「アットホームな職場」という地雷ワード。零細企業でも合理主義的な職場に就職するべき

求人票に書かれた「アットホームな職場」という言葉を見て、一体どの様なイメージを頭に思い浮かべますでしょうか。

「社員同士の仲がいい職場」「みんなでワイワイと楽しい職場」「先輩が気さくで優しい職場」など好意的なイメージを頭に思い浮かべるという方も、もしかするといらっしゃるかもしれません。

しかし、これはすでに当たり前の様に言われていることですが、「アットホームな職場」は就職活動において最凶の地雷ワードですので、ブラック企業やブラック職場に人生を破壊されたくなかったら、求人票に「アットホームな職場」と書かれている企業にだけは、何があっても、たとえ一枚ずつペンチで爪を剥がされても絶対に就職してはいけません。

アットホームな職場とは結局の所ヤクザの組織の様な会社

アットホームな職場とは、結局の所はヤクザの組織の様な会社だということです。

つまり「規定の終業時間や仕事時間だけでなく、私生活の時間も自分の命も全て、家である会社の為に尽くせ」これがアットホームな職場という言葉の真意です。

ですので、この様なアットホームな職場と言う名のブラック企業に転職や就職をしてしまうと、終業時間も私生活も関係無く骨の髄まで労働力を搾取されるというこの世の地獄を見ることになります。

ただ、ヤクザ映画に憧れているとかヤクザの自分の命を犠牲にすることをものともしない勇気や忠誠心に憧れているという方も世の中にはいますので、その様な方は人生を賭けてこの様なアットホームな職場という名のブラック企業で働くのもいいのかもしれません。

いずれにせよ、「働くことはお金を稼いで生きていく為の手段の一つ」という様に考えている方には、アットホームな職場は地獄以外の何物でもありませんので、何があっても絶対にアットホームな職場に就職してはいけません。

ホワイト企業の職場は徹底的に効率性重視で合理的

この様にアットホームな職場というように感情や情緒をアピールする会社が超絶的なブラック企業である一方で、ホワイト企業はその対極の性質を持ち徹底的に効率性重視で合理的です。

日常の業務での徹底的な合理性と効率性の重視の先に、企業としての収益性の高さがあり、そして無駄な作業の削減や労働時間の短縮があり、それがホワイト企業の職場を作り上げます。

ホワイト企業の職場は全て非アットホームな体質で徹底的な合理主義を追究している。

この様に断言してしまっても間違いはありません。

ホワイト大企業として知られるトヨタは徹底的な合理主義の会社であり、そこにはアットホームな要素が入り込む余地など一分も存在していません。

そして、合理主義的な企業と言うと大企業というイメージがあるかと思いますが、中小企業や零細企業であってもその様な非アットホームで非精神主義的であり、無駄の入り込むの余地の一切ない合理的な職場は存在しています。

そしてその様な合理主義的で非アットホームな職場の中小企業や零細企業こそ、転職活動での狙い目である知られざるホワイト中小企業でありホワイト零細企業であるのです。

私が勤務するホワイト零細IT企業の徹底的な合理主義

そして私が現在会社員として勤務しているのも、そんな徹底的に合理的な体質のホワイト零細企業の一つです。

なぜ私の会社が徹底的に合理主義的な職場であるのか、その理由は社長が非常に合理主義的だからです。社長が非常に合理主義的なので、次第に私も含めて社員全員がその様な思考パターンになりましたし、会社全体もその様な体質になりました。

徹底的に無駄を省き仕事のお客さんとの飲み会や付き合いにも一切応じない。贈答品を送ったりもしない。私は社長に年賀状を送ったことがありませんし、社長が私に年賀状を送ったこともありません。

そして、一時ワーカーホリック気味だった私が自主的に遅くまで会社に残って残業をしていると社長は嫌そうな顔をするので、社長に迷惑をかけずに家で好きなだけ仕事が出来る様に在宅ワークに切り替えました。

家で仕事が出来すれば社員にっとっては通勤時間も不要で楽になった分、より仕事にエネルギーを注げますし、会社としてもオフィスを借りる無駄な経費や費用が不要になり合理的だからです。私達社員が全員在宅ワークに切り替えると共に、会社の貸オフィスの契約も解除しました。

この様に会社として徹底的に無駄を切りつめ生産性を高めていくうちに、私の労働時間も極限まで削ぎ落され、会社の仕事は1日平均3時間の労働時間になりました。無駄がなく生産性が高いですので、こんな労働時間でも私は会社からは毎月月給で30万円以上を支給されています。

ホワイト大企業でもあり得ないホワイトな労働環境だと思います。

そんな訳で非常に時間的にゆとりがありますので、私はこの様に毎日3記事もこのブログに記事をアップし続けることが出来ているわけです。

転職活動や就職活動では、出来るだけアットホームや精神主義を廃した合理的な企業に就職する様にしてください。そんな合理的な企業は中小企業や零細企業であってもホワイト企業である可能性が高いです。

自分に合った会社や職場を探してくれる転職エージェント

実際に一歩を踏み出して転職活動をしてみようと思っても、転職が初めて方の場合や転職経験の無い方の場合、履歴書・職務履歴書の書き方や、応募する仕事の選び方、面接のノウハウなど分からないことや不安なことだらけだと思います。

そこで、転職エージェントを活用して、実績豊富な転職のプロに自分に合った会社や職場を探してもらうのが確実で手間の掛からない方法です。

転職エージェントの利用料は最初から最後まで全て無料です。

会社に在職中の会社員の方であっても土日に利用することができ、キャリア相談、求人の紹介を受けることが出来ます。

転職エージェントに登録すると、担当エージェントがあなたの希望条件をヒアリングし、あなたの適性にあった業界や業種、あなたの年収アップの可能性などを検討して、オススメの求人をピックアップして紹介してくれます。

転職エージェントを活用することで、エージェントがあなたと企業との間を仲介して給与交渉を行ってくれるので、年収などの待遇アップの可能性も大幅に上昇します。

また、転職エージェントの求人は離職率の高い企業や労働環境に問題のある企業は除外されているので、転職に失敗してブラック企業に就職してしまうリスクも減らすことが可能です。

転職未経験者には悩ましい履歴書や職務履歴書などの作成も、経験豊富なプロであるエージェントに相談や質問をしてアドバイスしてもらうことでスムーズに行えますので安心です。

転職支援実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

求人業界の最大手リクルートが手掛ける「リクルートエージェント」は、約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1の転職エージェントです。経験・実績豊富な転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。

業界大手である「リクルートエージェント」には大企業の関連会社など業績が安定した待遇の良い求人が多く、また、担当エージェントも書類作成から面接での受け答えまで丁寧にサポートしてくれます。

転職支援実績No.1「リクルートエージェント」

リクルートエージェントの3つのメリット

既卒者向け転職支援・転職サポート業界の最大手である「リクルートエージェント」には以下の3つのメリットがあります。

  1. 転職市場でのあなたの強みを発見
    キャリアアドバイザーが、面談を行う中でお客様自身まだ気づかれていない強味を発見します。あなたのキャリアパスを長期的に考えて次のステップの提案をしてくれます。
  2. 質の高い非公開求人の紹介
    転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介してくれます。また、Web上には出ていない業界分析レポートや個社ごとの社風までわかる詳細レポートの提供も行ってくれます。
  3. 企業への抜群のアピール力
    職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。また、退職に関するアドバイスまで全面サポートしてくれます。

リクルートエージェントの利用の仕方

リクルートエージェントを利用する場合、まず登録ページから転職希望時期・希望勤務地・現在の年収・現在の年収などの転職条件、次に名前・生年月日・住所・連絡先・学歴・職歴・アピール項目などのプロフィール情報を入力し、「転職支援サービスに申し込む」を押してユーザー登録を行います。

最後の方で入力する「伝えておきたいこと」には、連絡出来る曜日や時間帯などを記入しておいて下さい。

ユーザー登録完了後は以下の3ステップで転職活動が始まります。

  1. お申し込み完了のご連絡
    ご入力いただいたメールアドレスに「お申し込み完了の確認メール」を24時間以内にお届けします。
  2. 面談日程調整のご連絡
    キャリアアドバイザーとの面談日時をご相談させていただくため、1週間以内にメールまたはお電話にてご連絡します。
  3. キャリアアドバイザーと面談
    キャリアアドバイザーが、あなたに最適なキャリアプランを一緒に考えます。

リクルートエージェントへのユーザー登録は以下の登録ページから無料で行えます。

「リクルートエージェント」登録ページ

リクルートエージェントを利用する上での留意点

リクルートエージェントの転職支援サービスを利用しても、転職するかしないかは完全に自由なので、自分の判断で実際に転職するかどうかを決定することが出来ます。

面談の末、キャリアアドバイザーから「現時点では無理に転職を勧めません」とアドバイスされる場合もあるので、じっくり検討した後、しばらく経ってから再度転職支援サービスを利用することも可能です。

以上、「「アットホームな職場」という地雷ワード。零細企業でも合理主義的な職場に就職するべき」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする