独自ドメインで運用するアフィリエイトは資産構築ビジネス

独自ドメインによって運用されるアフィリエイトは完全な資産構築ビジネスです。

そして、これからサイトやブログを始める方で、一時的なお小遣い稼ぎではなく、長期的に稼ぎ続けるためのビジネスとしてアフィリエイトを始めたいと思っているのであれば、サイトを自分の資産として所有するために、独自ドメインを取得してサイト運営を始めることを強くお勧めします。

独自ドメインの取得費用は、最も一般的な「.com」ドメインの場合、お名前.comで年間たった1,000円程度です。

独自ドメイン取得サービス「お名前.com」【公式サイト】



なぜサイトを資産とするためには独自ドメインでなければ駄目なのか

なぜサイトを資産とするためには独自ドメインを取得しなければ駄目なのでしょうか。それは無料ブログやブログサービスでは、突然にブログを強制的に閉鎖されたり記事を消されたりするリスクが大きいからです。

ブログを閉鎖されたり記事を消されるのは、何らかのルール違反や不適切な投稿をした場合ですが、以下の事例の様に本人が全く悪気無く書いた記事であっても、運営側からルール違反と判定されて突然にブログを閉鎖されてしまうという場合があります。

参考:はてなブログ凍結の原因となった「商標権の侵害」について調べてみた。 – 俺の遺言を聴いてほしい

「Blog is not found」の文字を見たとき、背筋が凍った。

俺の遺言が、本当に遺言になってしまった…

なんてシャレを言ってる場合ではない。ブログが見れないのである。

2014年11月から書き始めたこのブログには、特別な思い入れがある。
あるときは街角でアンケートを行い、あるときは自腹でユニクロの服を買い集めに行った。

一人も読者がいない時から、毎週ブログを書き続けた。

「どうやったら読者の心に響くだろうか?」

と考えながら、小さな工夫を積み重ねてきた。

僕自身が読者に育てられた面もある。
たくさんの意見を浴びて、たくさんの批判にもさらされた。

それが僕の価値観を育んできた。

鳴かず飛ばずだったこのブログも3年目にしてやっと、花開いたように感じていた。

はてなブログ読者数ランキングで50位以内に入ったのが嬉しかった。
僕のKPIはいつだって、読者の数だったから。

やっとこれから、というときに、ブログが凍った。
息が詰まって、吐き気がした。

石の上にも三年ということわざがあるが、三年目にして石が消えてしまったのである。

僕はどうしたらいいんだ?

原因は、「商標権の侵害」であった。
皮肉にも、「ブログに必要なのは他社への敬意」という記事を書いた翌日に、僕のブログは他人の権利を侵害したことによって、凍結されてしまったのである。

この様に、資産として長い月日をかけて築き上げたコンテンツが、一瞬にして全て消し飛ばされてしまうリスクがあるのが、独自ドメインを持たないブログの宿命なのです。

収益化サイトの独自ドメインを持たないという状況は、例えれば、小さな金庫に自分のへそくりを貯めながら、その鍵は赤の他人に預けている様な状況です。せっかくコツコツと金庫にへそくりを貯め貯金額を積み上げても、赤の他人の勝手な都合によって全てを奪われてしまうリスクもあるのです。

幸いにも上の事例では無事ブログを復活することが出来たようですが、独自ドメインを持たずにサイトの全所有権を他人に預けてしまっている時点で、たとえどれだけの労力を注ぎ込んだサイトであろうが、たとえどれほどの収益を生んでいるブログであろうが、強制的にブログが消されてしまうというリスクが0ではありません。

この様なリスクを回避するためにも、本当にサイトを自分の資産とするステップとして独自ドメインの取得が必須なのです。

上で挙げたへそくりの例で例えれば、独自ドメインでのサイトやブログの運営は、へそくりではなく銀行に預金を預ける様なものです。

へそくりでは正式な所有権は全く認められず、それを勝手に奪われたり没収されても文句を言う事も出来ませんが、独自ドメインを取得することによって、ブログやサイトに積み上げた情報の所有権を公に得ることができるのです。

ブログやサイトを途中から独自ドメインに乗り換えることのリスク

独自ドメインの取得は有料ですので、「最初は取りあえず、はてなブログなどの無料ブログで始めてみて、軌道に乗った後に独自ドメインに乗り換えればいい」とお考えの方も多いかと思います。

しかし、これからアフィエイトサイト運営を始められる方に、最初からの独自ドメインの取得を強く勧める理由として、ブログやサイトを途中から独自ドメインに乗り換えることのリスクの大きさが挙げられます。

以下は長期間運営していたはてなブログを途中から独自ドメインに切り替えたことで、アクセス数がそれまでの三分の一に激減してしまった事例です。

参考:私が『クレジットカードの読みもの』のURLを、独自ドメインに移行させた3つの理由まとめ!2017年5月のアクセス数報告とともに。 – クレジットカードの読みもの

参考:サイトURLを独自ドメインに切り替えて、地獄をみた話。はてなブログのサイト運営歴が長い方は、独自ドメインにしないほうが無難です。 – クレジットカードの読みもの

では、気になる独自ドメイン切り替え後のアクセス推移は下記の通り。

ちょっと長期になりすぎて見難いので、5月30日からのグラフのみを抜粋するとこんな感じになります。

まぁ、見事なまでにアクセス数は急降下。

6月21日付けのアクセス数についても3万3,688ページビューしかない状況なので、ざっくり、従来の1/3しかアクセスが稼げていない状況です。

上の記事の経過の時点では、途中から独自ドメインに切り替えたことで、2~3週間に留まらず1ヶ月以上もアクセスが激減を続けています。

もしかするとじきにアクセスが無事に復活するかもしれませんが、最初から独自ドメインを設定していれば被る必要はなかったであろうその停滞期間のアクセス数激減による収益の損失は、この様な大規模なサイトになるほど甚大なものになります。

上記のサイトは、クレジットカードという非常に広告単価の高いジャンルを扱い、しかも月間300万PVもの莫大なアクセスを集めていたサイトでしたので、このアクセスの激減による被害総額は1,000万円を遥かに超えるのではないかと思われます。

たった700円程度の独自ドメインを最初から設定しなかったために、少なくとも1,000万円以上もの大金を失っているのです。自分のサイトやブログがそんなことになってしまったら本当に悔やんでも悔やみきれません。

この様に、最初から独自ドメインでサイトを運営していなかったために、大きな損害を被ってしまうリスクがあるのです。

たった700円でドメインを取得することでリスクを回避できる

たった700円以下でドメインを取得することで、上記の実例を挙げてきた様な深刻なリスクを全て回避することが出来ます。将来、大切な資産であるブログやサイトを失ってしまうことのリスクの大きさを考えれば、こんな1,000円以下のドメイン料なんて物凄く安い出費です。

「最初は無料で始めてあとからドメインを取得すればいい」などと安易に考えていると後で泣きを見る可能性もあります。

これからサイトを作りアフィリエイトを始めるという方は、この少額の出費をケチらずに必ず最初から独自ドメインを取得して下さい。

独自ドメイン取得サービス「お名前.com」【公式サイト】



以上、「独自ドメインで運用するアフィリエイトは資産構築ビジネス」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする