アルバイトすら採用されない40代の高齢ニートで親の金も無くなったらブログで収入を稼ぐ方法もある

本当にアルバイトすら全く採用されない40代の高齢ニートで親の金も無くなったら、1%の奇跡に懸けてブログで収入を稼ぐことを目指すという方法も存在します。

ブログで収入を得る方法は、ブログにアフィリエイト広告(特定の商品やサービスを紹介する広告)などを貼り、その仲介料をブログ運営者が得るというというやり方が一般的です。

ブログでのアフィリエイトは決して怪しい詐欺的な商売ではありませんが、凄まじい作業量が求められますので、決して誰でも楽に儲けられる様な方法ではありません。

私自身が実際にブログを半年間続けて月10万円を稼いだ実感として、現在の競争の激化したインターネットではブログで収益を得ることは地獄の道です。

正直言って普通の方にはブログ収入で生きる方法は絶対におすすめ出来ません。

しかし親の収入が途絶えたり資産も尽きて、しかもどうやってもアルバイトすら採用されない40代の高齢ニートの方の場合、生きる為にはブログ収入を得るか、生活保護を申請するか、犯罪を起こして留置所に入れられるくらいしか方法がありません。

このブログでは様々な事情で引きこもりや無職やニートから脱しなければならなくなった普通の仕事の出来ない社会不適合者タイプの方や発達障害的な傾向のある方には、IT技術者としてキャリアアップする方法を紹介しています。

しかし、20代や30代前半くらいまでのニートの方であれば様々な社会復帰の方法があるものの、やはり全く職歴もない40代の高齢ニートの方の場合、時にはアルバイトで採用されることすらも非常に厳しいという現実があります。

新聞配達のアルバイトは40代高齢ニートでも採用の可能性が高い

新聞配達のアルバイトは、毎日寝坊せず真面目に出勤し続けるやる気さえあれば、社会不適合者や発達障害者やコミュ障やメンヘラの方でも他人に干渉されることなく自分のペースに行える業務内容です。

また新聞配達は非常に人手不足の仕事ですので40代の高齢ニートの方でも採用される可能性が高いです。

しかも早起きの習慣も自然と身に付くため、ニートや無職の方の精神衛生の改善の面でも非常にオススメのアルバイトです。

新聞配達のアルバイトは決してそれほど高い時給や賃金が得られる仕事ではありませんが、朝刊と夕刊を配達すれば生活を切りつめて何とかギリギリ死なずに生きて行ける程度の収入は得られます。

新聞配達のアルバイトについては以下の記事で詳しく書いていますので、「どんなアルバイトに応募しても受からない!」という方は是非参考にしてみて下さい。

新聞配達のバイトさえ採用されないと、生活保護を受けるか飢え死にするしかない

しかし、親の収入が途絶えたり資産も尽きて脱ニートを迫られた40代の高齢ニートの方が新聞配達のバイトさえ採用されないとなると、もう残された道は生活保護を受けるか、犯罪を犯して刑務所で生きるか、飢え死にを待つかしかありません。

犯罪も犯したくないし、飢え死にもしたくない。

その様な方は役所に申請して生活保護を受給する他ないのですが、しかし生活保護を受給することは人間の自尊心と自己肯定感を極限まで削って行くので、生活保護にずっと頼り続けることはオススメ出来ません。

実際に生活保護の受給者は自殺率が2倍にも上昇し、以下のグラフの通り特に30代や40代の方の場合、生活保護受給者の自殺率は生活保護受給者以外の5倍前後という非常に高い数字に跳ね上がります。

生活保護受給者の自殺率が2倍以上高い、その理由に迫る – オルタナティブ・ブログ
http://blogs.itmedia.co.jp/sakamoto/2014/02/suicide-welfare-d000.html

舞田敏彦 武蔵野大学、杏林大学兼任講師が、生活保護受給者で特に30代で自殺率が高いことを問題にされています。年代別に分けて30代では5倍以上高い自殺率ということを問題にし、その原因の一つとして生活保護受給者へのバッシングを想定されているわけです。そこから、生活保護が機能してないのではという推測を語られています。確かに5倍も高いというのは異常な値であり、何か制度に問題があると考えるのも無理は無いかもしれません。

この様に生活保護を受給して生き続けたとしても、社会への罪悪感や無力感などに押しつぶされ、精神的に非常に苦しく不幸な状態を強いられ続けます。

そして生活保護受給者がその様な精神的な苦しみに耐えられなくなり、自殺によって自らの命を絶ってしまうという悲しい例は決して少なくないのです。

ですので、就職どころかアルバイトをすることすら不可能な40代の高齢ニートの方でも、あらゆる手を尽くしてでも何とか生活保護に頼らずにこの生きるために必要最低限のお金を得る方法を見つけて欲しい、それが私の考えです。

高齢ニートでも血を吐く位の覚悟でブログ収入に挑戦する方法もある

就職どころかアルバイトをすることすら不可能な40代の高齢ニートの方の場合、ブログ収入で稼ぐという方法も存在します。

私自身は運営開始から半年ちょっとのこのブログで月10万円の収益を得ていますが、はっきり言ってブログに挑戦することはオススメ出来ません。

なぜなら0からブログを始めて生活していける程度の収益を得ることは、誇張抜きで地獄という言葉すらも生ぬるい苦行だからです。

今のインターネットの世界では楽に簡単に儲かるとかいう上手い話は存在しません。

しかし、飢え死にするか生活保護を受けて罪悪感から自殺するかという、絶望的な二択しか残されていない様な40代の高齢ニートの方の場合、血を吐きながらのたうち回るくらいの覚悟でブログ収入に挑戦する価値もあると思います。

ただ、ここで予め現実をお伝えしておくと、ブログで生活していけるだけの収入を得られる可能性はたった1%です。

99%の方が挫折して諦めていく非常に過酷な道です。

ブログ飯(ブログからの収入で生きて行くこと)の難しさと大変さについては以下の記事をお読み下さい。

しかしです。

このままでは飢え死にするか絶望して自殺するしかない状況に追い込まれた高齢ニートの方は、そんなことを言っている場合ではありません。

たった1%という奇跡の可能性に懸けて、のたうち回り血を吐きながら死に物狂いでブログに挑戦する。

それ以外に絶望的な結末を回避する方法はないのです。

時間のあるニートはブログではサラリーマンよりも圧倒的に有利

そして高齢ニートの方にブログをオススメする理由として、時間のあるニートはブログ運営ではサラリーマンよりも圧倒的に有利だということが言えます。

普通の会社勤めのサラリーマンの場合、平日は朝早くに家を出てそして夕方まで、残業があれば夜遅くまで働かなければなりません。

これでブログの作業もしなければならないとなると、極端に睡眠時間を削るなどの方法しかありません。

また、多くのサラリーマンは会社の仕事でエネルギーを使い切って非常に疲れていますので、休日もゴロゴロしたり遊んだりしてしまいがちです。

ブログ初心者が0からブログ収入を得る為には想像を絶する凄まじい作業量が必要なのですが、毎日会社で働いているサラリーマンの場合は、なかなかそれだけのエネルギーと時間の余裕がない訳です。

一方でニートの方はお金はないですが時間は無限にあります。

普通のサラリーマンとは違い、本当に死ぬ気で頑張れば1日10時間とか1日15時間という作業をブログに投じることも可能です。

そんな努力を1年間継続して作業を積み重ねれば、生きて行くのに最低限必要な月収10万円程度に到達しない訳がありません。

しかも、サラリーマンと違って収入も全くなく追い込まれていますので、本気度が違う。

その様な逃げ道を塞がれた状況であるためにブログで成功する可能性はずっと高くなります。

追い詰められたニートはブログで成功出来る可能性が跳ね上がる

先ほどはブログ収入で成功出来る可能性は1%と書きましたが、あれは毎日仕事をしていて給与という形で収入も得ているサラリーマンが副業でブログに挑戦した場合の数字です。

サラリーマンの場合、たとえブログで十分な収入を得ることが出来なくとも会社からの給与で生きて行くことが出来ますので、「ブログは割に合わない」「普通に仕事を頑張った方が効率的」と思えば簡単にブログを辞めていきます。

このこともブログで収入を得ることの全体の成功率を大きく下げている理由です。

しかし、ニートの方は豊富な時間もあり、そして他には収入もなく追い込まれている。

どれだけ作業が大変でも苦しくとも「絶対にやらなければ死ぬ」という様な状況な訳です。

簡単に諦められるリーマンとは覚悟が違います。

サラリーマンの様に簡単にはブログを諦められません。

この様な様々な条件の違いがあり、経済的に追い詰められたニートの方の場合、ブログで成功出来る可能性は通常より遥かに跳ね上がるのです。

ニート歴10年の社会不適合者がブログ月15万円稼いでいる実例

中には「ブログやアフィリエイトはただでさえ物凄く難しいのにニートの様な落ちこぼれの駄目人間には無理だ…」と最初から諦めてしまう方も中にはいるかもしれません。

しかし、ひきこもり歴10年以上のニート廃人という社会不適合者でもブログやアフィリエイトで月15万円稼ぐことは可能です。

以下は、地獄の苦しみでのたうち回りながらアフィリエイトを続けて月15万円を稼げる様になった(2018年3月時点)ひきこもり歴10年以上の方のブログです。

アフィリエイトの厳しさなども含めて非常に参考になるので、ブログやアフィリエイトに興味を持ったニートや引きこもりの方は、隅々まで穴の開くほどアフィリエイト関連の記事をお読み下さい。

はっきり言ってブログやアフィリエイトは地獄です。

誰でも簡単には稼げません。

しかし、上で紹介したブログの方の様に、引きこもりの方が有り余る時間を活かして毎日10時間の作業を1年間続けて膨大な労力を掛ければ、月10万円などのそれなりの金額のお金が稼げない訳がないのです。

ブログで生活出来る収入を得るまでには1年は掛かる

ただ、注意点として言えるのが、初心者のブログが軌道に乗るまでは通常は非常に長い時間が必要となり、どれだけ作業を頑張ったとしても生活出来るだけの収入を得るまでには平均で1年くらいは時間が掛かるということです。

物凄くセンスや才能のある方や、本当に睡眠時間を削るくらいに必死に頑張れば、もしかしたら半年くらいで十分な収入を得ることが可能かもしれませんが、普通は最低でも1年くらいは時間が掛かると考えていた方が確実です。

親の資産や収入なども全くない場合は、ブログが軌道に乗るまでの1年間は生活保護を受給して食いつないでください。

ずっと生活保護を受け続けることは、人間としての自尊心や自己肯定感を著しく損なうという精神衛生上の問題でオススメ出来ませんが、1年程度であれば仕方ありません。

生活保護を得ながらとにかく死ぬ気でブログを頑張って、出来るだけ早く生活保護を支給されずとも生きて行ける様になりましょう。

ブログで収入を得るには正しい努力をする必要がある

また、ブログで収入を得るには正しい努力をする必要があります。

正しい努力を続ければ学歴も社会経験も全くないニートや引きこもりでも月10万円を稼げますが、間違った努力ではいくら努力をしてもたった月1,000円も稼げないのがブログやアフィリエイトです。

初心者が収入目的でブログを運営する方法については以下の記事を書いています。高単価のアフィリエイト(インターネット広告)を活用することでブログ収益化の成功の可能性は跳ね上がるという内容です。是非こちらもお読み下さい。

以下の記事では、特に月1万円も稼げていない初心者ブロガーの場合は、最初は記事の質よりも量を重視してまずは100記事くらいの記事を書くことが非常に重要だということを書いています。こちらも是非お読み下さい。

ブログで収入を得るためにはサーバーやドメインを契約する必要がある

しかし、注意点としてはブログで広告収入を得るためには、ブログをアップする有料のサーバーやドメインを契約する必要があるということです。

「ライブドアブログ」や「はてなブログ」「アメーバブログ」など多くの無料のブログが存在しますが、ブログによっては広告が禁止であったり、規約に違反すると勝手に記事やブログを削除されてしまうというリスクがあります。

もちろん広告禁止のブログであってもバレなければ大丈夫だったりするのですが、完全にブログだけに収入を依存している場合、何かのきっかけで記事やブログが削除されて収入が途絶えてしまうリスクは余りにも致命的です。

しかし、ニートの方はサーバーを契約するお金や資金も全くない。

ですが諦めてはいけません。

広告をいくら貼っても絶対に記事を削除されない無料のブログが存在します。

広告収入で稼ぐ人の為の無料ブログ「ファンブログ」

「ファンブログ」は広告収入で稼ぐ人の為の無料ブログです。

ファンブログはインターネットの広告会社であるA8.net(エーハチネット)が運営しているブログで、最初からユーザーが広告を貼る為に提供されていますので、広告禁止どころかむしろ大歓迎。

他のブログと違い広告を貼って記事が削除されるということは絶対にありません。

ファンブログは以下からA8.netに申し込むことで無料で使用できる様になります。

サーバーを借りてドメインを取得する資金もお金もない方は、まずは以下から無料で登録を行いファンブログを始めて下さい。

【無料・無審査】A8.netの申し込みページはこちら



初期投資が出来る資金があるなら独自ドメインの導入が好ましい

もしも1~2万円程度の初期投資を出来る資金があるなら、独自ドメインと有料サーバーを契約する方法が好ましいです。

このブログも独自ドメインと有料サーバーを契約してWordPress(ワードプレス)という無料のブログ更新システムで運営しています。

独自ドメインと有料サーバーとWordPressで運営するブログは、最初はサイトやドメインの評価が0から始まり非常に集客に苦戦しますが、運営を継続するほどサイトとドメインが強くなり集客がしやすくなりますので長期的な収益化には一番有利です。

また、最初にお金を支払うことで腹を括り退路を断つという覚悟も出来、苦行の様なブログ運営を続けて成果を出す成功率も高まります。

独自ドメインはこのサイトでも採用している「.com」などのドメインが一番無難です。

「お名前.com」から年間1,000円程度の費用で契約することが可能です。このブログのドメインも「お名前.com」で取得しています。

お名前.com【公式サイト】



サーバーはアフィリエイトブログを運営するなら「エックスサーバー」が定番です。

エックスサーバーは非常にサーバーのスペックが高く、サーバーに重い稼働負荷が掛かり、サイトの表示が遅くなったりサーバーがダウンしたりなどしがちなWordPressでもスムーズに表示が可能です。

最もリーズナブルなX10(スタンダード)プランで年間15,000円で導入出来ます。エックスサーバーは1つのサーバーを契約すれば無制限に何個もサイトを作ることが可能です。

エックスサーバー【公式サイト】



ちなみにこのブログのサーバーは他にアダルト関連のサイト(こちらのサイト)を運用しているため、アダルトコンテンツOKのレンタルサーバーである「FUTOKA」を契約しています。

FUTOKAの費用は年間25,000円ほど。

私はアダルト関連のサイトも運用しているのでFUTOKAを導入せざるを得ませんでしたが、たまにサーバーが落ちてサイトを閲覧出来なくなってしまうことがしばしばあり、安定性にはやや欠けます。

通常のアフィリエイトブログを運用するのであれば、年間の経費が1万円安く安定性も高いエックスサーバーを断然オススメします。

ただ、理想を言えば独自ドメインが望ましいとはいえ、現実的には無収入のニートの方に1万円以上の負担は余りにも重いですので、初期投資が出来る資金の無い方は、A8.netの提供する無料のファンブログで挑戦を開始して下さい。

【無料・無審査】A8.netの申し込みページはこちら



資金が全く無い場合、このファンブログでのアフィリエイトで2万円程度の資金を稼いでから、その資金で独自ドメインと有料レンタルサーバーを契約する方法が確実です。

初心者が収入目的でブログを運営する方法については以下の記事を書いています。高単価のアフィリエイト(インターネット広告)を活用することでブログ収益化の成功の可能性は跳ね上がるという内容です。是非こちらもお読み下さい。

以上、「アルバイトすら採用されない40代の高齢ニートで親の金も無くなったらブログで収入を稼ぐ方法もある」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする