給料が安いのに長時間労働!WEB制作会社を辞めたい!という方へ。WEB業界はブラック企業ばかりではないです

給料が安いのに長時間労働!WEB制作会社を辞めたい!という方へ。

WEB業界は決してブラック企業ばかりではないです。

運の悪いことにあなたが所属して働いているブラックWEB制作会社は外れ企業ですが、まともなホワイトのWEB制作会社に転職出来れば給与や労働時間などの待遇も劇的に向上します。

また会社から独立してフリーランスのWEBデザイナーやWEBクリエイターとしてクライアントからWEB制作の仕事を受注して働くという道もありますので、会社を辞めて転職することをお考えの場合、せっかくのスキルや専門技術を無駄にすることの無いようにまずはWEB業界への転職を検討して下さい。

以下の記事では、IT業界専門の転職サイトや営業支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。他のIT企業への転職やフリーランスのWEBクリエイターやWEBデザイナーとしての独立を検討するIT技術者の方は是非参考にして下さい。

WEB業界は最もホワイト企業とブラック企業の格差が大きい業界の一つ

WEB業界は最もホワイト企業とブラック企業の格差が大きい業界の一つです。

手取り10万円代などの薄給で朝早くから夜遅くまで長時間労働を強いられる様なとんでもないブラック企業があれば、私の勤め先の零細WEB制作会社の様に社員として1日3~4時間程度の労働時間で30万円以上の月給を得られるホワイト企業も存在しています。

ホワイト零細企業に勤める私の毎日の生活の実態などについては以下に書いていますのでお読みください。

特にWEB業界の場合は、大企業だからホワイト、中小企業だからブラックと簡単に決めつけることが出来ず、規模が大きく従業員数の多い企業であってもとんでもない過酷なブラック労働を強いられる企業もあれば、逆に中小企業であっても高収益性を背景に標準以上のホワイト待遇を得られる企業も多くあります。

この様にWEB業界やWEB制作業界は本当にその会社によって待遇や労働環境が大きく違いますので、薄給激務のブラックWEB制作会社に入社してしまった場合、視野を広げて転職活動を行い他の優良WEB制作会社に転職することを強くお勧めします。

いや、本当にWEB制作業界は勤め先の会社や経営者によって、信じられないくらいに待遇も仕事の負担も違いますから。

運悪く外れの給料も少なく長時間労働を強いられるブラックWEB制作会社に勤めてしまっているのであれば、転職によってアタリのWEB制作会社を引けば「今までの自分の苦労は一体何だったんだ?」と拍子抜けしてしまうくらいに劇的に給与や労働時間といった待遇を改善させることが可能です。

給料が安いのに長時間労働!WEB制作会社を辞めたい!という方は、自分だけの偏った経験でIT業界やWEB制作業界をブラック業界と決めつけて慌てて逃げる様に異業種へと転職してしまう前に、まずは落ち着いて同じ業界内にまともな就職先が無いか探してみるべきです。

本当にWEB制作会社の待遇はまちまちで、WEBクリエイターとして年収500万円以上を得られる高待遇の企業もありますし、ゆったりと余裕をもって働きながら年収400万円程度の収入を得られるホワイト企業も存在していますから。

無料の転職エージェントを活用することでスムーズに転職や独立が出来る

もしもあなたがある程度の実務経験とスキルのあるWEBクリエイターやWEBデザイナーで、薄給での長時間労働を強いられるブラックWEB制作企業に勤めているのであれば、ホワイトでまともなWEB制作企業へ転職をするか、もしくはフリーランスのデザイナーやクリエイターとして独立をすることで、大幅に給与や年収を向上させることが出来ます。

ただ、実際に転職や独立をするとなると「転職するにはどうすればいいのか」「独立してフリーランスになるには何をすればいいのか分からない」「フリーランスになるのは不安がある」という方が大半だと思います。

そこで役に立つのが無料の転職エージェントや独立支援エージェントです。

プロの転職エージェントや独立支援エージェントに相談してそのサービスやサポートを活用することで、転職未経験者であってもスムーズに転職や独立をすることが可能です。

転職エージェントや独立支援エージェント(仕事仲介エージェント)は全て無料で利用できますので、利用する求職者の側には負担やデメリットは全くありません。

雇用契約が決まった時に求人募集をしている企業から転職エージェントに報酬を支払う、もしくは業務案件の委託契約が決まった際に独立支援エージェント(仕事仲介エージェント)がクライアント企業の報酬から10%などのマージンを受け取る契約を結び、それがエージェントの収益となりますので、求職者の側がエージェントに利用料を支払う必要はないのです。

また、エージェントのサポートや支援によって転職活動に伴う負担を大きく減らすことで、会社に勤めながら転職活動を行うことも十分に可能ですし、もしも良い転職先が見つからなければ「転職をしない」という判断が出来ます。

この様に転職エージェントや独立支援エージェントの利用には全くリスクもデメリットも料金も支払いもありませんので、ブラックWEB制作会社を辞めたいWEBクリエイターやWEBデザイナーの方は、積極的にこれらのエージェントを活用しなければ逆に損です。

転職エージェントはIT技術者専門のエージェントを活用するべき

転職支援エージェントや仕事仲介エージェントには日本国内でも多種多様な企業やサービスが参入していますが、高度なスキルと職歴を持つクリエイターやデザイナーの方の場合、その中でもIT技術者専門のエージェントを活用することを強くおすすめします。

なぜなら、IT技術者という専門的な分野に特化したエージェントを活用することで、「WEBに関する専門技術の市場価値を熟知しているエージェントから高い技術に見合った給与の会社を紹介してもらえる」「専門知識の無い一般的なエージェントには難しい専門分野の仕事仲介をスムーズに行ってくれる」という絶対的なメリットがあるからです。

もちろん、一般的な転職支援エージェントや仕事仲介エージェントでもIT関連の案件を取り扱っていますが、その様な専門性の低いエージェントを利用した場合、スキルや専門技術に見合わない給与水準のIT企業や相場以下の報酬の業務案件を掴まされてしまう可能性も高いため、まずは必ずIT技術者専門のエージェントに登録して転職先や仕事の案件を探すべきです。

以下の記事では、IT業界専門の転職サイトや営業支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。他のIT企業への転職やフリーランスのWEBクリエイターやWEBデザイナーとしての独立を検討するIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「給料が安いのに長時間労働!WEB制作会社を辞めたい!という方へ。WEB業界はブラック企業ばかりではないです」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする