専業主婦願望があるのに出会いがなく結婚出来ない女性には婚活よりも在宅ワークの仕事にチャンスがある

専業主婦願望があっても良い出会いや縁がなく結婚出来ない女性には、高望みをして婚活をするよりも在宅ワークの仕事に夢を叶えるチャンスがあります。

現在の多くの働く女性たちが持っている「厳しい競争社会で働くことに疲れた」「出勤の満員電車に乗らない生活を送りたい」「大変で辛い仕事を辞めて専業主婦になりたい」「専業主婦になって仕事の重圧と負荷から解放されたい」その本音は物凄く分かります。

「女はどれだけ仕事で努力しても見返りが少ない」と今の日本企業の労働や待遇の男女格差に、絶望感や失望感を感じられている方も多いのではないでしょうか。

また、「子育てと育児にもっと時間と手間を掛けたい」「高齢者となった親の世話と介護に労力を掛けたい」などの家庭の事情をお持ちの方もいるかと思います。

しかし、現実問題として、不況と景気低迷の続き会社員の給与が右肩下がりに落ち続ける現在の日本では、夫の給与だけで働かずに暮らす専業主婦という優雅な職業は、一般の庶民にとって夢のまた夢の様なポジションとなりつつあります。

今の日本で専業主婦の立場を得ることは非常に難しい

以下は国税庁による民間企業に勤めるサラリーマンの給与(年収)の推移ですが、平均給与は1997年(平成9年度)の467万円をピークに右肩下がりで下落し続け、2009年(平成21年度)のリーマンショック前後での急落を経て、現在はほぼ400万円前後へと大きく落ち込んでいます。

この様に給与が落ち込む一方で税金や社会保険などは年々値上げされている状況で、仮に結婚出来たとしても共働きが当たり前となり、女性が専業主婦というポジションを得ることは、医者や実業家と結婚するなどの玉の輿でもしない限り非常に難しくなっています。

以下は厚生労働省「厚生労働白書」などを元にして作成された、1980年から2016年までの専業主婦世帯と共働き世帯の世帯数の推移のグラフです。

図12 専業主婦世帯と共働き世帯 – 労働政策研究・研修機構(JILPT)
http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/html/g0212.html

共働き世代の世帯数は右肩上がりに増加し続ける一方で、専業主婦世代は1990年代半ば以降の雇用情勢の悪化で減少を続け、リーマンショック後の2009年からさらに急激な勢いで激減し続けています。

その結果、1980年時点では1,100万人いた専業主婦は2016年時点では664万人と約半数近くに激減し、既婚者の女性であっても仕事に就き働き続けるというのが、当たり前の世の中となりました。

不況で仕事や働くことに夢を持てずに専業主婦に憧れる女性の割合が増えている中で、現実問題として、夫の給与だけで働かずに暮らす専業主婦という優雅な職業は夫によっぽどの収入や財力がなければ難しいものとなっています。

下の記事で説明している様に、会社員で年収1,000万円以上の稼ぐのは全体の僅か3.8%です。

参考:サラリーマンで年収1000万円を稼ぐのは過酷な競争に勝ち続けた上位3.8%のエリートだけ。そこに挑戦する覚悟があるか?

しかも、この3.8%という数字は既婚者や50代の男性などが大半を占めている訳です。

独身で30代以下で年収1,000万円以上などの相手と結婚して専業主婦生活を送るという願いが、いかに難しく不可能に近い夢であるかお分かり頂けたでしょうか。

「夫の収入だけに寄生して生きて行きたい」など専業主婦願望のある女性の大半は、相手の年収やスペックなどを高望みするために結婚することすら出来ないというのが現実です。

大半の女性にとっては結婚して夫の稼ぎだけで生活する専業主婦は、完全に夢のまた夢の様なポジションとなりつつあるのです。

たとえ格差婚を実現したとしても幸せにはなれない

もちろん、キラキラ婚活による格差婚や玉の輿婚などで幸運にも高収入でハイスペックの男性を射止め、経済的に優雅な生活を手に入れたという女性も、割合としては少数ですが存在はしています。

しかし、その様な夫の経済力に寄生して労働のストレスから解放された女性の多くも決して幸せな生活を送っているという訳ではないでのす。

以下の記事では、経済的に完全に依存して生きて行ける高収入でハイスペックな男性と結婚した女性の不幸な末路を様々な事例や体験談を交えて紹介しています。

参考:妻が経済的に夫に寄生する結婚は不幸を生む。女は自分より年収の低い男と結婚するべき

「高収入の男性と結婚して専業主婦になりたい」という淡い夢を追っている方は、この記事を読んで妻が経済的に夫に寄生する結婚の現実を思い知って下さい。

現代の日本では、専業主婦になれる女性はほんの一握りであり、専業主婦になるために収入など男性のスペックを高望みするために結婚出来ない女性が増えている。

そして、運良くハイスペックな男性と結婚して専業主婦の夢を叶えた女性の多くも、決して幸せな生活を送れている訳ではない。

これが婚活の現実なのです。

在宅ワークで1日3時間労働・月給31万円の私の待遇

この様に専業主婦になることが非常に難しくなりつつある現在の日本ですが、「毎朝の通勤が苦痛で仕方ない」「会社での仕事に疲れ果てた」などの理由で専業主婦願望のある女性には、毎日の通勤がない、人間関係のストレスがないなど、様々な面で働くことのストレスの少ない在宅ワークの仕事がおすすめです。

私は年収450万円でホワイト零細企業生活を送っています。4年ほど前からIT関連のホワイト零細企業に正社員として勤務しており、2年前からほぼ完全に在宅ワークとなりました。

会社の仕事だけですと、労働時間は在宅ワークで1日平均3時間ほど、月給は約31万円です。

会社からの給与だけですと、ボーナスはあっても10万円などの寸志程度の金額ですので、年収は約380万円。その他に知人からの紹介で個人で請けている副業のWEB制作(1年に1度のサイト更新で本業の傍ら1ヶ月で終わる程度)での収入が年間で70万円ほどで、会社からの給与と合わせて年収450万円となっています。

スペックは地方在住の30代前半の会社員(男・大卒)です。プログラムなどの特別な専門技術やIT関連の高度な資格を持っているわけでもありません。

会社の同僚にも私と同じような待遇の既婚・共働きの50代の女性がおり、1日3~4時間の労働・年収300万円台の在宅ワークで優雅にのんびりと働いています。旦那様もそれなりに収入などもある方ですので、共働きで非常にゆとりのある暮らしを送られている感じです。

1日3時間労働の会社員で年収380万円と聞くと、「サラリーマンは1日8時間労働が当たり前」というかつての一般的な価値観ではなかなか理解されず信じられないかもしれませんが、現在は経済・産業のIT化が進んだために、世間では全く知られてない非常に規模の小さい企業であってもニッチな分野に特化して非常に高い収益性を上げている会社もあり、中にはそういう待遇が可能な中小零細企業も存在するのです。

通勤の労力と時間がなくなると格段に働くことが楽になる

在宅ワークの良さとして、通勤という行為に労力と時間を掛ける必要がなくなると、全く同じ労働量やアウトプット量でも格段に働くことが楽になります。

これは毎日通勤していた生活から在宅ワークに変わって本当に心から実感していることです。

通勤という行為によって生じている負担と負荷の大きさは決して甘く見てはいけません。

私も2年前までは平日は電車に乗り毎朝片道1時間をかけて通勤する生活を送っていました。毎日往復で二時間という時間を「通勤」という自分の収入にもそして会社の収益にも全くならない行為の為に費やしていたのです。

仕事内容は本当にホワイトですしストレスもほとんど無かったのですが、毎日往復で二時間の通勤の負担は、やはり日々知らぬ間に蓄積されていました。平日の通勤で疲れるているので、週末や休日は何もせずずっとゴロゴロして終わってしまう様な生活でした。

私が住んでいる場所は地方ですので東京の様な酷い満員電車や雑踏などもなく、大抵の場合、電車内ではずっと座席に座って通勤出来ていたのですが、それでもやはり通勤によって疲れは溜まっていました。

電車に乗っている時間は座席に座ってスマホを弄って、趣味のサイトやブログを閲覧したりなど遊んでいたのですが、それでも家でゆっくりと寝ころびながらスマホを弄ってサイトを見るのと、通勤中の電車の中で周りに気を遣いながらスマホを弄るのは、全く同じことをやっている様でやはりリラックス度や疲労の蓄積度が全然違います。

通勤という時間と労力のロスがなくなったことで、働くことの負荷は体感的には半分以下になりました。

会社に勤めつつ大学生時代よりゆったりと毎日を過ごせる

また、ホワイト零細企業の在宅ワーク社員として働く今の生活の良さとして一番実感することは、毎日をゆったりと過ごせることです。

副業と本業を合わせて毎日4時間程度の労働時間ですが、8時間労働の通常のサラリーマンの半分程度の労働時間です。しかも現在は在宅ワークで通勤に時間を取られませんので、多くのサラリーマンが日々残業をこなしていることを考えると、人生の中で仕事に囚われる拘束時間は3分の1程度だと思います。

本業の納期に追われている時や副業の案件を請け負う年度の変わり目の数週間以外は、基本的に1日3時間程度の労働で時間が有り余っている状態ですので、平時の昼間から昼寝をしたり近所の河原を1~2時間ほどゆっくり散歩したりネットサーフィンをしてYotubeの動画を視聴したりという生活を送っています。

「在宅ワーク」と言ってもおそらく理解されないですし、説明するのも面倒ですので何も言っていませんが、おそらく散歩の途中で挨拶をする近所の方(主におじいちゃん・おばあさん)には「あの人いつも昼間からフラフラしてるけど一体何をやってるのだろう」と無職と思われているのではないかと思います。

こんな感じの毎日ですが、平日は平均して6時間ほどの講義を受けて学費を稼ぐ為にバイトもしなければならなかった大学時代と比べても、社会人として収入を得ている今の方が遥かにのんびりとした生活を送っています。そこら辺にいる専業主婦の方よりよっぽど楽で自由な生活だと思います。

それでも毎月会社から月給30万ちょっとの給与を得ており、ずっと家にいて専業主婦の様な気ままな暮らしと自由を満喫しながら、経済的にも不安なく暮らすことが出来ています。

専業主婦願望があるなら在宅ワークへ転職するのも手

1日8時間以上の労働や会社に毎朝通勤することが耐えられないほど苦痛で「仕事を辞めて専業主婦になりたい」という専業主婦願望があるのなら、無理に高収入でハイスペックな男性との結婚を狙うより在宅ワークの仕事へと転職してしまうのも手です。

「会社員は毎日通勤するのが当たり前」「仕事に就けば1日中働くのが当たり前」「そもそも仕事というのは辛くて大変なもの」という先入観で労働環境を向上させることを最初から諦めて、専業主婦という非常に難しい夢を追ってしまうよりは、良い在宅ワークの仕事を見つけることの方がまだ見込みがあります。

バリバリのキャリアウーマンを目指すとかいう気もなく、何よりも日々平穏な気持ちで居られる暮らしと家での自分だけの私生活の時間を大切にしたいという主婦願望のある女性の場合、そういう目的に適った自宅でのんびりと働ける在宅ワークの仕事を目指すのが一番かもしれません。

「厳しい競争社会で働くことに疲れた」「出勤の満員電車に乗らない生活を送りたい」「大変で辛い仕事を辞めて専業主婦になりたい」「専業主婦になって仕事の重圧と負荷から解放されたい」「子育てと育児にもっと時間と手間を掛けたい」「高齢者となった親の世話と介護に労力を掛けたい」という方は、無理に望み薄な専業主婦を目指すよりも、在宅ワークへの転職という選択肢を検討してみてはいかがでしょうか。

在宅ワーカーへの転職を目指す場合は、在宅勤務の求人も豊富にあるリクナビNEXTへの登録が確実です。

業界最大手であるリクルートが提供する転職サイトの定番「リクナビNEXT」

求人業界の最大手であるリクルートが運営する転職サイト「リクナビNEXT」には、9,000件前後もの豊富な求人が掲載されています。多様な業界や勤務地から条件に合う会社や職場を見つけることが可能です。

インターネットから会員登録をすれば利用は完全に無料ですので、転職をご検討の方はこちらからご登録下さい。

リクナビNEXT【公式サイト】



リクナビNEXTには在宅勤務の求人も豊富にある

リクナビNEXTには在宅勤務の仕事も60件~70件以上と多く登録されています。

登録画面から簡単なプロフィールなどを入力して無料でリクナビNEXTに登録後、詳細検索ボタンを押すと在宅ワークの仕事を検索することが出来ます。

リクナビNEXで在宅勤務の求人を探す手順

無料登録後、リクナビNEXのトップページから「詳細検索」ボタンを押す。

検索画面で「検索キーワード」の項目に「在宅勤務」と入力して検索。

上記の方法で在宅ワークの仕事を探すことが可能です。

ただし、転職サイトに掲載された求人情報だけではその企業の実態を知ることは出来ません。ブラックな仕事の求人に引っかかってしまわないように、口コミの投稿から会社の内部事情や社員の満足度といった実態を知ることの出来る転職情報サイト「キャリコネ」もリクナビNEXTと併せて利用することをお勧めします。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」

企業が一般の求人サイトや転職サイトで外部に向けて公開している求人情報だけを見て、安易に就職先を絞ったり転職活動をしてしまうことは非常に危険です。

なぜなら、企業発信の求人情報には当然ですが「都合の良い事」しか掲載されないからです。

そこで「転職に失敗して後悔したくない」「もう二度とブラック企業には就職したくない」という方には、転職情報サイト「キャリコネ」への登録をおすすめします。

「キャリコネ」は企業の口コミ情報サイトとして登録企業数43万社以上を網羅し、多くのビジネスパーソンや転職志望者から支持を得ている転職情報サイトです。

サイトに会員登録することで、口コミなどの内部情報も含めて、多角的な視点で多くの企業の待遇・年収・企業風土・社員の満足度といった実態を比較することが可能です。

「今すぐ転職する」という方だけでなく、現職に不満や不安をお持ちの方も、同業他社の口コミや年収を確認し「転職すべきかどうか」を判断するためにもサイトを活用できます。

転職を検討されている方は、まずは「キャリコネ」に登録して求人情報や企業情報を確認して下さい。以下の公式サイトから無料で会員登録可能です。

登録企業数43万社の転職情報サイト「キャリコネ」【公式サイト】



以上、「専業主婦願望があるのに出会いがなく結婚出来ない女性には婚活よりも在宅ワークの仕事にチャンスがある」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする