自分の志望や適性に合った専門の転職エージェントを選ぶことが転職活動で失敗しないコツ

日本には数多くの転職エージェントがありますが、まずは自分の志望や適性に合った専門の転職エージェントを選ぶことが転職活動で失敗しないコツです。

「そもそも転職エージェントとは何ぞや?」という方は、転職エージェントを利用するメリットや転職サイトとの違いなどについて詳しくは以下の記事をお読み下さい。

それぞれの転職エージェントには得意とする分野がある

それぞれの転職エージェントには、利用している求職者の職歴や属性、専門としている業界などによって得意とする分野があります。

そのエージェントが得意とする分野は例えば

  • 優良な大企業の求人が多い転職エージェント
  • 優良なベンチャー企業や中小企業の求人に強い転職エージェント
  • 20代前半までの第二新卒の求人に強い転職エージェント
  • 引きこもりやフリーターなどの社会復帰に特化した転職エージェント
  • 医療関係で看護婦や薬剤師の転職に特化した転職エージェント
  • 外資系企業への転職に特化したグローバル人材専門の転職エージェント
  • 上級管理職などのエグゼクティブ人材向けの転職エージェント
  • IT技術者の転職に特化した転職エージェント

など様々です。

多くの場合、それぞれの転職エージェントには得意の分野があり、そのエージェントだけの独自の「非公開求人」の情報を持っています。

「非公開求人」とは何かについては以下の記事で説明していますのでお読み下さい。

自分の志望や適性に合った専門の転職エージェントを選ぶことが重要

そして転職活動で失敗して後悔しないために重要なのは、まずは幅広く求人を扱う総合的な転職エージェントではなく自分の志望や適性に合った専門の転職エージェントの利用を検討することです。

最初から自分の志望や適性に合った転職エージェントを利用することで

  • 知らない人と話すことが苦手なのに営業の求人を紹介される
  • 書類の整理などが苦手なのに事務の仕事を紹介される
  • 内気な性格なのに体育会系の職場を紹介される

などの求人のミスマッチを未然に防ぐことが出来ます。

もちろん転職エージェントのキャリアコンサルタントが提案した求人を選ぶかどうかは完全に求職者の自由ですが、提案された求人を「この仕事は嫌だ」「この会社も嫌だ」と断ってばかりいると担当のエージェントに嫌われて熱心に求人を探してくれなくなります。

念の為、誤解の無いように注意書きをしますと、「担当エージェントに嫌われる」というのは、人として嫌うということではありません。

提案した求人を断ってばかりいる求職者は、求人企業からの成果報酬で収益をあげている転職エージェントの側から見て顧客として全く旨味がないということです。

無料で利用できる転職エージェントもボランティアではありませんので、紹介した求人を断ってばかりいる求職者が軽んじられることは仕方のないことです。

この様な事態を防ぐために、まずは出来るだけ特定の分野に特化した専門のエージェントを利用する様にしましょう。

  • 自分の職歴を活かせる専門分野に特化した転職エージェント
  • 自分の志望に合った業界に特化した転職エージェント
  • 自分の適性にあった職業に特化した転職エージェント

などの専門分野に特化したエージェントを選ぶことで、自分に合った求人を紹介される可能性を高められます。

特にIT業界専門の転職エージェントについては、以下の記事でそれぞれのサービスの特徴やメリット・デメリットを挙げながら分かりやすく比較しています。IT業界での転職を検討している方は是非参考にしてください。

自分の適性がよく分からないし志望もはっきりしない方へのアドバイス

しかし、この様に自分の適性や志望に特化した転職エージェントを選びべきとは言っても、実際には「自分の適性がよく分からないし、志望もはっきりしない」という方も非常に多いのではないかと思います。

その様な方におすすめなのが、まずは消去法で「絶対にやりたくない仕事」「絶対に向いていない職種」を切って行くことです。

  • 自分は口下手だから営業職には向いていない
  • 自分は体が弱いから運送業やキツい肉体労働には向いていない
  • 自分は飽きっぽいから流れ作業的な単調な仕事には向いていない

などという感じです。

まずはこの様に自分には絶対に合わない仕事・向いていない業界や職業を消去して進路を絞っていって下さい。

そうすると、自分に凄く合っているとまでは言わないけど、それほどミスマッチというほどでもないという業界や職種がぼんやりと浮かび上がってくるはずです。

たとえばアスペルガー症候群やADHDなどの発達障害的な傾向のある方の場合、営業職や事務職の仕事をまともにこなすことは非常に困難です。

しかし、ほとんどの時間をずっとパソコン画面に向かって1人で仕事をするIT関連の技術者であれば、その様な発達障害的な傾向のある方でも問題なく仕事を続けることが出来るという場合も多いです。

この様に「自分には出来ないこと」から志望する業界や職種を絞り込んでいきましょう。

消去法で考えたら何も出来そうな仕事がなくなった方へのアドバイス

しかし、ネガティブ思考で自己評価の低い方、また心配性な性格の方の場合、「自分には出来ないこと」から消去法で考えていくと、考えれば考えるほど色々な心配や不安が頭をもたげて「自分には何も出来そうな仕事なんてない…どうすればいいんだ…」と、悩んでしまうのではないでしょうか。

そんな悩みを抱えてしまいがちなネガティブ思考の方におすすめなのが、自分自身の強みや長所、職業適性を客観的に診断してくれる無料のオンラインサービスである「グッドポイント診断」と「MIIDAS」(ミーダス)です。

自分の強み・長所を見つける無料診断サービス「グッドポイント診断」

人にはそれぞれ強みと適性がありますが、自分では客観的に把握しづらいものです。

リクルートキャリアが提供する「グッドポイント診断」は、転職・求人業界の最大手であるリクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる無料の本格診断サービスです。

無料で会員登録して診断に答えるとあなたの強みが判明し、診断結果は自己分析にも活用できることでしょう!あなたの強み(グッドポイント)をさっそく見つけてみませんか?



無料診断サービス「グッドポイント診断」の3つの特徴

  • 簡単に自己分析できる
    アピールポイントの発見に!質問に答えていくだけで、あなたの強みを客観的に把握!
  • 応募時に強みを伝えられる
    応募書類見直しのきっかけに!応募時に志望企業へ診断結果を添付して送れる!
  • 面接前の準備に活用出来る
    面接対策用としてセルフチェックに!強みと共に伝える経験談を事前に検討しよう

グッドポイント診断は以下ページから会員登録して無料で行えます。

会員登録して「グッドポイント診断」を行う【公式サイト】

無料の市場価値診断サービスMIIDAS(ミーダス)

リクルート提供の「グッドポイント診断」の他にも、MIIDAS(ミーダス)という無料の市場価値診断サービスが提供されています。より客観的に自分の適性や市場価値を把握するために、こちらの診断も合わせて利用してはいかがでしょうか。

MIIDAS(ミーダス)はインテリジェンスの新しい人材サービスブランド。200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します。



市場価値診断サービスMIIDAS(ミーダス)の特徴

  • 転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開。
  • あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できます。7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します!
  • 自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができます。
  • 職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要。
  • 無料で登録してMIIDASの質問に答えるだけで、あなたの本当の市場価値が分かります。
  • 今求められているスキルや経験だけを質問するのでとても効率的。
  • その人のキャリアに応じて、質問事項を変えるのでとても正確。

MIIDAS(ミーダス)の市場価値診断サービスは以下のページからユーザー登録して無料で利用出来ます。

無料の市場価値診断ならMIIDAS(ミーダス)【公式サイト】

以上、「自分の志望や適性に合った専門の転職エージェントを選ぶことが転職活動で失敗しないコツ」の記事でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする