どんなに貯金をしても漠然と将来が不安で仕方ないという方。それは貯蓄不安症という精神的な病気です

どんなに貯金をしても漠然と将来が不安で仕方ないという方へ。

それは「貯蓄不安症(貯蓄障害)」という精神的な病気ですので専門家にカウンセリングを受けて下さい。

そしてこの貯蓄不安症は貧乏で貯金もほとんど出来ない人ではなく、むしろ資産や貯蓄の多い人ほど陥りがちな神経症です。

裕福でもお金が使えない…金銭不安が急増させる「マネー病」とは? – ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/8974215/

「アメリカでは人口の3~5%が『貯蓄不安症(貯蓄障害)』で苦しんでいるという報告があります。これは、’13年にアメリカの精神医学会で認定されたばかりの症状です」

そう語るのは、脳科学の研究者で、武蔵野学院大学教授の澤口俊之先生。まるで強迫観念にとらわれたようにおカネをため込み、使ったり、手放したりできない人たちが最近、増えているという。

消費税アップをはじめ、年金など社会保障への不安や景気の不透明感など、おカネに対する心配はいつまでたっても尽きない。そんな、おカネに関する過剰なまでの心配が、その背景にあると澤口先生は話す。

「一度手に入ったものや動物など、とにかく自分のもとに置いておかないと、不安で仕方ない、という人がいます。得たものを失うことに恐怖すら抱き、その結果、日常生活が困難になってしまう人は、昔からいました。しかしこの、おカネに対する貯蓄不安症は、今まで認知されていなかった、新しいものなのです」

貯蓄不安症は、強迫神経症の一部に分類されている。1日に手を何十回、何百回と洗わなければ気がすまない、ドアにきちんと鍵をかけたか不安で、何度も家に戻ってしまう……そういった、ひとつのことにとらわれ、何度も確認を繰り返すのが、強迫神経症の典型的な症状とされる。澤口先生が続ける。

「普通は、そこまでこだわるのはおかしいんじゃないかと自覚できるのですが、貯蓄不安症の特徴は、そういった自覚が本人にないところです。こんなにため込みすぎている、おかしい、という状態を、本人は理解していないんです」

2年前に結婚した、専業主婦のAさん(36)は、あるとき、姑のお金に対するあまりの執着に驚いたという。

「ランチに誘われることがあるんですが、そんなとき、姑は絶対に財布におカネを入れてこないんです。いつも『今日は持ってくるのを忘れたの。悪いけど、貸してくれる?』と。『1万円札しか持っていないから、崩したくないのよ。次回は私がおごるから』と言われたこともありました。結婚してからの2年間で、5~6回はあったと思います」(Aさん)

もちろん、代わりに支払ったおカネが戻ってきたことはない。Aさんは、そんな姑の態度に、いつも理解に苦しんでいる。舅は会社の役員を務めており、決して夫の実家が経済的に困っている、と言った背景があるわけではなかった。にもかかわらず、姑はおカネを出すことはいっさいなかった。

「私の夫は介護系の仕事で、年収は400万円ちょっとです。実家と比べると、そこまで家計に余裕があるというわけではありません。なので、最近はあれこれ理由をつけて、姑からの誘いを断るようにしているんです」(Aさん)

Aさんの姑のように、自分が裕福かどうかは、マネー病にかかることとは関係ない。むしろ、それまでの蓄えを取り崩したくない、せっかく手に入れたものを手放したくない、という気持ちがある分、おカネを持っている人のほうがマネー病にかかりやすいそうだ。では、どのような人が貯蓄不安症に陥りがちなのか。

「思春期の女性が多く男性の2倍、といった数のデータは一応ありますが、生まれつき持っている性質や性格、環境などは関係ありません。貯蓄不安症は誰にでも起こりうることなんです。またいまのところ、予防法や対策なども判明していません」(澤口先生)

この様に見通しの立ちにくい現代社会の不安な世相を反映してか、予防法や対策なども不明とされる貯蓄不安症は非常に増加してきています。

どんな大金を貯金していても死んだら全部が無駄

どんなに貯金をしても漠然と将来が不安で仕方ないという方へ。

どんな大金を貯金していても死んだら全部が無駄です。

あの世に貯金やお金は持っていけません。

将来を心配ばかりして貯金を使わずに死んでしまったら勿体ないですので、あまりに貯金し過ぎな方は、無理に貯金せずにお金を使ってしまいましょう。

私も毎月10万円以上を貯金し続けていますが、旅行なども嫌いですし、ただ無趣味で特に使い道がないだけです。

私と違って何か趣味のある方、海外旅行などが好きな方は、十分な貯金があるなら無理に倹約を続けずに、そのお金を使って死んでしまう前に自分の好きなことをやるべきです。

死ぬ間際になって「あれもやればよかった」「これもやればよかった」となっては悔やんでも悔やみきれません。

お金は人生の目的ではなく手段なのですから、本当にやりたいことがあるのなら、我慢をして倹約をせずに使ってしまいましょう。

未婚や冷めた夫婦関係など「愛の不足」が貯蓄不安を生む

様々な貯蓄不安の事例を見て感じる傾向としては、特に女性の場合、未婚であることや冷めた夫婦関係など「愛の不足」が貯蓄不安を生むということです。

子供は膨大な金食い虫です。1人の子供を育て上げるためには、養育費と教育費などで2,000万円から3,000万円もの高額の費用が掛かります。

子ども1人にかかる費用は3000万円もかかるって本当? – All About
https://allabout.co.jp/gm/gc/12003/

子どもにかかるお金は合計2400万~3000万円

中学までの子育て費用(教育費含む)は1740万円でした。

ここに高校・大学の費用を加えてみましょう。高校と大学の生活費を、中学と同等の食費と生活用品費として年間45万円とすると、7年間で315万円です。中学までの子育て費用1740万円と合わせると、高校・大学の学費以外の子育て費用は、合計2055万円となりました。

これに高校・大学の学費を合算します。高校と大学の学習費は、公立高校・国立大学と進むと約365万円となります。私立高校、私立理系大学となると合計 820万円。公立高校・国立大学パターンであれば子育て費用合計は2420万円程度、私立高校・私立理系大学パターンであれば合計2875万円です。

下宿生となると更に費用がかかるでしょう。進学パターンによっては3000万円程度かかることもありそうです。

生涯未婚の女性であれば、この様な巨大な金食い虫である子供を持たないわけですから、その分貯金などしなくても平気なのです。

しかし、キャリアウーマンなど生涯未婚の女性ほど、「独り身で不安があるから」と膨大な貯金を貯め込んでしまう。

その様な女性が本当に不安に思っているのは、「貯金の不安」ではなく、「愛の不足」という不安です。「愛の不足」が貯蓄不安を生むのです。

「愛の不足」が根本的な不安の原因なのですから、いくら貯金をした所でその不安が消えることは絶対にありません。しかし、「こんなに不安なのは自分はまだまだ貯金が足りないからなのか」とさらに貯金をしようとしてしまう。そんな生き方では永遠に不安が解消されることはないでしょう。

未婚の女性は社会貢献やボランティアに携わるべき

この様なお金をいくら貯めても解消出来ない不安から逃れる為に、怪しげな新興宗教などにハマってしまう未婚女性もいるのですが、(本人が満足して満たされるのであれば、そんな宗教に縋る生き方も否定はしませんが)、未婚の女性は社会貢献やボランティアに携わるなどした方が、女性自身だけでなく世の中にとっても大きくプラスです。

未婚の女性の場合、社会貢献やボランティアをすると不思議なほどに貯蓄不安は解消されます。社会貢献やボランティアなどによって、自分が社会に対して「愛を与える」という立場になったことで、「愛の不足」から解放されるのです。

既婚女性であれば、結婚して子供を産み自らの子供に対して「愛を与える」のですが、未婚女性は子供を作らないために、本来は自分の子供に注がれるべきだった自分の愛が行き場を失い、その行き場を失った愛のエネルギーが、ひたすら不安に駆られる様に貯金するという方向に心を駆り立ててしまうのです。

そういう意味では、「貯蓄不安症(貯蓄障害)」の本質とは、何か(お金)が足りないことによる不安ではなく、むしろ何か(行き場を失った愛)が過剰にあり過ぎることが根本的な要因といえます。

ですから、社会貢献やボランティアと言った活動によって、行き場を失って過剰に滞留している愛の注ぎ先を作ること、それが未婚女性の貯金不安を解消する最良の解決策です。

怪しげな新興宗教などに入信してお布施するのも、それで本人が満足であるなら文句はありませんが、社会貢献やボランティアの方が世の中にとってもよりプラスになります。

ボランティアをする余裕がない場合、社会貢献活動に募金や寄付をするのも手

仕事などで忙しくて自分でボランティアをする余裕がないという方は、社会貢献活動に募金や寄付をしてみてはいかがでしょうか?

インタネットから簡単に募金や寄付を行う方法としては、過酷な環境で苦しむ世界の子供を支援する「チャイルド・スポンサーシップ」などがあります。



世界の子どもを支援するチャイルド・スポンサーシップとは

チャイルド・スポンサーシップとは、劣悪な生活環境などに晒されている世界の子どもを支援する国際協力です。

月々4,500円のご支援(寄付)で、子どもの健やかな成長を中心に考えながら、子どもの住む地域全体の教育、保健衛生、水資源開発、 経済開発、農業など継続的な支援活動を約15年かけて実施し、地域の過酷な貧困の悪循環を断ち、子どもの人生を変えていきます。

チャイルド・スポンサーシップ – Wikipedia

チャイルド・スポンサーシップ(英: Child Sponsorship)は、経済的に豊かな国に住む個人や団体が、社会基盤や経済が不安定な国、地域に住む子供やその子供の家族、地域を支援する国際協力のあり方の一つである。 主に国際協力民間援助団体が募集・運営を行っている。

■形態

  • 子供(チャイルド)の支援を行うスポンサーが、毎月一定額の支援金や会費を払うことにより、子供、および子供の住む地域への支援が行われる。子供の成長と関わってゆくために、支援は数年に渡ることを前提としていることが多い。
  • スポンサーには、特定の子供(チャイルド)の写真、名前などが記載されたプロフィールや、その子供の住む地域のプロフィールが送られてくる。
  • スポンサーから支援をしている子供(チャイルド)に手紙を書くことができる。またスポンサーには、子供からの手紙や、成長の記録等が送られてくる。運営を行っている団体によっては、支援をする子供を訪問することも可能である。

運営団体は国際協力NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」

チャイルド・スポンサーシップの運営団体であるワールド・ビジョンは、キリスト教精神に基づいて開発援助・緊急人道支援・アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGOです。

ワールド・ビジョン – Wikipedia

ワールド・ビジョン(英: World Vision)は、1950年にアメリカ合衆国で設立された国際NGO団体。キリスト教精神に基づいて緊急人道支援、開発援助、政策提言を行う。世界約90カ国に事務所があり、2008年は総額約26億米ドルの寄付金を集めた。

■信仰性

「国際化宣言」(1978年)において、ワールド・ビジョンは全米福音協会(en:National Association of Evangelicals, NAE)が福音派の信条の標準として採択した信仰告白に対応する事項を、ワールド・ビジョンの組織全体が行動する上での神学的枠組みとして宣言している。

チャイルド・スポンサーシップの運営団体であるワールド・ビジョンはキリスト教精神に基づいた人道支援を行ている組織です。

プロテスタント系で福音派のキリスト教組織ということで、統一教会などの怪しいカルトや新興宗教ではないようです。

ただ、私自身は幼少から非常に熱心なクリスチャン家庭に育ったのですが、私の家族が信仰しているのはプロテスタント系の日本基督教団に所属する教会でした。

日本基督教団の教会で育った私の感覚からすると、福音派はプロテスタント系でもやや異端という感じです。

福音派については以下のウィキペディアの説明の通りです。

福音派 – Wikipedia

福音派(ふくいんは、英: Evangelical、エヴァンジェリカル)は、キリスト教のプロテスタントを神学や信仰の姿勢によって比較分類する際に用いられる用語である。語源はギリシア語の「euangelion: 福音)」である。

福音派自身による簡潔な定義は、「福音に献身する者」である。日本福音同盟の「自由主義神学(リベラル)に対しての福音主義、エキュメニカル派に対しての福音派」という表現に、これが表されている。日本の福音派とは、「聖書は神の霊感によって書かれ、誤り無い神のことばであるという、聖書の十全霊感(聖書信仰)を信じるすべての教会」である。この聖書信仰は「福音派全体の恵みの絆」と呼ばれる。

組織としては、日本プロテスタント聖書信仰同盟から日本福音同盟、世界福音同盟が代表的であるが、そこに属さない福音派の教会も存在する。正教会の総主教やカトリック教会の法皇といった指導者は存在せず、聖書を信仰する多くの新宗教の緩やかな連帯である。

キリスト教に馴染みのない方に説明すると、福音派の「福音」とは1990年代に放送されたアニメ「ヱヴァンゲリヲン」の語源でもあります。

ざっくりと言えば福音派は「キリストによって人類が救われる」というキリストの教えをより重視している宗派ということが言えます。

ただ、過激なカルト教団とかいうのではありませんので大丈夫です。

一応、安心して募金や寄付の行える団体です。

世界の子どもを支援する「チャイルド・スポンサーシップ」に寄付をしてみたいという方は、以下からお申込み下さい。

1日あたり150円で途上国の子どもたちの支援を「チャイルド・スポンサーシップ」

世界の子供を救う?そんなの知るか!という血も涙もない方へ

この様に寄付をおすすめしましたが、「世界の子供を救う?そんなどこの馬の骨とも分からない団体や、見ず知らずのガキのことなんて知るか!自分の将来さえ安泰ならいいんだ!」という血も涙もない方も多くいるかと思います。

大丈夫です。

そういう血も涙もない方の為のご提案も準備しています。

現在の日本では将来の不安で非常に余裕がなくなっているので、むしろそういう方の方が多数派なのではないでしょうか?

世界の子供を助ける余裕なんてない、何が何でも自分の将来の不安を完全に解消して安心したいという方は、是非以下の記事をお読み下さい。

ただ単にお金を銀行に貯金するだけの方法では、インフレによる資産価値減少によって毎年確実に資産を損失し続けるという恐ろしい事実を説明しています。

本当に将来に対して安心したいなら貯金という方法では全く駄目です。

上の記事で説明している方法で堅実かつ確実な資産運用を行って下さい。

以上、「どんなに貯金をしても漠然と将来が不安で仕方ないという方。それは貯蓄不安症という精神的な病気です」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする