IT派遣エンジニアは将来が不安?技術があれば40代でも求人豊富で不安はない

「IT派遣エンジニアは将来が不安じゃないか?」

「エンジニア35歳限界説が心配で夜も眠れない…」

「歳を取ると派遣エンジニアの仕事がなくなってしまうんじゃないか?」

「このままIT派遣エンジニアを続けて年齢を理由に採用されなくなったらどうしよう…」

と将来を心配されている方は多いと思います。

その心配はもっともです。

しかし、現在の日本ではITエンジニアは凄まじい人手不足なので、技術と実務経験さえあれば40代でも本当に腐るほど求人があり引っ張りだこです。

エンジニアとしての技術と実務経験さえあれば「どこにも採用されなくなる」なんていう心配はありません。

「手に職を付けてしまえば食いっぱぐれがない」なんて言葉もありますが、派遣エンジニアもまさにその様な技術職の仕事なので、しっかりと技術を学んで身に付けていれば、40代になっても安定して仕事を得ることが可能です。

たとえ現在の派遣先の会社やエンジニア派遣会社から契約解除されたとしても、IT業界にはいくらでも腐るほど多くのエンジニア専門の派遣会社がありますので、技術と実務経験さえあれば簡単に他の派遣会社に乗り換えて仕事を得られます。

雇用を保障されないIT派遣エンジニアは将来に不安を感じやすい

終身雇用が当たり前とされてきた正社員と違ってIT派遣エンジニアなどの派遣社員は雇用を保障されません。

そのためIT派遣エンジニアはどうしても将来に不安を感じてしまうものです。

「このままずっと派遣エンジニアのままでいいんだろうか?」

「このまま歳を取って年齢を理由に採用されなくなったらどうしよう」

と心配されている方も多いかもしれません。

そこで他業種で安定した待遇と雇用の保障を得ている正社員を羨ましく思ってコンプレックスを感じてしまう。

「もうITエンジニアを辞めてしまった方がいいのか?」

「やっぱりIT業界から転職して正社員になった方がいいのか?」

と自分の将来に不安に駆られてしまう派遣エンジニアの方もきっと多いでしょう。

エンジニアとしての専門技術を活用するのが最も将来に不安のない生き方

この不安を解消するのはIT業界から異業種に転職して正社員になることなどではなく、プログラマーやエンジニアとしてさらに技術・スキルを磨き、今の求人や職場を失ってもすぐに良い仕事を得られる様に、手に職を付けることです。

ITエンジニアは凄まじい人手不足なので、専門技術と実務経験さえあれば40代でも本当に腐るほど派遣エンジニアの求人があり引っ張りだこです。

「エンジニア35歳限界説」など全く根拠もないデタラメの都市伝説ですし、「どこにも採用されなくなる」なんていう心配はありません。

エンジニアとして手に職を付ければ40歳でも仕事に困らない

「手に職を付けてしまえば食いっぱぐれがない」という言葉がありますが、派遣エンジニアもまさにその様な技術職の仕事なので、40代になっても求人が豊富で安定して仕事を得ることが可能です。

たとえ派遣先の会社やエンジニア派遣会社から契約解除されたとしても、IT業界にはいくらでも腐るほど多くのエンジニア専門の派遣会社がありますので、実務経験さえあれば簡単に他の派遣会社に乗り換えて仕事を得られます。

以下は実際に4年間の実質的な無職期間(専業アフィリエイター)というブランクを経て、エンジニア派遣会社で働いている30代半ばの関西在住のエンジニアの方の体験談です。

■派遣エンジニアは40歳以上でも簡単に仕事を得られる

はっきり言って、過去の経歴さえしっかりしてたらいくらでも派遣の仕事は紹介してもらえるということだろう。ITエンジニアという職業は常に人手不足で派遣会社としても紹介先はいくらでもあって、派遣したいのに必要なスキルを持った人員が確保できていないというのが現状なのだろう。

大阪はIT関係の労働者の時給が東京都比べると圧倒的に低く、大体時給の平均で1400~1500円ばかりと言うのがちょっと辛いところだがアルバイトの場合だともっと低くて1,000円が相場ということを考えると十分貰えてると思う。

東京に行けば時給2000円とかの職場も結構あるが職場の徒歩圏に住もうと思うと大阪はなんばでオートロック付きマンション家賃6万に対し、東京は最低でも10万を超える。そう考えると時給の差は住環境と相殺されるだろう。

ということである程度のITの知識があれば簡単に派遣社員になることが出来ると言える。

正社員の転職は大体35歳ぐらいから厳しくなってくるらしいが、派遣社員だと40歳でも50歳でもスキルさえあれば仕事はいくらでもあるというのもメリットの一つだと思う。

■派遣エンジニアは嫌になったら簡単に仕事を辞められる

派遣社員のいいところは辞めたくなったらすぐ辞めることが出来ること。特に重要な仕事は派遣社員にさせたりしないのが一般的な企業なので基本的にいつ辞められても大きなダメージがないようになっている。

普通は3ヶ月毎とかの更新のタイミングで辞めるのがいいのだが、最悪無理ならいつ辞めても大丈夫。体調がおかしいとか勝手に理由をつけて会社を休んでそのまま消えるとかいう人も時々いる。

派遣会社としてはこういう円満退職してくれない人に次の仕事を振ることはないので、その人はその派遣会社ではもう働けないというデメリットはあるもののぶっちゃけ派遣会社なんてものは日本にはいくらでも存在していていくらでも別の所に登録できる。

■仮にトラブルになる様な辞め方をしても全く心配ない

派遣会社同士のネットワークでブラックリスト化されるとか心配する人もいるが、派遣会社同士はライバルなのでブラックリストに入った人間が他の会社でまたやらかそうが別に何のダメージもないのでわざわざそんな面倒なことはしない。逆にライバルにダメージを与えてくれるので歓迎している可能性すらある。

私も初めて派遣社員をした時は人事の人間とトラブルになって最後は懲戒解雇的な終わり方だったのだが次の派遣会社に入る時すんなり登録できた。

この様に専門技術を身に付け手に職をつけたエンジニアであれば、4年間の無職期間というブランクがあっても再就職で簡単に求人を見つけることが出来ます。

40代や50代でも求人が豊富で仕事に困ることはありません。

派遣エンジニアは派遣先の会社が倒産してもその技術と経歴を生かしてすぐに違う派遣先を探せばいいだけですので、AIに怯える銀行などの大企業の正社員や、会社の倒産に怯える中小企業の正社員よりはよっぽど安定しています。

エンジニアになるなら待遇と保障の手厚い会社で働こう

上で紹介した派遣エンジニアの方の派遣会社の賃金水準では、時給1400~1500円程度で月給は額面20万円(手取り16万円)と、派遣会社からの給与だけで生活するにはやや心許無い金額の給与でした。

この例の派遣エンジニアの方は「アフィリエイト」というインターネットからの副収入があるために、余裕を持って生活することが出来ていますが、副収入などのない一般の方は手取り16万円での生活はやや厳しいと思います。

ちなみにアフィリエイトで副収入を稼ぐ方法は以下の記事でも紹介していますが、はっきり言って現在は競争が激化し初心者の方には地獄の様に難しいです。私自身の経験からも、正直、一般人の普通の方にはアフィリエイトはオススメ出来ません。

この様に人並みの待遇や保障の得られない派遣会社で派遣エンジニアとして働いているままだと、どうしても生活が苦しくなってしまいます。

せっかく手に職を付けてITエンジニアという高度な専門職・技術職なのですから、やせ我慢をせずにより待遇や保障の良い会社で働くことをオススメします。

正社員並みの保障制度のエンジニア派遣サービス「Midworks」

「Midworks」(ミッドワークス)は正社員並みの保障制度でフリーランス初心者も安心のフリーランスエンジニア派遣サービスです。

業界初の長期発注で正社員並みの安定した生活と保障制度を実現し、「フリーランスの高報酬・高収入」と「正社員の安心・安定」の良いとこ取りをした、全く新しい働き方をIT技術者・エンジニアに提供しています。

安心保証のフリーランスエンジニア支援サービス「midworks」



Midworksの最大の特徴としては、長期契約が前提の案件を受注しているため、フリーランスエンジニアという本来は不安定な就労形態でありながら収入が安定しているということが言えます。

また、年金や保険、福利厚生、労使折半などの面で正社員と同様の保障をしてくれるなど、フリーランスでありながら正社員と同様に安心して働くことの出来る環境が整っています。

これらの正社員並みの安定感や安心感の上に、常駐単価を公開しながら契約プランによって一律に定められた10%~15%という圧倒的に低いマージン率が保証されており、フリーランスエンジニアのメリットである高報酬・高年収も享受することが可能です。

過去の実績データでは、Midworksに登録することで年収は正社員エンジニアに比べて平均で238万円高くなります。

派遣エンジニアとして収入の不安定さや雇用の保障の薄さに不安を感じる方には、Midworksは保障も手厚く給与水準も高く非常に好適です。

Midworksの詳しい説明(特徴・メリット・デメリット・注意点など)については以下のページをよくお読みください。

以上、「IT派遣エンジニアは将来が不安?技術があれば40代でも求人豊富で不安はない」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする