無能SEの糞仕様書のせいでコーディング工程に支障をきたすプログラマーは仕事のストレスを我慢するしかない

無能SE(システムエンジニア)の書いた糞仕様書や糞設計書のせいでコーディング工程や実装業務に支障をきたすプログラマーは仕事のストレスを我慢するしかありません。

私自身もWEB制作会社でプログラミングの作業も行いコーディングの仕事をしている人間として、糞仕様書や糞設計書を押し付ける無能SEへの文句や愚痴を言いたい気持ちも分かりますが、仕事に我慢と忍耐はつきものですので、ひたすらストレスに耐えて頑張りましょう。

ただ、無能SEがいるせいで本当に我慢の限界を超えるほどのストレスや苛立ちを感じるという場合は、現在の会社や職場から転職するというのも手ではあります。

無能SEの糞仕様書をコーディングするストレスと徒労感

無能SEの書いた糞仕様書や糞設計書をコーディングするプログラマーのストレスと徒労感は言葉では言い尽くせないほど大変なものです。

高度な専門技術や専門知識がなければやっていけないはずのIT業界ですが、「こいつプログラムの基本やシステムの基礎すら全然分かってないだろ」というコーディング工程に支障をきたすほどの滅茶苦茶な糞仕様書や糞設計書を書くシステムエンジニアやシステム設計者も予想以上に多く存在しています。

そして運悪くそんな無能SEの仕切る案件を担当してしまったソフトウェア技術者、そんな無能SEのいる職場で仕事をすることになってしまったプログラマーは、滅茶苦茶な構造の糞仕様書や糞設計書を実装するために、心の中で血の涙を流しながらコーディング作業を行わなければなりません。

ソフトウェア技術者やプログラマーの業務は、実際にパチパチとキーボードを叩いてコードを書いているコーディング作業の時間よりも、仕様書の意味や意図を読み取り、それを実装するために必要なソースコードやライブラリなどの情報を調べて、納期内でのシステムの実装に向けて全体の具体的な構造を論理的に再構築することに長い時間を取られます。

スッキリと綺麗にシステム全体の構造が固まった後に、無心になってキーボードを叩きコードを書いている時間はむしろ多くのプログラマーにとってはストレスどころか至福の時間です。

仕事でWEB制作のコーダーを担当している私自身も若干のプログラミング作業を行うことがありますが、この様なスムーズなHTMLやプログラムのコーディング作業は楽しいですし大好きです。

多くのプログラマーの方も、明解でスッキリとした仕様書を元にシステムを実装する時や、無度のない芸術的なコードを探求する時などは、技術者としてプログラミングの楽しさを実感することは多いと思います。

しかし、これが糞仕様書や糞設計書になると、プログラマーや技術者はコーディング作業の前段階で猛烈なストレスと徒労感に晒されることになります。

無能SEがExcelに書いた滅茶苦茶な糞仕様書を解読し、まさにウンコそのものの様な糞仕様書を忠実に再現させられる。

その様な場面でプログラマーやIT技術者が感じる徒労感やイライラ感は言葉では言い表せないほどのものです。

そして、せっかく糞仕様の再現に目処が立ったと思ったら、発注側からのワガママな要望や企画や営業が提案してくる意味不明な仕様変更のせいで、さらに仕様設計は滅茶苦茶に。こうなると多くのプログラマーはバキバキに心がへし折られて気力が萎えます。

しかし、納期内にやらなければならない仕事ですので、結局は気力を振り絞ってコーディングをして、血反吐を吐きながら糞仕様を何とか形にして納品するわけです。

この様な場合にプログラマーや技術者が感じる強烈な徒労感は、ナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーがアウシュヴィッツ強制収容所に収監したユダヤ人に対して行った「穴掘り」拷問を思わせます。

土を掘る→土を埋めるこれを繰り返すと人間て自殺するのですか? – Yahoo!知恵袋
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1249860632

1土を掘る
2掘った土で隣の穴を埋める
3その穴をまた埋める
4掘った土で最初にできた穴を埋める

これを繰り返すと人間は自殺すると聞いたのですが本当なのかな・・・

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所 – Wikipedia

労働は主に4つのタイプに分けることができる。一つ目は被収容者の肉体的消耗を目的とした労働。たとえば、石切り場での作業や道路の舗装工事などを行う「懲罰部隊」がこれに該当する。場合によっては、「午前中は穴を掘り、午後その穴を埋める」といったような、なんら生産性のない作業を命じられることもある。懲罰部隊に組織された被収容者の多くは短期間のうちに死亡したとされる。

糞仕様書を押し付ける無能SEや滅茶苦茶なことを言ってくる糞営業への文句や愚痴を言いたい気持ちも分かりますが、仕事に我慢と忍耐はつきものですし、この様な場合もひたすらストレスと徒労感に耐えて心理的には拷問同然の作業を続けるしかないのがIT土方であるプログラマーの現実です。

本当に我慢が出来ないストレスであれば転職するのも手

しかし、本当にどうしても我慢が出来ないほどのストレスであるならば、転職して無能SEから糞仕様書や糞設計書を押し付けられる現在の会社や職場から離れてしまうのも手です。

「仕事に我慢と忍耐はつきもの」とは言っても、余りにも度を超えたストレスを無理に我慢し続けることは体にも悪いですし、限界を超えるストレスで精神疾患や鬱病などを発症して離職してしまったら元も子もありません。

せっかくの一度きりの人生、そしてその一度きりの人生の貴重な時間の大部分を占める仕事の時間。その仕事の時間が、ウンコみたいな糞仕様書の解読や実装の為にひたすらストレスや徒労感に耐えて我慢するだけのものであったら、それは虚しいことです。

転職にはリスクが伴いますが、「転職をしてただひたすら糞仕様書を実装するだけの糞みたいな毎日から抜け出したい」という考え方ももっともだと思います。

本当にどうしようもないほどの我慢の限界に達して「こんな糞みたいな仕事を辞めたい!」「もっとマシな仕事をしたい!」「もっと楽しく働きたい!」とお考えの方は、現在の勤務先の会社や職場からの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

無料の転職エージェントを活用することでスムーズに転職が出来る

実際に転職をするとなると「何をすればいいのか分からない」という方が大半だと思います。

そこで役に立つのが無料の転職エージェントです。

プロの転職エージェントに相談してそのサービスやサポートを活用することで、転職未経験者であってもスムーズに転職をすることが可能です。

転職エージェントは全て無料で利用できますので、利用する求職者の側には負担やデメリットは全くありません。

雇用契約が決まった時に求人募集をしている企業から転職エージェントに報酬を支払い、それがエージェントの収益となりますので、求職者の側がエージェントに利用料を支払う必要はないのです。

また、エージェントのサポートや支援によって転職活動に伴う負担を大きく減らすことで、会社に勤めながら転職活動を行うことも十分に可能ですし、もしも良い転職先が見つからなければ「転職をしない」という判断が出来ます。

この様に転職エージェントの利用には全くリスクもデメリットも料金も支払いもありませんので、転職希望の方は、積極的にこれらのエージェントを活用しなければ逆に損です。

転職エージェントはIT技術者専門のエージェントを活用するべき

転職支援エージェントには日本国内でも多種多様な企業やサービスが参入していますが、WEB関連のクリエイターやデザイナーの方の場合、その中でもIT技術者専門のエージェントを活用することを強くおすすめします。

なぜなら、IT技術者という専門的な分野に特化したエージェントを活用することで、「WEBに関する専門技術の市場価値を熟知しているエージェントから高い技術に見合った給与の会社を紹介してもらえる」「専門知識の無い一般的なエージェントには難しい専門分野の仕事仲介をスムーズに行ってくれる」という絶対的なメリットがあるからです。

もちろん、一般的な転職支援エージェントや仕事仲介エージェントでもIT関連の案件を取り扱っていますが、その様な専門性の低いエージェントを利用した場合、スキルや専門技術に見合わない給与水準のIT企業や相場以下の報酬の業務案件を掴まされてしまう可能性も高いため、まずは必ずIT技術者専門のエージェントに登録して転職先や仕事の案件を探すべきです。

以下の記事では、IT業界専門の転職サイトや営業支援サービスをそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。他のIT企業への転職を検討するIT技術者の方は是非参考にして下さい。

以上、「無能SEの糞仕様書のせいでコーディング工程に支障をきたすプログラマーは仕事のストレスを我慢するしかない」の記事でした。

転職支援サービスの紹介

転職を成功させたい方の為のお役立ちコンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする