上に稼げる仕事も存在します。

それはIT派遣会社の派遣エンジニアです。

IT派遣会社の派遣エンジニアになれば、未経験者でも最低で時給1,500円以上

IT派遣会社で数年間の実務経験を積み、よりエキスパート向けの人材紹介サービスにステップアップすれば、時給3,000円以上も可能です。

IT派遣エンジニアの待遇は未経験者でも月収25万円以上。

エンジニアとしてスキルと経験を積みステップアップすれば月収50万円以上。

しかもIT派遣エンジニアは残業もほとんどありません

夜勤のアルバイトや仕事をすれば時給換算で200円や300円ほど賃金が高くなり、時給は1,300円前後になりますが、IT派遣エンジニアは日勤の仕事でも実務未経験者で時給1,500円以上です。

しかも経験とスキルを積むごとにさらに時給は高くなっていきます。

ドラキュラや吸血鬼の末裔などの闇の住人ではない普通の体質の人間の方には、パソコンの操作に苦手意識がないのであれば、私はこちらのIT派遣エンジニアの仕事をお勧めします。

未経験者歓迎のIT派遣「テクノウェイブ」がオススメ

では実際に最初はどのIT派遣会社を選べばいいのかということですが、未経験者の方が派遣エンジニアを目指す場合は、未経験者歓迎のIT派遣「テクノウェイブ」がオススメです、

未経験者歓迎のIT技術者・エンジニア派遣「テクノウェイブ」



テクノウェイブは特定労働者派遣事業として国から認可されている技術者派遣・ITエンジニア派遣ですが、エンジニア未経験者も歓迎というITエンジニア業界では珍しい派遣会社です。

オンラインによる無料学習などがありスキルアップについてもサポートしてくれますので、エンジニアとしてのステップアップの第一歩としては好適です。

テクノウェイブの賃金水準はエンジニア実務経験者で平均時給2,000円以上、エンジニア未経験者の方でも平均時給1,500円以上です。

派遣会社は交通費などを支給してくれないというのが正社員と比較してのデメリットです。

しかし、テクノウェイブの場合は、派遣会社でありながら派遣社員に交通費を非課税として全額支給してくれます。

以下のページでテクノウェイブのメリットとデメリット、評判や口コミでの評価などを詳しく書いていますので、テクノウェイブに登録を検討される方は是非しっかりとお読みください。

闇の住人の場合は高時給の夜勤の仕事をしてもいい

賃金や時給の高い夜勤の仕事やアルバイトにどうしても魅力を感じてしまう方へ。

夜勤の仕事に就くことは止めませんが、「(特別に身体が壮健ではない通常の人間にとって)夜勤はずっと続けていると半端じゃなく辛くなってくる」これは、はっきりと言っておきたいと思います。

ただ、日本にも一部で存在しているドラキュラや吸血鬼の末裔とかの闇の住人の方は、普通の種族の人間とは違って、昼間に働くよりも逆に日光を浴びない夜に働いた方が健康的だと思います。

その様な闇の住人の方は高時給が期待出来る夜勤の仕事を始めてみてはいかがでしょうか。

夜勤をするのであれば、賃金が大して高くない上に20時間労働など非常に長時間の勤務時間となるホテルの夜勤フロントなどよりも、8時間労働が守られ待遇がホワイトでより賃金の高い工場の仕事が圧倒的におススメです。

私自身の実体験を通して感じたホテルフロント勤務の過酷さやおすすめ出来ない理由については以下の記事で書いています。

工場勤務の仕事のメリットやおススメする理由などは以下の記事で詳しく書いていますので、夜勤の仕事やアルバイトを検討の方はお読み下さい。

工場勤務の仕事に特化した求人サイト「工場求人ナビ」

「工場求人ナビ」は工場勤務の仕事に特化した求人サイトです。

工場系の求人が非常に豊富で寮完備の求人も多く、時給が高い月収30万円以上の夜勤の仕事も豊富に紹介していますます。

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」



トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、スバル、三菱自動車、ダイハツ、スズキ、トヨタ自動車九州、トヨタ車体、日野自動車、いすゞ、アイシン精機、ジヤトコ、リコー、アスモ、ブリヂストン、横浜ゴム…etc

と言った大手メーカーの求人も豊富で、月収30万円以上の高収入求人も600件以上と数多く登録しています。勤務地・収入など希望に合った工場系のお仕事を探すことが可能です。

「工場求人ナビ」を運営する日総工産は日本全国に拠点を持つ人材サービス企業です。遠隔地での仕事に従事する入寮者に対しても日本全国に300人以上いるサポートスタッフが万全のサポートを行え、安心して働くことの出来る環境が整備されています。

また、特に工場勤務初心者の方には注意点がありますので、登録の前に以下の記事を必ずお読み下さい。

工場勤務の仕事をご検討の方は以下の公式サイトから応募下さい。

工場系お仕事情報サイト「工場求人ナビ」



以上、「200円くらい時給が高い夜勤の仕事やアルバイト。しかし身体への負担が大きく「闇の住人」以外にはお勧め出来ない」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする